月別アーカイブ: 2012年12月

住宅ローン控除の注意点

案外少なくないのが、住宅ローンを組んでお金を借り入れしている場合、金額が大きい為毎月の返済も大きな負担になっている人です。住宅ローン控除は、住宅ローンを支払う人にとってとてもありがたい制度で、少しでも負担が軽くなるのではないでしょうか。いくつかの条件が恩恵を受けるにはあるようです。10年以上ローンの返済期間があることがそのひとつです。注意したほうが良いのは、繰上げ返済を住宅ローンについてした場合です。ローンを早く終わらせたいからと繰り上げ返済を途中でするときがあります。注意が必要なのは、残りのローンの返済期間が10年より短くなってしまうと、税金の控除は受けられなくなることです。住宅ローン控除の対象となる住居の大きさにも規定があります。家屋の総床面積が50平方米以上ないと、所得税の控除対象にはなりません。とくにワンルームマンションなどは注意が必要で、大きさが足りない場合があります。事前に確認することを、分譲マンションを購入した場合、広告などに掲載されている占有面積と実際の床面積が違うケースもあるのでおすすめします。実際の床面積としての計測が、住宅ローンの減税制度を利用するための基準となるものです。微妙な部屋の大きさの時には、一応不動産会社に確認を取った方が安心でしょう。いつ住居に入居したかも非常に大切です。住宅ローンの返済が家を購入して始まっても住民登録されていない限り申請できないのが、住宅ローンの控除なのです。住宅ローン控除は、新築住宅だけでなくバリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合でも、適用される場合がるので一度確認してみることをおすすめします。

住宅ローン控除の申請について

申告制である住宅ローンの税額控除は税金を自ら申請しない限り、控除してもらうことはできないことになっています。自分が住宅ローン控除を受けられる場合には、必要書類を新居に住み始めた次の年の3月15日までにそろえ、確定申告しなければなりません。前もって準備しておかなければならない書類が、住宅ローン控除を申請するには、何種類かあるようです。年末借入金残高証明書というローンを借り入れている金融機関が発行するものがひとつめです。その書類によって、ローンの残高を証明します。さらに必要になるのは、給与など所得を証明するための源泉徴収票です。このほか家の登記簿謄本か抄本も準備しておきましょう。購入した証明の売買契約書の写しと、工事の請負契約書も準備しましょう。忘れてはいけないのが住民票です。新居に住み始めた日を決める場合、住宅ローンの控除は住民票を基準に決定するようです。いつが住民票の登録日かによって変わってくるのが、税額控除が受けられる年です。会社から給与をもらっている、いわゆるサラリーマンという場合があります。年末調整の際にローン会社からの残高証明書を添付すれば、毎年それで税額控除を受けることが2年目からはできます。所得税の金額が上限になる控除の税額は、所得税以上はいくら控除額が多くても使うのは不可能です。控除できる金額が20万円であってもその年の所得税が15万円であれば、控除金額も15万円になり差額を翌年には繰越しできないので、注意が必要です。
 

キャッシングに関する法律の意味するところ

キャッシングを利用すると金利がついてきますが、金利設定に関する法律の意味するところについて考えてみましょう。キャッシングの金利の利率は、出資法という貸金業者に対して融資利息の上限を定める法律で定められています。現在は、金利の上限は29.2%ということになっています。29.2%とは、100万円の融資を受けた場合、一年後には29万2,000円の利息がつくことを表しています。ですが、出資法のほかに利息制限法という法律があり、今ではこちらの法律が利息の上限金利として守られています。借入条件や借入金に応じて、利息制限法では金利をどうするかが詳細に定められています。利息制限法に基づく100万円のキャッシングに対する利息は、年間最大で15パーセント、金額で言うと15万円となります。数字の差は2つの法には相容れない曖昧な点があるということを意味しており、曖昧な金利帯はグレーゾーン金利と呼ばれていました。利息制限法の範囲内でありつつ、利息制限法の範囲内にはない金利帯が登場したのです。2010年6月に出資法の上限金利がなくなったことで、グレーゾーンは実質的に姿を消したことになります。これまでは法律の範囲内で決まっていた金利でも、法改正が行われたことになにより、法律違反の金利になっているという恐れが生じています。金利の意味をチェックしておくことで、キャッシングの意味を充分に検討できます。

カードローンとキャッシングの融資と返済方法

カードローンの返済方法とキャッシングの返済方法は、同じではありませんが全く違うというわけでもありません。カードローンの返済で多くとられているのは、残高スライドリボルビング方式です。リボルビング方式は、まず何回払いかを決めてから返済金を計算するやり方よりも、回数が多くなりやすい方法です。ただし、返済を続けていると月々の支払がの負担が軽くなるという点は、魅力的な点といえます。かつては、お金を借りる時はローンを利用することが多かったようです。近年ではカードローンという、金融会社が発行したカードで専用の機器からお金の出し入れを行うようになっています。現在では、キャッシングの借入れや返済もATMの利用が主流となっています。もともとは高額の融資を受けて分割払いで返済していくのがカードローンです。一度で返せる、金額の少ない融資がキャッシングの以前の姿でした。もともとは、カードローンは大口融資を受けるためのもの、キャッシングはちょっとした現金を入手するためものでした。双方の違いが薄れているのが実状だと言われます。何度かに分けて返済ができるキャッシングも増えていますし、少額融資が可能なカードローンも当たり前のように使われているようです。

アパートローンの審査

アパート経営といった不動産投資をする際には、資金調達のためローンを組む人がほとんどです。特にアパートやマンションを1棟まるごと買いあげるのであれば、金額もかなりの高額となります。融資を受けられるかどうかは、審査の結果によります。公務員のように、月々の収入が安定しているという人なら、アパートローンの審査は通りやすいとも言われています。収入面に不安があるために、ローンを断られるという可能性もあります。これが住宅ローンならば、申込者の収入が最も重要視されるといいます。アパートローンの場合は、あくまでも投資が目的となります。物件の資産価値や入居者による家賃収入などが審査の重要なポイントとなります。例えば、購入予定のアパートが古く、価値が決して高くない場合、アパートローンの審査では貸付上限額が低い場合もあります。不動産投資を考えているサラリーマンが、自分の住んでいる住宅ローンの完済まであと何年かあるという状況も考えられることでしょう。もしもアパートローンの手続を取ったとしても、審査で断られることがあります。見込み通りの収入が入らずにローンが返済しきれなくなったり、アパートの入居者が入らない場合もあるため、よく考えて不動産投資は行う必要があります。