月別アーカイブ: 2013年9月

【デイトレーダー】とは、個人投資家が行う株式や債券などの日計りの取引をする人のことを指すものです。
主として、【デイトレーダー】は、株式、債券取引、FX、先物取引、CFDなどの取引について行います。
また、数秒~数分の間に数ティック上下しただけで売買する【デイトレーダー】や、反対決済を成立させる手法をスキャルピングと呼んでいます。
1日に何度も売買する【デイトレーダー】とは反対に、2~10日程度の短期的な持ち越しを行う手法をスイングトレードと呼んでいます。
それ以上の期間を保有する【デイトレーダー】は、短期投資もしくは、中長期投資に該当することになります。
1日に1回、あるいは複数回の取引を行う人のことを【デイトレーダー】といい、これは細かく利益を積み重ねる売買手法になります。
中には1日で数百万円~数億円の利益を得る【デイトレーダー】もいて、他のトレード手よりも即時性が高いです。

【デイトレーダー】は、ゲーム性、ギャンブル性が強いデイトレードを行うことから、どうしても依存性が強くなります。
基本的に【デイトレーダー】が利益をあげ続けるには、かなりの高い熟練度を要し、容易ではありません。
デイトレードを継続的に行う者を【デイトレーダー】といいますが、これには、本業とするものと、兼業するものにわけられます。
専業と兼業【デイトレーダー】がありますが、どちらも日中に頻繁に売買することに変わりはありません。
日計り専門でないスイングトレーダーも含めて、全般的に【デイトレーダー】と呼ぶことが多いです。
相場の一勢力として、日計り筋と呼ぶ事が多く、【デイトレーダー】は、日本での現物株の売買では差金決済が禁止されています。
実際の【デイトレーダー】の手法は、同一銘柄を資金余力を超えてまで、回転売買できないことになっています。

【デイトレーダー】は、現金取引の場合、一般的な手口として、特定銘柄の売買を終了させて別の銘柄を手がけることが多いです。
ループトレードの手法をとることが【デイトレーダー】は多く、元々、米国で広がったものなのです。
しかし、デイトレードによる【デイトレーダー】の破産者が増加したことから、社会問題にも発展しました。
売買手数料が自由化される以前の取引では、【デイトレーダー】は、高額な手数料を必要としました。
そのため、証券会社のディーラーでもない限り、【デイトレーダー】は、わずかの値幅だけを目標として稼ぐことは困難でした。
日本には有価証券取引税や取引所税などもあり、【デイトレーダー】には課税されていたことが障害になっていました。