月別アーカイブ: 2016年10月

無利息で借りられるキャッシング

キャッシングには利息がつくものというのがこれまでの常識でした。

今話題になっているのが、当然のことだったことがそうではなくなった金融サービスなのです。

利息がまったくかからないキャッシングサービスである、無利息キャッシングというものです。

高い利息によって全財産をなくしてしまうような感じがしている人が、さまざまな事情でキャッシングをしようと思ってる人の中にはいるようです。

キャッシングと聞くと、利息がいったん借りたら気が付かないうちに増えてしまうというようなことを思い浮かべる人も多いでしょう。

借金した分をそのまま返済するだけで、金銭面で自分にデメリットが無いのが無利息キャッシングの特徴だといえるでしょう。

キャッシングをしてみたいという人は、自分の懐が痛まない無利息キャッシングを使ってみるのはいい方法でしょう。

金融会社ごとに、無利息キャッシングを利用するための条件は違うといいます。

キャッシング会社の中には、制限が利用上限額や貸付日数にあったり、実際に店舗に来て手続をしているお客さんだけが利用できるというところもあるようです。

無利息での融資をどんな条件でどの金融会社がしているのか、調べてみるとキャッシング会社の中で活用しやすいものが発見できるかもしれません。

要注意なのは、無利息借りたキャッシングの場合、利息が条件を守れなかったときに高くなりやすいことです。

きちんと計画を立てて常識の範囲内で無利息キャッシングを活用することをおすすめします。

キャッシングの総量規制について

キャッシングの法律改正が行われたことは記憶に新しいところです。

総量規制というものがキャッシングに入ったのは、改正貸金業法という法律の改正が行われたことによります。

キャッシングを安易に利用しすぎてたくさん借りてしまう人が多いことや、多重債務といった現在世の中で問題となっていることを解決するために法案化されたのが、総量規制というものです。

法律によってきちんと定められのは、キャッシングの借入は合わせて年収の3分の1までということで、総量規制が導入されたことによるものです。

多重債務そのものができなくなることになるのは、証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額がすべて法律の対象になるからです。

50万円がキャッシングで借り入れできる上限金額となるのが、年収が150万円の人ということです。

キャッシング会社は信用情報機関への加入が義務づけられています。

利用を他のキャッシング会社でしている状況を伏せておくことは不可能なのです。

審査をこの法律が改正される前に済ませており、融資を今受けているのであればそのままキャッシングを継続できるといいます。

再び審査を受けなければならない場合や新たに借り入れをしたい場合に当てはまるようになるのが、総量規制です。だいぶ対策が法律が改正されたことによって進んだのが多重債務や借りすぎの問題です。

場合によっては借入が今までできるはずだったキャッシングが、法律によってできなくなることもあるようです。

【デイトレーダー】短期売買

【デイトレーダー】にとって、デイトレードというのは、その日のうちに売買を完結して損益を確定する取引を指します。
ポジションを翌日に持ち越さないため、【デイトレーダー】は、オーバーナイトに何かが起きて損が出てしまうリスクをさけることができます。
そうしたことから、ディーラーも駆け出しの頃は、もっぱら【デイトレーダー】として、デイトレードだけを行います。
しかし、長期保有が前提のファンドマネージャーは、リスクのない【デイトレーダー】には物足りなさを感じます。
中長期の投資がより安全だとみなす人は、【デイトレーダー】は、むしろリスクがあると考えてしまうのです。
実際、【デイトレーダー】のような短期売買では、その価格のぶれをもろに背負ってしまうリスクがあります。
短期売買である【デイトレーダー】のリスクは非常に高いのですが、逆に大きなリターンが狙えることも意味しています。

【デイトレーダー】は、短期売買になりますが、ずっと保有し続ける長期投資も、本質的にはリスクは同じです。
長期保有で起こりうる有事やスキャンダルなどのイベントリスクについては、【デイトレーダー】の場合、減ります。
長期投資は、【デイトレーダー】と違い、誰も気にとめないようなつまらない噂で動くリスクがあります。
【デイトレーダー】の場合、キャピタルゲイン狙いの投機になるので、価格の変動幅が損益につながるリスクがあります。
損益を、損失の側からみればリスク、利益の側からみればリターンになりますが、【デイトレーダー】は価格が動かないと儲けることはできません。
価格変動の大きいものが、【デイトレーダー】にとって、狙いの投機に適していることになります。
【デイトレーダー】のリスクとリターンは、1年間持つことの16分の1という数字で表されます。

【デイトレーダー】のリスクは、1日当たりは16分の1ですが、毎日繰り返せば、1年間持つことの16倍のリスク、リターンとなります。
中長期投資と【デイトレーダー】では、どちらのリスクが大きいかは、意見の分かれるところです。
実際、【デイトレーダー】にもリスクはつきものですが、デイトレで飯を食べることができるのは確かです。
実際、デイトレで得た利益だけで生活をしている【デイトレーダー】がいるのは事実で、それは可能なのです。
もちろん、全ての【デイトレーダー】がデイトレの利益だけで飯を食えているわけではなく、リスクによって損失を被るものもいます。
1日で取引を終わらせる【デイトレーダー】は、その日の取引結果が日給になり、順調に取引できれば、利益だけで生活することは可能です。

住宅ローンの返済について

住宅を買う際に、ほとんどの場合はローンを組むことになると思いますが、住宅ローンの返済をあまり無計画に考えていると損をしてしまうことがあります。

住宅ローンをいい加減に決めてはいけません。自分に合った商品を選び、計画的に返済するのが重要なのです。

住宅ローンを選ぶときはライフスタイルや自分の性格なども考慮して選ばなければなりません。若いうちに返済の多くを終わらせるために、低い金利を利用したいと考えるような人もいるのではないでしょうか。

低い金利で住宅ローンを借り入れしたいのであれば、変動金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。

この先、金利が上がる局面が一切無いとは当然言えないわけですが、日本は新興国というわけでもないので、急な金利上昇が起きることもまずないと思われるからです。

金利の変動をむやみに警戒する必要は無いでしょう。また、住宅ローンを組む時には頭金を2割、というのはバブルの頃の話で、今はそうではありません。

最近であれば、ローンで借金する金額が多くなっても毎月の返済額はそんなに高くなりません。

バブル期に比べて金利が半分以下になっているためです。

マイホーム資金を貯金している間に金利が上昇してしまことも考えられます。

今からローンの頭金を貯めるのであれば、逆に今すぐローンを組んでしまって返済をしていった方が安上がりかもしれないのです。

バブル期とは違って金利が安いので、頭金を用意するのではなくできるだけ早くローンを組み、それで家を建てつつローンを返済する方がリーズナブルです。

仮に現在借家ぐらしとして、家賃を払いながら頭金を貯めようとすればその間の家賃が必要資金に加算されますし、ローン開始が遅くなればそれだけ返済も遅くなります。

その点も踏まえて早めに検討を進めるべきです。

固定金利の住宅ローンを返済する

住宅ローンの金利について、固定金利による返済の場合を見てみましょう。

家を建てる場合、だいたいの人は住宅ローンを組むことになります。

固定金利型の住宅ローンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

金利の動向に左右されることなく、安心してローン返済をしたいという人には固定金利がおすすめです。

バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。

金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。

固定金利型のローンでは変動金利型のローンに比べて高い金利が設定されることが多いようです。

そのため、ボーナス払いなどで月々の返済額を軽くするというものもあるようです。

ボーナスは賞与ですので、必ず出るわけではありません。あまりボーナスを当て込みすぎた返済プランを立てるのは、いざというときに返済が滞る危険と隣り合わせです。

ローンには繰り上げ返済などのやり方もあるので、ボーナスはそこに使う方がいいでしょう。

固定金利でローン返済をするのが向いている人は、子どもが小さくて教育費がかかる人、借り入れ金額が多い人、定期的な見直しをあまりしたくない人などです。

借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。

月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。

住宅ローンの返済期間は長いのが普通ですので、将来が見通せず金利が上がるのが心配であるという人であれば、固定金利型ローンで返済をした方がいいでしょう。