タグ別アーカイブ: クレジットカード

クレジットカードの【分割手数料】

【分割手数料】とは、クレジットカード等の特定の支払い方法を選択する状況に際して発生する料金の事です。 基本的には、商品に対して付けられた値段分だけの金銭を支払えば済む話です。 支払いが一括で行われれば良いのですが、問題は分割で購入した際に生じる【分割手数料】です。 因みにここでの買い物は、【分割手数料】の都合上一括の時も現金支払いではなくクレジットカードを用いたものとして考えます。 そもそも買い物をする時に、現金で【分割手数料】を考えるのは余程その店主と親しい間柄でなければ難しいので必然的にカード払いとなります。 クレジットカード自体が信用を前提に利用する事を認められており、【分割手数料】はその信用に更に上乗せされる条件と言えるでしょう。 【分割手数料】は分割で支払いをする時に発生する料金ですが、場合によっては発生しない事もあります。 当然ですが一括払いの時は分割していないため【分割手数料】はかからず、また分割2回払いの時もかからない場合が一般的です。 ただし2回払いの場合、カード会社によっては例外事項が設けてある事があります。 分割3回払い以降になると、問答無用で【分割手数料】は発生するものと考えておけばまず間違いありません。 例外といえばもう一つ、ボーナス一括払いの時も【分割手数料】がかかることは原則としてありません。 要するに【分割手数料】は、一度に支払う金額が小さくなると発生するものという認識をする事ができます。 相対的に幾らかという話ではなく、元々の値段に対して割る数が大きくなればなるほど最終的に支払う【分割手数料】も高くなるのです。 【分割手数料】が信用の延長線上にあるというのは、支払う金額に対する責任の重さと言い換えることができますね。 【分割手数料】を一度の支払いだけで見れば、それほど大きな金額とは感じないでしょう。 しかし、3回払いと12回払いとを比較すれば明らかに12回払いの方がより多くの【分割手数料】を払う事になります。 買い物において分割払いを利用するという事は、一度の支払いを軽くする代わりに【分割手数料】を背負う事を意味します。 もちろん家や車といった、人生における高額な買い物を一括ないし分割2回払いというのは難しいため【分割手数料】もやむなしです。 それ以外の買い物、たとえば家電製品などの車ほどではないにしても高価なものは【分割手数料】を抑えるためにボーナス一括等の支払い方法を選択するのが良いでしょう。 支払い方法一つで実際に払う料金に結構な違いが出てくるため、安易な選択は禁物です。 【分割手数料】について詳しい話は、ブログやサイトからチェックする事ができます。

年会費無料のクレジットカードを利用する時の注意点

年会費無料をうたうクレジットカードを使う時には注意すべき事がありますので、少し見ていきましょう。

いちばん気をつけなければいけないのは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりすることです。

カードをいい加減に扱っているととんでもないことになりかねません。

年会費が無料だからといって何枚も所持していると、あまり利用しないクレジットカードもあり、紛失していても気付かない時もあります。

年会費無料だからと一人で複数枚のクレジットカードを作っているような場合、いいかげんに扱ったりしないようにしましょう。

総量規制の法改正が行われたことなどがあって、年会費無料のクレジットカードは近ごろでは発行されなくなってきているようです。

中には、年会費無料となるには条件を満たすことが必要なクレジットカードも存在します。

たとえば、年会費無料となるのは学生だけであったり、初年度のみ年会費無料というようなクレジットカードです。

年会費無料という誘い文句につられてクレジットカードを気軽に作り、忘れたころに請求を受けてしまうような話もよくあります。

注意しましょう。クレジットカードは上手に使えば便利なものですが、所持していることによるリスクもあります。

クレジットカードを利用して買い物をするというのは、厳密に言えば決済日までの借金をしているのと同じです。ついつい使いすぎてしまった……というような話は、クレジットカードを利用した買い物では良く耳にします。

年会費無料だからといって次々にクレジットカードを作ってしまい、金銭感覚が麻痺してお金を使いすぎてしまうようなことがないようにすべきです。

バイナリー初心者

年金をクレジットカードで支払う

クレジットカードを利用した国民年金の支払いについて見ていきましょう。

国民年金保険料にクレジットカードが利用できるようになったのは2008年からです。

クレジットカード払いの場合、徴収側が2%程度の手数料を負担しなければなりません。

とはいえ、年金保険料の不払いが相次ぎ、徴収率を少しでも上げようと言うことで、クレジットカードによる納付が認められることになったのです。

クレジットカードによる支払いであればどんなカードを使った場合でも0.5%の得になります。

また、毎月支払う形ではなく、一年分まとめて支払うと、さらにお安くなります。

この、クレジットカードの一年一括払いがもっともお得です。国民年金は銀行口座から引き落とすようにすることもできるのですが、クレジットカードを経由して払った方がお得です。

クレジットカードによる国民年金保険料の支払いをするには、申込用紙を提出せねばなりません。

社会保険事務所に備え付けの国民年金保険料クレジットカード納付申出書に必要事項を記載して提出しましょう。

この書類は、電話で申し込んで自宅に送ってもらうこともできます。なお、請求済みのぶんや未払いのぶんについては、このクレジットカード払いは利用できませんので、注意が必要です。国民年金の保険料支払いにクレジットカードを使って、少しでも得をしましょう。

バイナリー初心者

マイルが貯まるクレジットカード

利用するたびにマイルを得ることのできるクレジットカードをお使いの方もいらっしゃると思います。

マイルはいくつかの航空会社が提供していて、利用するごとに点数がたまっていくサービスのことです。

マイルというのは、そのポイントの単位の事になります。クレジットカードを利用した時にポイントが付くカードはいくつもありますが、マイル制の場合はマイルが貯まることになります。

航空会社のポイントプログラムであるため、飛行機を利用することでマイルは貯まっていきますが、提携しているクレジットカードを利用することでもたまる場合があります。

このポイントプログラムでマイルを貯めることができれば、往復航空券が無料でもらえたりするなど特典が用意されています。

マイルをたくさん貯めるためにクレジットカードを使って買い物をするのは、その他にも、ためたマイル数に応じて商品券やプレゼントなどが手に入ったりするからです。

出張や旅行というように、飛行機をよく利用するような人であればマイルは速く貯まります。

あまり飛行機に乗らないとマイルも貯まらないので、クレジットカードと提携しているものを選ぶ方がお得です。

提携するクレジットカードを利用した金額に応じて、マイルがたまっていきます。

このため、クレジットカードと提携があるマイルプログラムの方が速く貯まることになりますクレジットカードで買い物や支払いをすれば、それだけマイルも貯まるということになるわけです。

極端なことを言えば、一切飛行機を利用しなくても、クレジットカードだけでマイルがためられます。

バイナリー初心者

クレジットカードでのマイルの溜め方

マイルは航空会社の制度ですので、飛行機に乗るのが一番の取得方法です。

ただし、提携があればクレジットカードで貯めることもできます。それほど頻繁に飛行機を利用する人は稀でしょうが、クレジットカードを利用することは結構あると思います。

そこでマイルが貯まるとしたらうれしい制度なのではないでしょうか。

クレジットカードと提携しているタイプのマイルプログラムがあるところに限ります。

クレジットカードを利用してマイルが貯められるかどうか、そのマイルプログラムがどうなっているかを知っておくのは大事です。

クレジットカードによるマイル取得が可能である場合、そのクレジットカードを使っていればマイルが貯まっていきます。普段の買い物の支払いの他にも、公共料金の支払い、自動車のガソリン代、携帯電話の代金などをクレジットカードを経由して支払っていれば、マイル数の基準となる利用額はかなりのものになるでしょう。

クレジットカードを使って支払いをすることに抵抗感を覚える人もいるかもしれませんが、それだけお得なのです。

提携クレジットカードがある場合、そのクレジットカードを賢く利用した方がマイルが多く貯まります。

意識的にカードを利用して、たくさんマイルをためるようにした方がお得です。毎月8~9万円分をクレジットカードで支払うと、800マイル前後もらう事ができます。

毎月これだけの金額をカード払いするとして、一年で9,600マイル、一年三ヶ月で12,000マイル貯まります。

そのあたりで国内線のチケットがもらえると思います。何マイル貯めると何がもらえるか、というのは、厳密にはマイルのプログラムごとに内容が違います。

クレジットカードと提携したプログラムを選ぶ時に、何マイルで何をもらえることになるのかはきちんとチェックしましょう。

バイナリー初心者