タグ別アーカイブ: サブプライムローン

サブプライムローン問題の日本への影響

 

サブプライムローンの問題が起きてしばらくは、日本は無関係だろうと思われていました。アメリカ国内で住居や不動産を購入する人でなければ、サブプライムローンは使いません。日本での最初の受け止め方がどこか他人事だったなら、それはサブプライムローンの日本への影響を小さく見ていたためでしょう。実際はサブプライムローン問題の実態が明らかになってくると、事態は深刻さを増すことになりました。サブプライムローンはローンが証券化され、住宅ローン担保証券として世界に売り出されていました。機関投資家を中心に日本でも投資が行われていたのです。このシステムを認識するまでにタイムラグが生じたため、リスクの引き上げが遅れたことが問題を更に大きくしたようです。一流の投資銀行リーマンブラザーズが、終わったかに見えたサブプライムローンの影響によって2008年に倒産したことが、再び経済状況の悪化を招いたといいます。いかにサブプライムローン問題が深刻な事態だったかがわかろうというものです。サブプライムローンの負債が原因となってリーマンショックが起きたことで、世界的な金融恐慌に突入し日経平均株価も大幅に下落しました。世界じゅうが不況になったことで海外に輸出していた日本の製品も売れなくなり、欧米ほどは影響がないと言われていたものの製造関係の業種を中心に不景気の波に呑まれていきました。今なお続く不景気は、この時から消費が落ち込み景気が後退したことと関わっています。近年の金融情勢の悪化は、サブプライムローンのために日本の景気が悪くなったためと考えられるでしょう。

サブプライムローンの問題点

 

サブプライムローンというシステムは、返済能力に不安が残る人に融資をしているというリスクの高いローンでした。最初の返済の段階でつまづかないように、サブプライムローンは融資直後の金利は低めにするという特徴がありました。以降は大幅に金利が高くなり、なおかつ変動金利が採用される仕組みになっていて、ローンの返済に行き詰まるケースが続出しました。サブプライムローンというローンのシステム自体にも問題はありました。ローン会社は、サブプライムローンを証券にして投資家や証券会社に買ってもらいます。ローン会社からすれば、返済に何らかの問題が起きた時のリスクヘッジのため証券化をしているのです。こうしてできた住宅ローン担保証券は、比較的利率のいい金融商品になっていたので、投資を行う人たちが積極的に買っていました。銀行や証券会社などから資金を借り入れ、担保証券の投資を大きく膨らませていきました。サブプライムローンを元にした住宅ローン担保投資から成る投資信託を運営管理している信託会社もあり、様々なところに存在していました。サブプライムローンは形を変え、世界の様々な金融業界に食い込んでいったわけです。サブプライムローンの焦げ付きが増加し、住宅ローン担保証券の価格が大きく下落しました。住宅ローン会社の破綻が相次ぐとともに、住宅ローン担保証券に投資していた投資家も投資家に資金提供していた金融機関も連鎖的に損失を被ることになったのです。幾つかの出来事が複合して、サブプライムローンという大事件が起きたわけです。

サブプライムローンとは

 

サブプライムローンとは、主にアメリカ合衆国で貸し付けされたローンです。プライム層より信用力が落ちるサブプライム層に向けて行われていた融資となります。特に信用力が低く、通常のローン審査では審査が通らないような層への貸し付けのことを言います。購入側としても、その場で全額を払わないと買えない商品より、分割や後日の一括がきく商品の方が買いやすいでしょう。住宅のバブルがはじけたことで、サブプライムローンの顧客は多大なインパクトを受けました。返済ができなるなる危険が、信用の低い顧客に融資を行う時に警戒すべきことです。金融崩壊が起きた理由には、このような住宅のバブル崩壊があったわけです。サブプライムローンは信用力が高くない人を対象としていますので、初期の金利は低くても段階的に高くなる仕組みです。変動金利制であることが大前提であり、それだけでなく後になるほど金利が高くなっていくのです。利用者は購入した住宅の価格が値上がりした時点で住宅を担保にローンを借り増して対応したり、金利の低い住宅ローンに借りかえるなどをして金利負担を軽減してきました。住宅バブルがようやく落ち着いて価格が落ち込みに向かうと、家を担保としたローンの利用をすることが難しくなってしまいました。サブプライムローン問題は、サブプライムローンを使っていた大勢の人が返済できない状態になったことを指しています。