タグ別アーカイブ: ブラックカード

【ブラックカード】と年収

【ブラックカード】を取得するには、年収が安定している必要があり、不動産などのアセットがあることが要求されます。

また、過去の利用実績が良好でないと、【ブラックカード】は簡単には取得できないようになっています。

基本的に、【ブラックカード】は、年収の高い開業医や弁護士、上場企業のオーナーなどが所持しています。

また、それに準ずる高収入の年収を得ている外資系金融マンや個人事業主なども、【ブラックカード】を所持しています。

また、芸能人やスポーツ選手も年収の高い人は、【ブラックカード】を所持している人が多く、特に有名人にそうした傾向があります。

クレジット会社側からすると、有名で息の長い年収の高い芸能人やスポーツ選手でないと【ブラックカード】を与えません。

芸能人は人気がなくなると年収が減少するので、【ブラックカード】を貸与する値打ちがないと判断します。

 

【ブラックカード】は、年収の高いスポーツ選手などもよく使用していますが、引退などのリスクがあるので、よほど実績がないと無理と言われます。

そうしたことから、年収が安定している中小企業のオーナーなどが【ブラックカード】を持つ比率が高くなっています。

いくら年収があると【ブラックカード】が持てるかという規則は特になく、800万〜数億円と、かなり幅があります。

つまり、年収いくらから【ブラックカード】が持てるという決まりはなく、クレジットカード会社の明確な回答はありません。

年収は確かに【ブラックカード】のホルダーを決める1つの要素ではありますが、それが全てではありません。

もちろん、年収が多くて、社会的立場や職業が明確な人は、【ブラックカード】を持ちやすいのは事実です。

年収が高く、貸したお金をしっかり返してくれる人であれば、【ブラックカード】を持つ資格が与えられます。

 

【ブラックカード】は、年収の高い有名人やスポーツ選手などにホルダーが多く、知名度も大きな条件になります。

一般的に、貸したお金を踏み倒されるリスクが少ない人に【ブラックカード】のホルダー資格があり、年収がいくらかは公ではありません。

要するに、【ブラックカード】を保持するための年収の定めはなく、各社によって審査基準にはバラつきがあります。

ただ、【ブラックカード】を取得するには、ある程度の年収は必要で、少なくとも1,000万円〜2,000万円程度は必要と言われます。

年収数百万円の少ない人が、年会費数十万円の【ブラックカード】を持っても、あまり意味がないでしょう。

【ブラックカード】のデスクを十分に使いこなせる決済額を有していなければ、年会費の元を取ることはできません。

バイナリー初心者

【ブラックカード】の限度額

【ブラックカード】というのは、選ばれた人しか持てない、非常に取得条件の厳しいクレジットカードです。

そこで気になるのが【ブラックカード】の限度額ですが、いくらというのは、一定の決まりがありません。

中には、年収300万円の人でも【ブラックカード】が持てるという話もありますが、そうした人の限度額はどうなのでしょう。

いずれにせよ、【ブラックカード】は簡単に所持することはできず、限度額も各社によってバラつきがあるようです。

【ブラックカード】の利用可能枠はかなり大きいので、中には限度額無しの無制限と言う人もいます。

いつでも高額な買い物ができるのが【ブラックカード】なので、限度額がないと思われても仕方がないのかもしれません。

しかし、【ブラックカード】は、カード会社によって差はあるものの、基本的に限度額が設定されています。

 

【ブラックカード】の限度額は無制限ではなく、与信枠が正しくしっかりと制限されています。

カード所有者の保有財産や勤務先、勤続年数などを考慮して、【ブラックカード】には、限度額に制限が設けられています。

例えば、同じアメックスの【ブラックカード】でも、限度額には差があり、購入できる物に大きな差が出てきます。

いずれにせよ、【ブラックカード】の限度額については、制限がそれぞれ、各社によって個々に設けられています。

カードヒストリーがしっかりあれば、ゴールドの限度額も相当なものですが、やはり【ブラックカード】の限度額にはかないません。

インビテーションで権利が与えられるのが【ブラックカード】なので、限度額についてははっきりした答えがありません。

会費が10万円くらいする【ブラックカード】もザラにあり、そうしたカードの限度額はかなり高いものと推察されます。

 

【ブラックカード】は、限度額がどうというより、ローレックスなどを軽く購入できるくらいの資力が必要です。

インビテーション来た時だけ入れるのが【ブラックカード】なので、限度額については公表されていません。

ネットで調査すると、【ブラックカード】の限度額については、SBIワールドカードが限度額トップと出ました。

SBIの【ブラックカード】というと、ソフトバンクGPの北尾さんが社長なので、かなりの限度額が期待されます。

SBIワールドカードはまさしく、【ブラックカード】の頂点を狙っていると言って良く、限度額もかなり奮発しています。

ただ、SBIワールドカードは【ブラックカード】の限度額の中で群を抜いていますが、アメリカンエキスプレスカードは一律の利用限度額を設けていません。

ブラックカードの限度額

【ブラックカード】のランキング

【ブラックカード】のランキングを見ると、第一位は文句なく、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードです。

この【ブラックカード】は、世界のアメックスの中でも取得する難易度が非常に高く、ランキングでは常に不動の地位にあります。

【ブラックカード】として広く認知されている、アメリカンエキスプレスセンチュリオンは、ランキング最高位です。

また、【ブラックカード】と並んで高い地位のあるダイナースクラブのプレミアムカードも人気が高いです。

完全招待制のクレジットカードで、入会のハードルが高い【ブラックカード】は、一般の人が所持することはできません。

一般では目にすることはほとんどないのが【ブラックカード】ですが、特にランキングに入るような物は、それだけ条件も厳しいです。

JCBのThe ClassやSBIワールドカードなども【ブラックカード】とされていますが、これらはランキング外です。

 

【ブラックカード】でランキングに入るようなカードは、一般的な認知度やステータスが非常に高い物ばかりです。

ちなみに【ブラックカード】ランキングで1位のセンチュリオンの年会費は、36万7,500円と非常に高いです。

【ブラックカード】ではありませんが、ダイナースクラブのプレミアムカードの年会費も10万5,000円と非常に高いです。

これらのカードは他のクレジットカードと比較するとケタ違いに年会費が高く、【ブラックカード】の中でも最高峰です。

ランキングに入っている【ブラックカード】は、サービス内容も他のカードと比べて一線を画すものとなっています。

ランキングに入っている【ブラックカード】のサービス内容を見ると、別格の待遇を受けているのがよくわかります。

ランキング1位のセンチュリオンの【ブラックカード】は、専属の担当者がついていて、24時間いつでもフリーダイヤルが繋がります。

 

【ブラックカード】でランキングに入るようなカードは、利用者の要望に応じたサービスが受けられるようになっています。

基本的に【ブラックカード】は、利用額に一律の制限がないことから、高級外車などもカードで一括購入できます。

【ブラックカード】のランキング2位は、セブンヒルズワールドカードで、年収7000万以上という厳しい取得条件があります。

ランキング外ですが、ブランドや専門店の【ブラックカード】も人気があり、様々な種類のカードがあります。

今では色んな種類の【ブラックカード】があるので、ランキングには個人の好みも多少反映しています。

ランキング1位のアメックスセンチュリオン【ブラックカード】は、利用実績や年収に応じて特別に審査をし、招待制にて案内します。

バイナリー初心者

【ブラックカード】の取得条件

【ブラックカード】というのは、ごく一部の限られた人だけしか持つことができない、最高峰のカードです。

そうしたことから、【ブラックカード】は、芸能人やタレント、大企業の社長や政治家など、一握りの人だけが所有しているのが現状です。

実際に【ブラックカード】を所有している芸能人は沢山いますが、その中で、アメックスセンチュリオンを持っているのは、みのもんたや美川憲一、浜田雅功などです。

他にも、高橋英樹、郷ひろみ、つんく、中田英寿、細木数子、森公美子、神田うのなどが、センチュリオンの【ブラックカード】を所持しています。

ダイナースの【ブラックカード】を所持している芸能人には、新庄剛志、河合俊一などがいます。

また、カードブランドは不明ですが、タモリ、清原和博、志村けん、石橋貴明らの芸能人も【ブラックカード】を所持しています。

芸能人では、諸星和己、デーブ・スペクター、小林幸子、叶姉妹なども、間違いなく【ブラックカード】を所持していると言われています。

 

【ブラックカード】を持つ芸能人は、公表しているわけではないので、噂の部分が多くあります。

しかし、芸能人は稼ぎが大きいので、【ブラックカード】を持っている人は多く、その所持率はかなり高いです。

【ブラックカード】を取得するのはかなり難しいので、逆に言えば、芸能人のように収入が高くないと持てないということです。

もちろん、【ブラックカード】は、必ずしも芸能人でなければ持てないわけではありませんが、それなりの収入は必要です。

高級レストランなどに行くと、週に何度かは【ブラックカード】を所持している人を目撃します。

芸能人にならなくても、ある程度の年収と資格があれば、【ブラックカード】を持つことは可能です。

最近【ブラックカード】を所有する芸能人が増えているようで、それだけ高い収入があることを示しています。

 

【ブラックカード】は、富裕層のシンボルで、欲しくても芸能人のように簡単には手に入りません。

高橋英樹やダウンタウンの浜田は、【ブラックカード】を持っていることで有名で、番組中でも暴露したので、間違いのないところです。

芸能人が【ブラックカード】で何を買っているのかは気になるところですが、一般人にとっては羨ましい限りです。

【ブラックカード】を手に入れるには、招待状が必要ですが、芸能人は比較的簡単に招待状が届くようです。

これはまさに芸能人だから成せる技で、通常、一般の人は、かなりの実績がないと、【ブラックカード】の招待状が届くことはありません。

各社の【ブラックカード】は、招待制で、一方的に審査して、一方的に送られてくるルールになっています。

バイナリー初心者

【ブラックカード】の年会費

【ブラックカード】の年会費というと、かなり高いというのは、誰もが容易に想像がつくところです。

そんな中、最近、【ブラックカード】の元祖と言われているアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードの年会費がさらに値上げされました。

これまででも年会費はかなり高かったのですが、センチュリオンの【ブラックカード】の年会費は倍にまで引き上げられたのです。

そうした現状にあるにもかかわらず、【ブラックカード】を所持する人は少なくなく、日本人には富裕層が多いことを示しています。

【ブラックカード】の年会費は、様々ですが、やはり、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードがダントツです。

センチュリオン【ブラックカード】の年会費は、驚くなかれ、何と36万7500円となっています。

年会費で次に高いのが、これは【ブラックカード】ではありませんが、ダイナースクラブプレミアムカードの10万円です。

 

【ブラックカード】の年会費は会社によってかなりバラつきがあり、JCBザクラスカード は5万2500円です。

セブンヒルズワールドカードの【ブラックカード】の年会費は、15万7500円となっていて、これまた軽く10万円を超えています。

各社によってそれなりに【ブラックカード】の年会費は格差がありますが、いずれにせよ、高いことには変わりありません。

端的に言えば、これくらいの年会費も支払えないような人は、【ブラックカード】を持つ資格はないのかもしれません。

【ブラックカード】を所有するには、それなりの年会費を支払えるだけの余裕がなければならないと言うことです。

日本で【ブラックカード】と言うと、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードが有名ですが、選ばれた人しか持てません。

人気の高いセンチュリオンの【ブラックカード】の年会費が、4月から大幅値上げになってしまいました。

【ブラックカード】でセンチュリオンの年会費はこれまで 16万8000円だったのが、2倍以上の36万7500円になりました。

このことで、【ブラックカード】のステータスはさらに上がり、ますます高嶺の花になってしまいました。

なぜも、センチュリオンの【ブラックカード】の年会費が値上げになったのかというと、元々日本の会費が低かったことに起因しています。

他の国の【ブラックカード】の年会費を見ると、30万円台というのは普通で、日本で値上げされたのは仕方のないことなのです。

米国でも2500ドルと30万円近かったので、【ブラックカード】の年会費の値上げは妥当とする声もあります。

今回の【ブラックカード】の年会費の大幅アップにより、今後の日本でのカードの発行の行方が見守られています。

 

バイナリー初心者