タグ別アーカイブ: 住宅ローン

住宅ローンの返済について

住宅を買う際に、ほとんどの場合はローンを組むことになると思いますが、住宅ローンの返済をあまり無計画に考えていると損をしてしまうことがあります。

住宅ローンをいい加減に決めてはいけません。自分に合った商品を選び、計画的に返済するのが重要なのです。

住宅ローンを選ぶときはライフスタイルや自分の性格なども考慮して選ばなければなりません。若いうちに返済の多くを終わらせるために、低い金利を利用したいと考えるような人もいるのではないでしょうか。

低い金利で住宅ローンを借り入れしたいのであれば、変動金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。

この先、金利が上がる局面が一切無いとは当然言えないわけですが、日本は新興国というわけでもないので、急な金利上昇が起きることもまずないと思われるからです。

金利の変動をむやみに警戒する必要は無いでしょう。また、住宅ローンを組む時には頭金を2割、というのはバブルの頃の話で、今はそうではありません。

最近であれば、ローンで借金する金額が多くなっても毎月の返済額はそんなに高くなりません。

バブル期に比べて金利が半分以下になっているためです。

マイホーム資金を貯金している間に金利が上昇してしまことも考えられます。

今からローンの頭金を貯めるのであれば、逆に今すぐローンを組んでしまって返済をしていった方が安上がりかもしれないのです。

バブル期とは違って金利が安いので、頭金を用意するのではなくできるだけ早くローンを組み、それで家を建てつつローンを返済する方がリーズナブルです。

仮に現在借家ぐらしとして、家賃を払いながら頭金を貯めようとすればその間の家賃が必要資金に加算されますし、ローン開始が遅くなればそれだけ返済も遅くなります。

その点も踏まえて早めに検討を進めるべきです。

固定金利の住宅ローンを返済する

住宅ローンの金利について、固定金利による返済の場合を見てみましょう。

家を建てる場合、だいたいの人は住宅ローンを組むことになります。

固定金利型の住宅ローンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

金利の動向に左右されることなく、安心してローン返済をしたいという人には固定金利がおすすめです。

バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。

金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。

固定金利型のローンでは変動金利型のローンに比べて高い金利が設定されることが多いようです。

そのため、ボーナス払いなどで月々の返済額を軽くするというものもあるようです。

ボーナスは賞与ですので、必ず出るわけではありません。あまりボーナスを当て込みすぎた返済プランを立てるのは、いざというときに返済が滞る危険と隣り合わせです。

ローンには繰り上げ返済などのやり方もあるので、ボーナスはそこに使う方がいいでしょう。

固定金利でローン返済をするのが向いている人は、子どもが小さくて教育費がかかる人、借り入れ金額が多い人、定期的な見直しをあまりしたくない人などです。

借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。

月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。

住宅ローンの返済期間は長いのが普通ですので、将来が見通せず金利が上がるのが心配であるという人であれば、固定金利型ローンで返済をした方がいいでしょう。

住宅ローンが返済不能になったら

住宅を買う際にローンを組んで購入するのはわりあい普通かと思いますが、返済することが難しくなり、途中で支払えなくなってしまう事例が多くなってきています。

職を失うなどのアクシデントによって、背伸びして組んでいた住宅ローンが返済できなくなってしまったというような事情があるようです。

共働きができなくなって収入が減ったりすることもあり、理由はさまざまです。

突発的な出費に対応できなくなるほど、毎月の返済でいっぱいいっぱいなローンを組んだという場合もあるようです。

低かった金利をあてこんでローンを組み、その後金利が上昇したために返しきれなくなった人もいます。

先の見通せない将来のことですから、人生何があるか分かりません。

住宅ローンを返済できなくなった場合にどうすればいいのかも考えておくべきでしょう。

何かあってローンの支払いが滞りかねない状態になった時点で、借入先に話をしに行きましょう。

マイホームを手放さねばならなくなるようなことのないように、ローン返済を先延ばしにするようなことは避けるべきです。

ローンは借金です。遅れれば遅延菌が発生します。

借り入れ先の銀行に相談すれば、借り換えなどでなんとか返済できるように対策を考えてもらうこともできます。

例えば、当初の借り入れ期間が30年のローンを借り入れ後5年で借り換えたとします。

この場合、普通であれば借り換え後の返済期間は25年以内になりますが、返済期間を延長できる銀行もあります。

当然ながら、返済期間が長くなればなるほど利息も増えます。それでも毎月の返済に払う額は減らせます。

住宅ローンを借りる時には、お金を借りる前の想定が重要です。何か大きな問題が起きても滞りなく返済していけるように、借りるローンを選びましょう。

住宅ローンの【ローン一本化】

【ローン一本化】に住宅ローンを活用しようと考える人がいるようです。

カードローンなどを利用している方が住宅ローンで家を購入しようとしているときに、カードローンの借金も住宅ローンも、まとめて【ローン一本化】しようと考えるのだとか。

カードローンなどをまとめて住宅ローンに【ローン一本化】することは、正直お勧めできません。

理由としては、銀行などが行っている住宅ローンは目的別ローンと呼ばれるもので、使い道が決まっている方が利用するローンだからです。

住宅ローンでは住宅を、カーローンでは自動車購入を、そして教育ローンは子供の教育費に使わなければならないわけですが、【ローン一本化】は可能なのでしょうか。

目的がはっきりしているローンだからこそ、低金利で借りることができるのです。

この住宅ローンで借金を【ローン一本化】し、カードローンなども返済してしまおうと考えるのは、目的別ローンの使途に反しています。

住宅ローンとカードローンなどをまとめて【ローン一本化】していることが分かってしまったら、場合によっては住宅ローンの一括返済を請求されることにもなりかねません。

 

【ローン一本化】で不必要な問題を抱えてしまうことはあるのでしょうか。

悪質な不動産業者の中には、住宅ローンで他の借金も【ローン一本化】しないかという話をするところもあるようですが、このような話に乗らないように気をつけましょう。

【ローン一本化】はできなくても、同じ企業で住宅ローンもカーローンも利用するということはできると思います。

同じ企業で住宅ローンもカーローンも、そしてカードローンも利用すれば、返済日を統一することができるかもしれません。

窓口もひとつにまとめることができるかもしれませんから、借金の【ローン一本化】ではなく、窓口を一本化するという線で考えてみましょう。

全てのローンを一企業のサービスにまとめるというのは良いことだと思います。

利息はローンの種類によって異なるとは思いますが、それぞれに他社のローンを利用するよりも便利なのではないでしょうか。

住宅ローンのような目的別ローンではなく、複数の企業で使途自由のローンを利用しているという方は、借金の【ローン一本化】ができると思います。

 

【ローン一本化】に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

そして、住宅ローンで借金を【ローン一本化】することができるのかといった情報も、ネット上には満載です。

ですから、他に借金をしていても住宅を購入したい、住宅ローンを利用したいと考えている方は、【ローン一本化】についてネットで情報を収集してみると良いでしょう。

ただ、住宅ローンは何十年も返済していくローンになります。

住宅ローンを組む前に、そのほかの借金を【ローン一本化】して整理し、完済してから住宅を購入するのがベストだと思います。

バイナリー初心者