タグ別アーカイブ: 土地

土地購入とローンと諸費用

ローンから融資を受けて土地購入を行う場合は、ローンの他に諸費用とされる費用がかかります。土地購入はちょっとした買い物のように商品を買って終わりとはいきません。税金や登記費用などの経費が必要です。まず、土地購入には印紙税が発生します。

これは契約書を交わす時に契約した金額に応じて収入印紙を貼るもので、土地購入の売買契約書や工事請負契約書などの契約書に必要となります。契約書はいずれも2部ずつ作り、片方を自分が所有します。自分の分の契約書の印税は、個人負担になり、5千万円までの売買契約であれば1万5千円から2万円の印紙が必要になります。

また、固定資産税評価額の約1%が不動産取得税となります。これは不動産を得る時に払わなければならない税金であり、かつては4%に設定されていました。

登記免許税は、不動産の登記をし直さなければならない時に支払うべき税金です。登記免許税は、抵当権設定や土地や所有権移転、建築物の所有権移転や保存といった様々な登記にかかる税金です。税金以外にも登記書類を作成したり、手続きをする為に司法書士を使う事が一般的ですが、司法書士費用もあります。

土地家屋調査士に費用を払い、登記に必要な表示登記の資料を作成してもらわねばらなず、土地家屋調査士の費用が必要です。ここでは税金や登記費用を中心に諸費用について語りましたが、これ以外にも生命保険や手数料が必要です。家や土地購入には大きなお金が動きます。ローンの支払いだけでも相当なものですが、その他の費用もそこそこになりますので気をつけてください。

土地購入とローンの控除

土地購入には、土地だけを買うのではなく家と一緒に住宅ローンで借りる人もいます。住宅購入と土地購入を一緒にやることによって、住宅ローン控除を有効に活用できます。ローン控除額は借り入れ年数や借入金額にも左右されますが、10年間で500万円程度の補助が期待できるといいます。

反対に土地購入をローンでして、2年以内に家を建てて住めるようにしないと住宅ローンの控除の対象外になってしまうのです。できるだけお得な土地購入を考えるならば、家の建築までの期間をおかずに住宅ローンの一部とした方がいいわけです。

住宅ローンの控除ですが、住宅ローンの一部として土地購入する場合は2年以内に住めるような状態にしなくてはなりません。あらかじめ建築業者も決めておかなくてはなりません。居住を目的とした建造物を造ること、床面積50㎡以上であることが、住宅ローン控除を使う上では必須です。

鉄筋や耐火コンクリートなど耐火構造があるなら25年、それ以外は20年の築年数を超えていないこともポイントです。所得も3000万以下でなくてはならないなどいろいろな条件があります。土地購入に関しては、購入日から2年以内という形になります。住宅ローン控除を使って土地購入を果たすためには、控除に必要な項目をクリアしなければなりません。