タグ別アーカイブ: 銀行系キャッシング

銀行系キャッシングの審査

銀行系キャッシングにも審査は、他のキャッシングと同様にあります。銀行系キャッシングは、銀行がバックにあるという安心感や低金利での融資がある反面、審査に通りにくいとい言われています。

申し込みの段階で思わぬ失敗をしてしまわないように、銀行系キャッシングの審査を理解することが大切です。何度でも限度額の範囲内であれば、一旦審査を通ってしまえば融資を受けることが可能です。銀行系はとても使いやすいキャッシングではないでしょうか。

基本的な考え方は、信販系や消費者金融系と同じです。月々の安定した収入が、正社員や派遣社員、契約社員などである人ならば何も心配はありません。審査は通らないと考えていいのが、無職の場合です。審査には、他社のキャッシングを利用していないなら、かなり通りやすくなるのではないでしょうか。現段階で融資の申し込みをしてきた人がいくらの融資を受け、何カ所へ返済をしているかを、キャッシング会社は調査することができるのです。

新たに銀行系キャッシングを利用するのは、他社借入件数が2件以上ある場合は厳しいでしょう。今までに延滞トラブルや、問題を返済に関して起こしたことがあるという人もいるでしょう。銀行系のキャッシング審査はとても、記録が残っている限りは通りづらいものとなってしまうでしょう。

銀行系キャッシングの特徴

銀行系キャッシングの利点は、低い金利での借り入れができることと、銀行という存在による安心感ではないでしょうか。銀行系キャッシングの金利は低金利の傾向があり、だいたい13%~18%と他のキャッシングより低いようです。

銀行の持つ資金がそもそも多いため、低金利の融資ができるということからです。金利を安く抑えたいという人はまず銀行系キャッシングを検討してみるといいでしょう。銀行系キャッシングはこれまで低金利ではあっても身近なものではなく、審査に通るのが難しいというイメージを持たれていました。最近では印象がだいぶ違ってきているようです。

クレジット会社や消費者金融会社と提携し、ノウハウを取り入れることで使いやすいキャッシングサービスを提供できるようになりました。審査は他のキャッシング会社からの借り入れを行っている方や、返済トラブルを起こしたことがある方は難しいかもしれません。

他のキャッシング会社と融資の申し込みや手続きは、とくにいままでのキャッシングに問題なければそんなに変わりがないといえるでしょう。他のキャッシング会社からの返済を一本化するおまとめローンとして利用することも、利用限度額も高いことにより可能なものもたくさんあります。銀行系キャッシングはとにかく金利が低いのがメリットです。複数のローンを銀行系キャッシングで一本化することで、総返済額を減らすことができるようになります。

銀行系キャッシングとは

キャッシング会社を分類すると、銀行系や信販系、消費者金融系などになります。消費者金融会社ではなく銀行が主体となって運営しているもの、銀行と同じグループや子会社が行っているものを銀行系といいます。

三井住友銀行やスルガ銀行は銀行そのものが扱っています。キャッシングサービスを、三菱東京UFJ銀行と同じグループが取り扱っているのが、三菱東京UFJ銀行のDCキャッシュワンです。基本的に企業にお金を貸してその利息で運営しているのが銀行というわけですが、最近は個人融資も行うようになったのです。

近年では景気が悪く設備投資を控えている企業が多いため、銀行からの借り入れを控えているという現状があります。不況や消費者金融のイメージが、その反面良く成ってきているのです。最近増加しているのが、手軽にお金を借りることができるキャッシングを利用する人たちです。どうして銀行がキャッシング業界に参入してきたのかは明白です。本質的には銀行系キャッシングは、消費者金融系のキャッシングとなんら変わりはありません。

豊富な資金を持っているため銀行は金利が低く、高い利用限度額を設定できるという傾向があります。最近の銀行キャッシングは、消費者金融のノウハウを利用しているため、審査にかかるスピードもだいぶ速くなりました。