タグ別アーカイブ: REIT

【REIT】の調整

【REIT】は、不動産投資信託として非常に人気がありますが、その相場は最近、調整の色を一段と強めています。

これまで順調に推移していた【REIT】なのですが、最近では、調整が続いていて、軟調傾向になっています。

昨年では850、今年に入ってからは1700も越えた【REIT】ですが、残念ながら、その後は調整の局面を迎えています。

今は【REIT】は、1400くらいで、今後、さらに調整が進みそうで、投資家はその動向を見守っています。

夏以降に反転する可能性もあり、多くの投資家が、【REIT】の動きと共に、その調整幅に注目しています。

基本的に問題となってくるのは、参議院選挙と年金引き下げで、これが、【REIT】の動きに大きくかかわってくると言っていいでしょう。

自民党がいかに上手く乗り越えられるかどうかは【REIT】の重要なポイントで、政局が安定していないと景気が良くならないからです。

 

【REIT】の1500越えは、当初予想はしていなかったのですが、結果的に過熱過ぎたことで、その後、調整されることになりました。

今回の【REIT】の調整は、株式への資金流出と、円安が一息つき、海外勢の勢いが止まったことが大きく関与していると言えます。

そのため、【REIT】に投資した人の中では、退職金もらってすぐに買って2割くらい損している人もいるようです。

しかし、【REIT】の調整があったからと言って、肝心なのは、相場に一喜一憂しないことです。

とりあえず夏まで待つという心がけが【REIT】では大切ですが、金利が上がってきたのは少し気になるところです。

【REIT】の場合、残りの買取額が40億しかないことを考えると、少し買いすぎたように思えなくもありません。

どのような事情があってそうなったのかはわかりませんが、会合で【REIT】をさらに積み増しする予定があるかもしれません。

 

【REIT】は、日銀で132億も買っていたにもかかわらず、年内は残り40億となってしまいました。

非常に偏り感があるのは否めず、【REIT】と共に、今は長期金利の上昇のことが話題になっています。

東証【REIT】指数を見ると、下落する場面はあったものの、その後1400台まではとりあえず戻してきています。

しかし、引けにかけては【REIT】は売りが優勢となっているので、今後もやはり、調整が必要な気がします。

調整続きの【REIT】ですが、業績に関わらず売られる場面は、良い買い場となることがよくあります。

【REIT】が買われ過ぎたとしても、理論上は適正水準までは、調整されるので、それほど心配はないでしょう。

バイナリー初心者


【REIT】とETF

【REIT】は、ETFとよく間違われますが、その違いは、不動産市況の影響を大きく受けないのがETFです。

ETFは、【REIT】と違い、日経平均株価に連動していて、その点が大きな違いということになります。

【REIT】とETFは、共に、日銀が保有金額を増やせば、それだけ、値上がりが期待できることになります。

不動産の投資信託が【REIT】で、証券取引所に上場していて、株式と同じように売買することができます。

資産運用を運用会社に外部委託しているので、最近では【REIT】は、日銀の買い入れで大きな注目が集まっています。

そして、政府の金融緩和政策においては、【REIT】のみならず、ETFの買い入れも発表されています。

日銀の【REIT】とETF購入の金額をみると、日銀が買うのは国債だけなのかどうか、疑問を感じます。

 

【REIT】とETFは、株価指数に連動し、これまでも買ってきたのですが、ETFの保有を2.3倍の3.5兆円としています。

そして【REIT】に関しては、5割増の1700億円に増やすという目標を政府は打ち立てています。

日銀は国債の購入を発表すると共に、同時に【REIT】とETFの購入金額も発表しているので、その動きが注視されています。

そうすると、保有金額がかなり増加するので、【REIT】とETFの市場での動きが非常に注目されています。

日銀の【REIT】の購入金額 が2年で5割増の1700億円 というのはかなり思い切った策と言えるでしょう。

また、ETFの購入金額も 2年で2.3倍の3.5兆円なので、今後益々、【REIT】と共に、ETFも注目されることは間違いありません。

【REIT】とETFの市場規模拡大もさることながら、日銀の購入金額が非常に多くなっていることに注目が集まっています。

 

【REIT】は、ETFのように、日経平均株価の指数には連動していませんが、証券取引所に上場しています。

普通の株式のように売買できるのが【REIT】の魅力で、投資信託会社が投資家からお金を集めて、指数を構成します。

株式のうち一定割合を買って運用するとETFの価値は上がりますが、【REIT】とはまた、その仕組みが違います。

ETFは日経平均株価に連動していて、【REIT】のように不動産市況の影響を受けず、ETFの場合、各種手数料は不要です。

有利な運用成績をあげやすいのがETFで、【REIT】の場合、不動産市況によっては、値下がりすることがよくあります。

もちろん、【REIT】は、不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉になるので、不動産価格が上昇すれば、それだけ価格が値上がる可能性は高くなります。

【REIT】は不動産市況の影響を大きく受けてしまいますが、ETFはそうした心配がほとんどありません。

バイナリー初心者

【REIT】チャート

【REIT】を長期チャートで保有する場合、分配金で収益を得るか、株価が安い時期で購入して高くなってきた時に売却することです。

長期チャートで保有することで【REIT】は、メリットが生かすことができますが、株価の市場の動きには注意しなければなりません。

大幅な下げがあるのが【REIT】なので、日頃からチャートをしっかりと見ていかなくてはなりません。

下げの理由は、某投資法人が十分な審査をしていない不動産を取得したということで【REIT】の下落に端を発しています。

は安全という思い込みは、【REIT】のマイナスのニュースを呼びこむことになり、結果、売りが進んでしまいます。

投資家は【REIT】のメリットばかりに捉われるのではなく、常にチャートを見ながらリスクを配慮しなければなりません。

しっかりチャートに留意して、できるだけ長期投資で【REIT】に取り組んでいくのが、望ましい方法になります。

 

【REIT】を長期チャートで取り組むなら、投資法人の経営状態や、投資対象の不動産が優良であるかをよく調べなければなりません。

そして、過去の分配金の利回りや予定分配金なども、【REIT】をするにあたって、よく調べて色々と判断しなければなりません。

そして、株価ができるだけ安い時に購入したいと考えるのが投資家心理なので、【REIT】をする際は、権利落ちの時期を調べておくことです。

決算告示の後などは投資家の売りが進むので、その時期にチャートなどから判断して、【REIT】の購入時期を計ることです。

利回りの推移も【REIT】の長期投資に影響が出るので、利回りが今後上回るのか、維持できるのかをチャートで判断しなければなりません。

長期保有していく上でチャートは投資判断の基準になるので、【REIT】をする上で重要な指標になります。

株価が上昇すれば、利回りは下がるので、チャートでよく判断して、【REIT】から他の投資法人への乗り換えも検討すべきです。

 

【REIT】は、指数を見るとわかりやすく、東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数を指します。

東証【REIT】指数の長期チャートを見れば、指数の動きが手にとるようによくわかるので便利です。

東証【REIT】指数の長期チャートは、一時期相当な含み損を抱え込んでいたのですが、最近では5年前と同じ水準になっています。

今は、売るのであれば、【REIT】からというくらいの過熱ぶりで、これはチャートを見ればすぐにわかります。

【REIT】のチャートは、リアルタイムで更新されるようになっていて、最新の指数を反映したものとなっています。

チャートの推移をみると、【REIT】は、サブプライムローンの破綻の影響による不動産価格の下落影響を大きく受けています。

バイナリー初心者

【REIT】の今後

【REIT】は、不動産投資法人が投資家から集めた資金により、複数の不動産を購入して運用する投資手段です。

賃料収入や物件の売却益を投資家に分配金として配分する仕組みが、【REIT】にはしっかり構築されています。

株式に例えると、【REIT】では、株価にあたるのが投資口価格で、配当金にあたるのが分配金ということになります。

つまり、【REIT】へ投資するということは、投資口価格の上昇による売買差益と分配金の両方が期待できるわけです。

【REIT】がなぜ注目されているのかというと、分配金利回りが非常に高いからで、今後益々注目は高まることでしょう。

また、管理費用などの経費を除いた収益の9割超を分配すると、【REIT】の場合、法人税が課税されません。

制度上の特典が認められている【REIT】は、今後、多くの人に注目されることになるのは必至と言われています。

 

【REIT】は、通常、半年ごとの決算で収益の大半が分配金に回されるので、分配金利回りが非常に高くなる傾向にあります。

日本においても、【REIT】は、東京証券取引所に39銘柄が上場していて、今後は更に増えると見込まれています。

全体の値動きを示す東証【REIT】指数も順調な推移で、1年間で約34%の上昇を見せていて、今後の動きが注視されています。

最近では、【REIT】は、3カ月で約53%も上昇したことになり、リーマン・ショック以降、低迷を続けていた相場が一気に上昇に転じています。

これは、需給関係の改善が効を奏していて、【REIT】は、今後さらに大きく発展していくことが期待されています。

オフィス2012年問題に端を発し、大量供給が一巡したところで下落基調が続いていたことで、【REIT】が注目され始めました。

オフィス稼動率に底入れ感が広がり、東日本大震災を契機に、オフィスの移転ニーズが高まったことで【REIT】が注目されました。

 

【REIT】は、アベノミクスによる心理的効果も加わったことで、今後の動きが見守られています。

安倍政権が目指す脱デフレは、不動産価格の賃料相場の将来的な上昇を連想させるので、今後の【REIT】に期待がかかります。

日銀が金融緩和の一環として、市場から【REIT】の買い入れを継続しそうなことも、今後の期待感を高めています。

また、円安が進む中、海外からみた日本の不動産価格に割安感が出てきたことから、海外投資家からの【REIT】購入も増えています。

今後は【REIT】については、利回り面での投資妙味をいかに保てるかが、ポイントになるでしょう。

しかし、【REIT】の分配金利回りは低下傾向にあるので、慎重に今後の動向を推察していかなくてはなりません。

バイナリー初心者


【REIT】でオーストラリアに注目

【REIT】の幅広い柔軟性には、まだまだ可能性がいくつも秘められている可能性があるようにも思えます。

国内の【REIT】だけではなく、海外へと目を向けていくことで手に入れられる情報は非常に多いのではないでしょうか。

たとえば、海外の【REIT】であれば、どこがお勧めとなるのか、考えてみるのもなかなか悪くありません。

これからの成長に期待できるという意味では、オーストラリアの【REIT】なんてどうでしょうか。

海外の【REIT】には、まだまだ分からない部分が多いですが、そこは情報を集めることで補っていくことが出来ると思います。

大事なのは【REIT】において、いわゆる可能性を限定せずに、より利益を生む可能性があるならば、海外へも目を向けることも考えるということです。

その柔軟性が、【REIT】においてもよい結果を生むためのひとつの方向性ではないでしょうか。

もちろんオーストラリアの【REIT】について、さらに詳しく調べることも考えていきましょう。

 

【REIT】において、もはや国境は関係ないとすらいえます。

もはや、世界中の情報が行き来するこの時代、少なくとも【REIT】において、国家の同士の壁は意図も簡単に乗り越えられるでしょう。

それが利益を生むのならば、あえて壁を越えていくということも【REIT】において必要なことではないかと思います。

オーストラリアの【REIT】の特徴とは、一体何なのでしょうか。

日本との違い、あるいは類似しているところについても、よくよく調べていくことが必要になるのかもしれません。

【REIT】は不動産投資信託のことですから、オーストラリアという国、そして土地についてもよく知っておくべきでしょう。

南半球にある、カンガルーやコアラがいる国、という情報だけでオーストラリアの【REIT】に手を出すのはお勧めできません。

 

【REIT】については、まだまだ研究を重ねていく価値があると思いますし、検討の途中にあります。

オーストラリアの【REIT】に関してもいうまでも無く、非常に未知な部分が大きいので、さらに詳しい情報を知りたいと思うところでしょう。

より【REIT】に関する情報を集めていく上では、ネット上の情報はもちろん有効だと思います。

また、書籍などでも【REIT】に関して詳しく書かれているものであれば、教科書的な意味合いで一冊手元においておきたいですね。

【REIT】をより深く知ることで、自分の資産を守ったり増やしたりすることの助けになればいいですから、これからもさらに研究を重ねると思います。

オーストラリアの【REIT】についても、もっと詳しく知る方法を探してみるべきでしょうね。

バイナリー初心者