審査が甘いクレジットカード【ここで落ちたらあきらめて!】

審査が甘い、通りやすいクレジットカードを2つ紹介いたします。 申し訳ありませんがこれで無理ならあきらめて下さい。

最初にきついことを言って申し訳ありません。

もちろん全てのクレジット会社に僕自身が申請したわけではないので、100%真実とは言い切れませんが、ネットの情報、友人知人同僚の情報を集めまくり調べた結果、今から紹介する2つのカードで無理なら、ほぼ他の会社でクレジットカードを取得するのは無理だと思います。

なぜならクレジット会社の信用情報は裏でつながっているからです。

「ナニワ金融道」という漫画に出てくるのですが、あなたの「生年月日」と「名前」を専用の機械に打ち込むと、あなたのこれまでの借金の金額、返済履歴等が一瞬で表示されます。(今ならインターネットでもっと詳細な情報が見れるのでしょう。)

なので、会社によって発行するかどうかの基準が厳しいか、ゆるいかが存在するだけです。

クレジットカードを発行している全ての会社はあなたの同じ情報を見ることができるので、とても結果が悪い、いわゆるブラックリストに載っているような方は残念ながら、どこのクレジットカード会社でも発行することはできないでしょう。

厳しいようですが、これが現実です。

しかし、クレジットの発行基準がゆるい会社が存在することもまた事実です。



それではさっそく、2つのクレジットカードを紹介いたします。

それはずばり、「楽天カード」と「プロミスJCBカード」です。

ふ~ん、そっか~、じゃあさっそく申し込むか。

ちょっと待って下さい!

絶対にやめていただきたいことがひとつあります。

それは2枚同時に申し込むことです。

「どうして?」と思われる方も多いかと思います。早く作りたい人は2枚同時に申し込みたいでしょう。

しかし、もう一度思い出して下さい。

-クレジット会社は裏でつながっています。-

ですので、あなたが同時に2枚申請したこともばれてしまいます。

あなたがクレジット会社の人間になったとして想像してみてください。

「あっ、この人、楽天とプロミスに同時に申請してる。よっぽどお金に困ってるんだなぁ。危ないから審査に落としておこう。」

こうなるのではないでしょうか。

じゃあ、どうすればいいのかという話ですが、以上をふまえまして、



まずは「楽天カード」に申し込み、もし万が一審査に落ちたなら、
1ヶ月後に「リクルートクレジットカード」に申し込む

これが僕のおすすめの方法です。

なぜ、1カ月後かと申しますと、「楽天カード」に落ちたあと、すぐに「プロミスJCBカード」に申し込んでも、まだ過去の「楽天カード」に申請した履歴が残っていると考えられるためです。

ですので、なるべく長く最低でも1カ月は申請期間を空けていただきたいのです。

そしてまた、なぜ「楽天カード」が先かと言うと、僕自身が単に消費者金融についてあまり良いイメージを持っていなかったからです。

サラ金に手を出すと借金地獄におちいるのでは?という不安があるからです。(もしご興味がある方がいらっしゃいましたら、右の僕のプロフィールをお読み下さい。僕の父親がギャンブル中毒でサラ金から借金しまくって一家崩壊した苦い思い出をつづっています。)

僕自身の体験から申しますと、まず「楽天カード」に申し込み、残念ながら審査に落ちてしまい、1カ月後に「プロミスJCBカード」に申し込み、ついに念願のクレジットカードを手にしました。



正直、うれしかったです。(涙)

消費者金融は怖いというイメージを持っていましたが、単に自分の感情をコントロールして借金をしなければいいということが分かったので、借金さえしなければ全く怖れることはないと思います。

僕は今でも一回もキャッシングはしたことがなく、クレジット機能のみを使っています。

それでは、もう一度確認させて下さい。

あなたが行うことは、

【重要】

1、まず「楽天カード」に申請を行う

2、もし申請に落ちたら、1カ月待つ

3、そして「リクルートクレジットカード」に申請を行う



以上です。これで審査が落ちた場合、、これ以上の方法は僕は知りません。がんばって探してみてくださいとしか言えません。

絶対に手順を間違えないで下さい。

それでは、まず「楽天カード」に申請してみましょう。

以下、リンクをクリックして下さい。「楽天カード」の詳細情報が記載されています。

⇒「楽天カード」へ