住宅ローンの返済について

住宅を買う際に、ほとんどの場合はローンを組むことになると思いますが、住宅ローンの返済をあまり無計画に考えていると損をしてしまうことがあります。

住宅ローンをいい加減に決めてはいけません。

自分に合った商品を選び、計画的に返済するのが重要なのです。

住宅ローンを選ぶときはライフスタイルや自分の性格なども考慮して選ばなければなりません。

若いうちに返済の多くを終わらせるために、低い金利を利用したいと考えるような人もいるのではないでしょうか。

低い金利で住宅ローンを借り入れしたいのであれば、変動金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。

この先、金利が上がる局面が一切無いとは当然言えないわけですが、日本は新興国というわけでもないので、急な金利上昇が起きることもまずないと思われるからです。

金利の変動をむやみに警戒する必要は無いでしょう。

また、住宅ローンを組む時には頭金を2割、というのはバブルの頃の話で、今はそうではありません。

最近であれば、ローンで借金する金額が多くなっても毎月の返済額はそんなに高くなりません。

バブル期に比べて金利が半分以下になっているためです。

マイホーム資金を貯金している間に金利が上昇してしまことも考えられます。

今からローンの頭金を貯めるのであれば、逆に今すぐローンを組んでしまって返済をしていった方が安上がりかもしれないのです。

バブル期とは違って金利が安いので、頭金を用意するのではなくできるだけ早くローンを組み、それで家を建てつつローンを返済する方がリーズナブルです。

仮に現在借家ぐらしとして、家賃を払いながら頭金を貯めようとすればその間の家賃が必要資金に加算されますし、ローン開始が遅くなればそれだけ返済も遅くなります。

その点も踏まえて早めに検討を進めるべきです。

固定金利の住宅ローンを返済する

住宅ローンの金利について、固定金利による返済の場合を見てみましょう。

家を建てる場合、だいたいの人は住宅ローンを組むことになります。

固定金利型の住宅ローンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

金利の動向に左右されることなく、安心してローン返済をしたいという人には固定金利がおすすめです。

バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。

金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。

固定金利型のローンでは変動金利型のローンに比べて高い金利が設定されることが多いようです。

そのため、ボーナス払いなどで月々の返済額を軽くするというものもあるようです。

ボーナスは賞与ですので、必ず出るわけではありません。

あまりボーナスを当て込みすぎた返済プランを立てるのは、いざというときに返済が滞る危険と隣り合わせです。

ローンには繰り上げ返済などのやり方もあるので、ボーナスはそこに使う方がいいでしょう。

固定金利でローン返済をするのが向いている人は、子どもが小さくて教育費がかかる人、借り入れ金額が多い人、定期的な見直しをあまりしたくない人などです。

借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。

月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。

住宅ローンの返済期間は長いのが普通ですので、将来が見通せず金利が上がるのが心配であるという人であれば、固定金利型ローンで返済をした方がいいでしょう。

住宅ローンのローン一本化

ローン一本化に住宅ローンを活用しようと考える人がいるようです。

カードローンなどを利用している方が住宅ローンで家を購入しようとしているときに、カードローンの借金も住宅ローンも、まとめてローン一本化しようと考えるのだとか。

カードローンなどをまとめて住宅ローンにローン一本化することは、正直お勧めできません。

理由としては、銀行などが行っている住宅ローンは目的別ローンと呼ばれるもので、使い道が決まっている方が利用するローンだからです。

住宅ローンでは住宅を、カーローンでは自動車購入を、そして教育ローンは子供の教育費に使わなければならないわけですが、ローン一本化は可能なのでしょうか。

目的がはっきりしているローンだからこそ、低金利で借りることができるのです。

この住宅ローンで借金をローン一本化し、カードローンなども返済してしまおうと考えるのは、目的別ローンの使途に反しています。

住宅ローンとカードローンなどをまとめてローン一本化していることが分かってしまったら、場合によっては住宅ローンの一括返済を請求されることにもなりかねません。

 

ローン一本化で不必要な問題を抱えてしまうことはあるのでしょうか。

悪質な不動産業者の中には、住宅ローンで他の借金もローン一本化しないかという話をするところもあるようですが、このような話に乗らないように気をつけましょう。

ローン一本化はできなくても、同じ企業で住宅ローンもカーローンも利用するということはできると思います。

同じ企業で住宅ローンもカーローンも、そしてカードローンも利用すれば、返済日を統一することができるかもしれません。

窓口もひとつにまとめることができるかもしれませんから、借金のローン一本化ではなく、窓口を一本化するという線で考えてみましょう。

全てのローンを一企業のサービスにまとめるというのは良いことだと思います。

利息はローンの種類によって異なるとは思いますが、それぞれに他社のローンを利用するよりも便利なのではないでしょうか。

住宅ローンのような目的別ローンではなく、複数の企業で使途自由のローンを利用しているという方は、借金のローン一本化ができると思います。

 

ローン一本化に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

そして、住宅ローンで借金をローン一本化することができるのかといった情報も、ネット上には満載です。

ですから、他に借金をしていても住宅を購入したい、住宅ローンを利用したいと考えている方は、ローン一本化についてネットで情報を収集してみると良いでしょう。

ただ、住宅ローンは何十年も返済していくローンになります。

住宅ローンを組む前に、そのほかの借金をローン一本化して整理し、完済してから住宅を購入するのがベストだと思います。

ローン一本化とは

ローン一本化とは、数社から借りている借金を一社にまとめるということです。

このローン一本化をすると、返済の管理がしやすくなるので大変便利になります。

数社からお金を借りているという方は、その会社ごとに返済日が異なる場合もあると思いますが、ローン一本化することができれば、返済日を統一することができます。

また、複数の窓口で対応していた借金も、ローン一本化することによって窓口をひとつにすることができるでしょう。

数社から借りているという場合はブラックリストにも載りやすくなってしまいますから、できれば、早い時期にローン一本化すると良いと思います。

借金額がそれほどではなくても、いくつかの企業から借金をしている場合、6社目程度で審査に通らなくなるという噂もあるようです。

ローン一本化すれば借金している企業は1社になりますから、今後、もしものときには大変助かると思います。

ローン一本化するには、借り入れる先の限度額が重要になるでしょう。

数社から借りている借金の合計が例えば300万円といった場合。

ローン一本化する先として考えている企業の借り入れ限度額が200万円では、残念ながら一本化はできません。

300万円の借金をローン一本化するのであれば、借り入れ限度額が300万円以上に設定されていなければならないのです。

ただ、借金したい額が大きければ大きくなるほど審査は通りにくくなるので、ローン一本化するには審査のことも考えなければならないでしょう。

審査は、その人の返済能力を見るものですから、300万円の返済能力が無いとみなされればローン一本化することはできません。

ある程度の年収があり300万円貸し出しても返済してくれるだろうとみなされれば、ローン一本化することができるでしょう。

ローン一本化を勧めしてくる企業は多いと思いますが、あくまでも勧めてくれているだけで、必ずしもそうできるとは限らないのです。

ローン一本化に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

そして、ローン一本化ができると宣伝している企業のほとんどのところが、ネット上にサイトを持っています。

ですからローン一本化しようと考えたら、ネットを活用してどのような企業なのかを調べてみると良いと思います。

限度額はローン一本化できるぐらいの金額を設定しているのか、審査はどうなのか、きちんと企業ごとに比較して利用すると良いのではないでしょうか

そしてローン一本化ができるということだけではなく、使い勝手の良い企業を選ぶことも重要でしょう。

住宅ローン控除の注意点

案外少なくないのが、住宅ローンを組んでお金を借り入れしている場合、金額が大きい為毎月の返済も大きな負担になっている人です。

住宅ローン控除は、住宅ローンを支払う人にとってとてもありがたい制度で、少しでも負担が軽くなるのではないでしょうか。

いくつかの条件が恩恵を受けるにはあるようです。

10年以上ローンの返済期間があることがそのひとつです。

注意したほうが良いのは、繰上げ返済を住宅ローンについてした場合です。

ローンを早く終わらせたいからと繰り上げ返済を途中でするときがあります。

注意が必要なのは、残りのローンの返済期間が10年より短くなってしまうと、税金の控除は受けられなくなることです。

住宅ローン控除の対象となる住居の大きさにも規定があります。

家屋の総床面積が50平方米以上ないと、所得税の控除対象にはなりません。

とくにワンルームマンションなどは注意が必要で、大きさが足りない場合があります。

事前に確認することを、分譲マンションを購入した場合、広告などに掲載されている占有面積と実際の床面積が違うケースもあるのでおすすめします。

実際の床面積としての計測が、住宅ローンの減税制度を利用するための基準となるものです。

微妙な部屋の大きさの時には、一応不動産会社に確認を取った方が安心でしょう。

いつ住居に入居したかも非常に大切です。

住宅ローンの返済が家を購入して始まっても住民登録されていない限り申請できないのが、住宅ローンの控除なのです。

住宅ローン控除は、新築住宅だけでなくバリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合でも、適用される場合がるので一度確認してみることをおすすめします。

住宅ローン控除の申請について

申告制である住宅ローンの税額控除は税金を自ら申請しない限り、控除してもらうことはできないことになっています。

自分が住宅ローン控除を受けられる場合には、必要書類を新居に住み始めた次の年の3月15日までにそろえ、確定申告しなければなりません。

前もって準備しておかなければならない書類が、住宅ローン控除を申請するには、何種類かあるようです。

年末借入金残高証明書というローンを借り入れている金融機関が発行するものがひとつめです。

その書類によって、ローンの残高を証明します。

さらに必要になるのは、給与など所得を証明するための源泉徴収票です。

このほか家の登記簿謄本か抄本も準備しておきましょう。

購入した証明の売買契約書の写しと、工事の請負契約書も準備しましょう。

忘れてはいけないのが住民票です。

新居に住み始めた日を決める場合、住宅ローンの控除は住民票を基準に決定するようです。

いつが住民票の登録日かによって変わってくるのが、税額控除が受けられる年です。

会社から給与をもらっている、いわゆるサラリーマンという場合があります。

年末調整の際にローン会社からの残高証明書を添付すれば、毎年それで税額控除を受けることが2年目からはできます。

所得税の金額が上限になる控除の税額は、所得税以上はいくら控除額が多くても使うのは不可能です。

控除できる金額が20万円であってもその年の所得税が15万円であれば、控除金額も15万円になり差額を翌年には繰越しできないので、注意が必要です。

 

アパートローンの審査

アパート経営といった不動産投資をする際には、資金調達のためローンを組む人がほとんどです。

特にアパートやマンションを1棟まるごと買いあげるのであれば、金額もかなりの高額となります。

融資を受けられるかどうかは、審査の結果によります。

公務員のように、月々の収入が安定しているという人なら、アパートローンの審査は通りやすいとも言われています。

収入面に不安があるために、ローンを断られるという可能性もあります。

これが住宅ローンならば、申込者の収入が最も重要視されるといいます。

アパートローンの場合は、あくまでも投資が目的となります。

物件の資産価値や入居者による家賃収入などが審査の重要なポイントとなります。

例えば、購入予定のアパートが古く、価値が決して高くない場合、アパートローンの審査では貸付上限額が低い場合もあります。

不動産投資を考えているサラリーマンが、自分の住んでいる住宅ローンの完済まであと何年かあるという状況も考えられることでしょう。

もしもアパートローンの手続を取ったとしても、審査で断られることがあります。

見込み通りの収入が入らずにローンが返済しきれなくなったり、アパートの入居者が入らない場合もあるため、よく考えて不動産投資は行う必要があります。

 

住宅ローンの税額控除

税額控除が住宅ローンのにもあることを理解しておくだけで、無駄な出費を抑えることができとてもメリットがあります。

支払いに多くの人が住宅ローンを利用するのが、家やマンションを購入するときでしょう。

公的なものから、民間のローン会社まで、独自の住宅ローンを提供していますので、一口に住宅ローンといっても形態はさまざまあるようです。

審査をローン申込みのときに終え、融資が無事に決まり、支払いのめども立てば新居をめでたく購入することが可能となります。

ぜひ、住宅ローンの税額控除を住み始めたその年は申請したほうが良いでしょう。

少しでも負担を軽くするという、国からのうれしい配慮で、ローンで新しく家やマンションを購入した人の税金を控除するものです。

条件さえ整っていれば、必要な書類をそろえて、確定申告します。

新居に住み始めた年の所得税の金額から、直接税金を控除することができます。

借入残高の5千万円以下の部分に対して今は税額を控除できるように、最近は住宅ローンの税額控除の基準が変わっているようです。

申請した年から10年間で金額は最大500万円分、所得から控除することが可能で、その分だけ税金の支払いが減るという仕組みです。

控除率は一般住宅では1%ですが、認定長期優良住宅であったり、認定省エネ住宅に住んでいる場合には異なるようです。

居住年によっては控除率が上がる場合もあり、控除の対象になる借入金残高の限度額が上がることもあるでしょう。

住宅をこれから建てようとしていいるならば、住宅ローン控除についても、住宅ローンの選択だけでなく調べておいたほうが良いかもしれません。

金額は家を購入する際に借り入れたものからしたら少なく感じるかもしれませんが、かなりの金額に10年間に及べばなるはずです。

しっかり住宅ローン控除を申請して、確実に税金から控除してもらいましょう。

アパートローンの特徴

アパートローンは、住宅ローンとは違いあくまでも投資を目的にした不動産に使えるローンになります。

実際、低金利の今はローンなどでお金を借りる場合の利息がとても低いものです。

そのため、多くの人が不動産投資のために積極的にローンを活用しているのです。

経済情勢が悪化し、企業の成長が見込めない状況にいる中、副業でアパート経営を行うサラリーマンもいます。

もしアパートローンの融資を受けるとしても、きちんとした会社で働く人や公務員は借り入れをしやすいといいます。

まとまった金額を借りることができる条件の一つに、収入が安定していることがあるためです。

不況の昨今、地価の上昇はあまり見込めません。

アパート経営による家賃収入であれば、物件によってはかなりの高利回りが期待できるケースもあります。

金融機関から借り入れを行う場合は、借入金額を少なくできるなら、そうしたいものです。

アパートローンを利用する場合は、購入する部屋が一つでは逆に高リスクになるとも言われています。

購入したアパートに入る人がいなければ、アパートローンの返済は全て自分でしなければならず、リスクが高まります。

アパートローンでまとまった資金を得て、アパートを全て購入することで、アパートの入居率をゼロでなくすることはできるでしょう。

アパートローンの金利

 

アパートローンは住宅ローンと同様に不動産購入のための融資ですが、貸し付け条件には差があります。

金利はアパートローンの方が高く、借り換え不可で保証人が必要といった条件があります。

融資対象物件の収益価値なども査定対象に、アパートローンの審査ではなるようです。

今後の家賃収入で返済が見込めるかどうかが重要です。

好条件での貸付が可能な金融機関も、アパート物件の資産価値が高ければあるでしょう。

金利は2種類があり、固定金利と変動金利となっています。

金利が、固定金利制では変動金利より高くなることが多いようです。

金利は一定であることから、返済計画なども加えた事業計画が立てやすくなっています。

住宅ローンの変動金利と似たような仕組みに変動金利制はなっており、一括返済や繰り上げ返済も簡単にできるそうです。

金融機関の中にはホームページに金利条件が掲載されているところもありますが、店舗に問い合わせる必要が多くの場合はあるでしょう。

多くの銀行では、アパートローンに関してホームページでは詳細を書いていないことがあるようです。

銀行によって金利条件はかなりの差があることが、実際に調べてみるとわかります。

低金利のアパートローンを探したいなら、多くの銀行に問い合わせてみる必要があるでしょう。