ブラックリストでもクレジットカードを作る方法

ブラックリストに載っている間はクレジットカードは作れないのが通常です。

金融機関の中では、一定の条件を満たした人であれば、ブラックリストに入っていてもカードが発行されます。

クレジットカードの発光元が、ショッピングサイトの時などが、審査に通る見込みがあります。

ブラックリストに載っていても作ることができたという情報が掲載されているブログがたくさんあります。

人によっては、ブラックリストに掲載されている状態で、デビッドカードを発行してもらえたという話もあります。

デビッドカードとクレジットカード違いは、デビッドカードは即座に決済がされることです。

そのため、銀行口座の残高がカード決済額より高くなければ使えません。

デビットカードの場合はキャッシュカードと同じように、通帳の口座に残高があれば、利用する事ができます。

デビットカードで決済をしたくても、残高が不充分であればカード決済は不可能です。

カート発行時に信用情報の必要性が薄いため、クレジットカードほど厳密にしなくても、デビットカードは審査に通るわけです。

もちろん、銀行口座の残高が支払い限度額になるので、使用する際は注意が必要です。

まだブラックリスト入りの期間が終わっていなくても、金融会社によってはカードを発行します。

ただし、普通の人と同じようにカード決済ができるとは限らないことが多いので、そもそもブラックリストに名前が入らないように注意をしましょう。

ブラックリストの期間とクレジット

ブラックリストの期間とクレジットについてです。

ブラックリストに名前が掲載されている期間は、返済トラブルの具体的な内容によります。

クレジットカードの審査が断られる期間は、ブラックリストに名前が載っている時間に対応します。

クレジットカードを普通に使っている間は、それほど感じないかもしれません。

カードを使っての支払いや、ホテルの予約、インターネット通販での決済、海外からお金をおろす作業などは、これまでどおりできます。

最近は、日々の中でクレジットカードを使う頻度が増してきています。

ブラックリストによって、クレジットカードが利用できない事になると、いろんなところで不便に感じることもたくさんあると思います。

日本国内にある信用情報機関は何社がありますので、いつまでブラックリストに名前が残っているかはまちまちのようです。

例えば、信用情報機関の1つに、クレジットカード会社が多数利用しているというCICというところがあります。

シーアイシーの場合は、返済の遅延で5年、任意整理で5年、自己破産で7年間、記録が残ります。

滞っていた返済や、任意整理の手続きが終わってから、5年、7年とカウントします。

信用情報機関に問いあわせて、自分の情報が残っているか確認することができます。

その場合、必要書類として身分証明書の提出が求められますので、あらかじめ準備をしておくことです。

ブラックリストとクレジットカード

ブラックリストに一度載ってしまうと、基本的には一定期間はクレジットカードを作るのは不可能です。

ブラックリストとは、果たしてどのようなものを指すのでしょう。

実は、ブラックリストという帳面は存在しません。

ブラックリストを使っている金融会社もありません。

クレジットカードを扱う金融機関は、信用情報を扱う信用情報機関とつながっています。

ローン返済でトラブルを起こしたことがないか、破産していないかなどを情報会社から取得します。

信用情報会社が扱っている、キャッシング利用に関する情報のことを、俗にブラックリストという言い方をします。

ブラックリストに一度載ってしまうと大変です。

新しくクレジットカードをつくろうとしても、信用情報で自己破産や任意整理、強制解約などの経歴がある人は、カードがつくられにくくなります。

買い物をするためにローンを組もうとしても、信用情報に事故情報が載っている人は審査に通らなくなるものです。

少なくとも期間が過ぎればブラックリストに載ってしまった人でもクレジットカードを作ることができます。

ブラックリストに乗っていた客をどこまで断るかは、金融会社次第です。

当面クレジットカードをつくる予定がなくても、一度ブラックリストに名前が載ってしまったという人は、いつまでその情報が残るのかを確認しておいた方が今後の行動方針が決めやすくなります。