固定金利の住宅ローンを返済する

住宅ローンの金利について、固定金利による返済の場合を見てみましょう。

家を建てる場合、だいたいの人は住宅ローンを組むことになります。

固定金利型の住宅ローンを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

金利の動向に左右されることなく、安心してローン返済をしたいという人には固定金利がおすすめです。

バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。

金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。

固定金利型のローンでは変動金利型のローンに比べて高い金利が設定されることが多いようです。

そのため、ボーナス払いなどで月々の返済額を軽くするというものもあるようです。

ボーナスは賞与ですので、必ず出るわけではありません。

あまりボーナスを当て込みすぎた返済プランを立てるのは、いざというときに返済が滞る危険と隣り合わせです。

ローンには繰り上げ返済などのやり方もあるので、ボーナスはそこに使う方がいいでしょう。

固定金利でローン返済をするのが向いている人は、子どもが小さくて教育費がかかる人、借り入れ金額が多い人、定期的な見直しをあまりしたくない人などです。

借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。

月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。

住宅ローンの返済期間は長いのが普通ですので、将来が見通せず金利が上がるのが心配であるという人であれば、固定金利型ローンで返済をした方がいいでしょう。

住宅ローンが返済不能になったら

住宅を買う際にローンを組んで購入するのはわりあい普通かと思いますが、返済することが難しくなり、途中で支払えなくなってしまう事例が多くなってきています。

職を失うなどのアクシデントによって、背伸びして組んでいた住宅ローンが返済できなくなってしまったというような事情があるようです。

共働きができなくなって収入が減ったりすることもあり、理由はさまざまです。

突発的な出費に対応できなくなるほど、毎月の返済でいっぱいいっぱいなローンを組んだという場合もあるようです。

低かった金利をあてこんでローンを組み、その後金利が上昇したために返しきれなくなった人もいます。

先の見通せない将来のことですから、人生何があるか分かりません。

住宅ローンを返済できなくなった場合にどうすればいいのかも考えておくべきでしょう。

何かあってローンの支払いが滞りかねない状態になった時点で、借入先に話をしに行きましょう。

マイホームを手放さねばならなくなるようなことのないように、ローン返済を先延ばしにするようなことは避けるべきです。

ローンは借金です。

遅れれば遅延菌が発生します。

借り入れ先の銀行に相談すれば、借り換えなどでなんとか返済できるように対策を考えてもらうこともできます。

例えば、当初の借り入れ期間が30年のローンを借り入れ後5年で借り換えたとします。

この場合、普通であれば借り換え後の返済期間は25年以内になりますが、返済期間を延長できる銀行もあります。

当然ながら、返済期間が長くなればなるほど利息も増えます。

それでも毎月の返済に払う額は減らせます。

住宅ローンを借りる時には、お金を借りる前の想定が重要です。

何か大きな問題が起きても滞りなく返済していけるように、借りるローンを選びましょう。

住宅ローンのローン一本化

ローン一本化に住宅ローンを活用しようと考える人がいるようです。

カードローンなどを利用している方が住宅ローンで家を購入しようとしているときに、カードローンの借金も住宅ローンも、まとめてローン一本化しようと考えるのだとか。

カードローンなどをまとめて住宅ローンにローン一本化することは、正直お勧めできません。

理由としては、銀行などが行っている住宅ローンは目的別ローンと呼ばれるもので、使い道が決まっている方が利用するローンだからです。

住宅ローンでは住宅を、カーローンでは自動車購入を、そして教育ローンは子供の教育費に使わなければならないわけですが、ローン一本化は可能なのでしょうか。

目的がはっきりしているローンだからこそ、低金利で借りることができるのです。

この住宅ローンで借金をローン一本化し、カードローンなども返済してしまおうと考えるのは、目的別ローンの使途に反しています。

住宅ローンとカードローンなどをまとめてローン一本化していることが分かってしまったら、場合によっては住宅ローンの一括返済を請求されることにもなりかねません。

 

ローン一本化で不必要な問題を抱えてしまうことはあるのでしょうか。

悪質な不動産業者の中には、住宅ローンで他の借金もローン一本化しないかという話をするところもあるようですが、このような話に乗らないように気をつけましょう。

ローン一本化はできなくても、同じ企業で住宅ローンもカーローンも利用するということはできると思います。

同じ企業で住宅ローンもカーローンも、そしてカードローンも利用すれば、返済日を統一することができるかもしれません。

窓口もひとつにまとめることができるかもしれませんから、借金のローン一本化ではなく、窓口を一本化するという線で考えてみましょう。

全てのローンを一企業のサービスにまとめるというのは良いことだと思います。

利息はローンの種類によって異なるとは思いますが、それぞれに他社のローンを利用するよりも便利なのではないでしょうか。

住宅ローンのような目的別ローンではなく、複数の企業で使途自由のローンを利用しているという方は、借金のローン一本化ができると思います。

 

ローン一本化に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。

そして、住宅ローンで借金をローン一本化することができるのかといった情報も、ネット上には満載です。

ですから、他に借金をしていても住宅を購入したい、住宅ローンを利用したいと考えている方は、ローン一本化についてネットで情報を収集してみると良いでしょう。

ただ、住宅ローンは何十年も返済していくローンになります。

住宅ローンを組む前に、そのほかの借金をローン一本化して整理し、完済してから住宅を購入するのがベストだと思います。

不動産投資とローン返済

不動産投資の資金調達をする場合、ローンを組んで資金を用意するのが基本です。

不動産投資にもさまざまな規模がありますが、仮にマンションなどに大口投資する場合、ローン組む際にも厳しい条件を要求されることがあります。

信用力が高い個人、すなわち、上場企業の職員や公務員などであれば、ローンを組む際のハードルも低くなります。

一方で、問題となるのは独身者やつとめてからまだ日が浅い人です。

連帯保証人にも保証力が必要ですから、独身の人が親を保証人に使用としたとしても、高齢である等の理由で拒まれることがあり得ます。

ローンの貸し手は、万が一の焦げ付きに備えるため、借り手が投資している不動産を担保として抵当権を設定する場合がほとんどです。

ローンで借りることのできる融資額は、資産価値の低い不動産物件の場合には少なくなることがあります。

不動産投資の場合、ローンの返済だけを考えていては駄目です。

投資している人は大家と言うことになるので、さまざまな費用が発生します。

大家としての責務、すなわち修繕費や維持費などにあてるため、それなりの自己資金も必要になってきます。

不動産投資に関わるローンについては、できうるかぎり早く返してしまうべきです。

そうはいっても、貯金を全然していないようではいざというときに大変なことになってしまうので、ローン返済とバランスを見ながら貯金をしましょう。

 

不動産への投資であっても、ローンによって資金調達をした場合は、返済の金額や期間は無理ない範囲で決めた方がいいでしょう。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは、個人だけではなく自営業の方や、事業主にとってもなかなか好都合なローンです。

業績が思わしくなったり、実績不足で銀行からの融資が難しい場合には、不動産担保ローンを使うという方法があります。

特に不動産担保ローンは、ほとんどが審査も早く、場所によっては3日で融資OKというところもあります。

不動産担保ローンは、資金調達の目途を立てるための場持たせにも活用できるわけです。

複数のローン会社から同時にローン融資を受けて、個別に返済をしている人もいます。

不動産担保ローンなら大口の融資を一気に受けられるので、低金利で月々の返済負担が軽くなるという利点があります。

不動産担保ローンの返済期間は20年など長期設定もできますので、可能な範囲での返済プランが立てられます。

不動産の名義は親のものであっても、親のOKが取り付けてあれば、自分の持つ不動産でなくても担保に入れて融資を受けることができる会社も存在するようです。

似たもので不動産売却時のつなぎローンがあります。

資金を得るために土地を売りたいと考えていて、資金は今すぐ必要だけれど売却がまだできていないという時に、売却するまでの期間だけ不動産を担保にローンを利用します。

短い間ですが不動産が担保になるため、不動産担保ローンと見なされます。

担保に不動産を使っておいて融資金が返せないとなれば、担保は弁済の対象になってしまいますので、返せる金額だけ借り入れをしたいものです。

不動産担保ローンとは

不動産を担保とするローンがあります。

ローンには色々な商品が存在し、借り方や用途によって違うローンを数多くの人が巧みに使っています。

中でも不動産担保ローンはより多くの金額を、まとめて借り入れしたいときとても便利です。

不動産担保ローンとは、土地及び家などの定着物を担保に入れてローン融資を受けるというタイプのものです。

融資の際に担保を用意しないローンもありますが、こちらは金利が高く短期の融資になりがちです。

目的を限定せずに金銭の借り入れが可能なので、マイカーローンや住宅ローンと異なり何にでも使えます。

不動産担保ローンでは持っている不動産の評価にもよりますが、100万円単位の金額から1億円以上まで幅広い範囲で借り入れが可能なことが多いようです。

金利5%~10%くらいでの貸付が、不動産担保ローンではよくあります。

不動産担保ローンの利息は、よくある無担保ローンよりは金利条件が良く、借りやすくなっています。

不動産を担保にすることが借入時の契約内容に含まれますので、不動産担保ローンで借りたお金が返せなければ担保となった不動産は競売行きです。

根抵当権、抵当権、質権といった担保の内容に応じて債権者が持つ権利は変わります。

どういった条件でお金を借り、返済をするのか、不動産担保ローンでは内容を吟味することが欠かせません。

不動産をローンで購入する

不動産にはローンがつきものです。

住む家は賃貸派でしょうか、購入派でしょうか。

賃貸にも持ち家にも長所と短所があり、意見も分かれるところですが。

貸し家住まいから一戸建て保有者になりたいという方もたくさんいます。

住宅ローンは、住む家を買いたいけれど自己資金では足りないという人が利用します。

目的型ローンの1つである住宅ローンは、融資金の使途が済むための土地や建物を買うことに限定されています。

使途が限定されている分、金利が低いのが最大の特徴です。

住宅ローンは借りる人の職業や収入、購入する不動産の価格により借りられる金額が変わってきます。

最長35年までローンが組めることが多いようです。

まとまった資金がない人も、月々の返済は、比較的無理がなく計画的に支払っていくことができます。

現在、ほとんどの人が住居の購入では住宅ローンを利用しています。

住宅ローンを使わずに土地や建物を買えるという人はごく一部でしょう。

頭金さえ用意できれば、ローンで憧れのマイホームを買うことができるのです。

土地は資産運用をしたくて手に入れるという人もいますが、これは土地が投資に使えるためです。

借金をしている気がするからとローンを敬遠する人もいますが、最近のローンは色々な仕組みがあり、賢くお金が使えるツールでもあります。

不動産や車といった高価な買い物をする時は、金利や完済までの期間、総返済額をよく計算して、自分にとって使いやすくお得なローンを選びたいものです。