リアルタイム為替レートの使い方

リアルタイムの為替レートを使おうと思っても、いろいろと種類がありすぎて迷う事が多いものです。

為替予想にチャートを用いる時には、どんな方法があるでしょう。

その時々で、メインに使うローソク足チャートを5分足にしたり、1時間足にしてみたりという人がいますが、効率的な分析手法とはとても言えません。

なぜならばリアルタイム為替レートの分足や時間足は、度々変えるのでは無く、いつも決まった時間足のものを使用しないとトレードにムラが出てしまいがちです。

為替レートをリアルタイムで確認するためには、何種類かの時間足チャートを使うようにします。

売買を実際に行いながら、どのチャート表が自分にとって見やすいものかを判断することが大事です。

毎回毎回、トレードする度に異なった時間足のものを見ていたのでは、為替レートの動きを予想できるようになりません。

その場その場で扱うチャートやレートを変えていたら、いつまでたってもトレンドは読めないままです。

リアルタイムの、実際の為替レートを用いたデモトレードができるサイトが増えているので、まずはそこから試してみましょう。

デモトレードをしながら、見やすい為替レートを決めていくようにします。

分単位や時間単位のチャート表は、デイトレードをする人がよく使います。

長期スパンでの為替レートの動きを追いたい時は、日足や週足が参考になります。

リアルタイムで為替レートを知る時には、まず自分がどんな取引をするつもりかを考えながら、用いるチャート表を決めることが大事です。

リアルタイムの為替レートの足とは

リアルタイムの為替レートを見る時に、1時間足、3時間足、5時間足など時間での種別があります。

足というのは、為替チャート表の独特な形です。

為替レートが一定の時間内にどんな動きをしているかを示すグラフの記号で、ローソク足チャートで用いられます。

時間以外にも、1分足、10分足、30分足のほか、日足などもあります。

リアルタイムの為替レートの動き方を、チャート表を使って表にすることで、今後の為替レートの変化を推測することができます。

分単位のローソク足チャートは、近い将来の値動きを予想できます。

30分足、1時間足といった長時間の場合には、長期的な為替レートを分析、予想する際に利用します。

1つのローソク足には、為替レートの始値と終値、そして高値と安値が表示されています。

5分足のローソク足1つは、5分の開始時と終了時のレートと、最高値と最安値のレートが入っています。

同じように10分足、30分足なども、10分間、そして30分間についての4つの値がわかると言う事です。

為替レートのトレンドを理解することで、これから為替レートが上がるのか、下がるのかが推測できます。

そのためにはチャート表が大事です。

為替レートのリアルタイムチャートを分析することで、今が売りの時期なのか、買いの時期なのかを把握することができるでしょう。

リアルタイムの為替レート

リアルタイムの為替レートというのは、為替相場のレート、つまり為替相場の値動きを、時間の経過によって分けてグラフ化したものをこのように呼びます。

これらのグラフは、リアルタイムレート、あるいはリアルタイムチャートといいます。

ある国の通過を、もう一方の国の通貨に変える時は、為替レートに基づいて売買をとます。

為替レートを元に計算され取引がされるわけですから、とても重要です。

為替レートを速やかに把握するためには、リアルタイムチャートを使い分けるのが便利な方法です。

日本円、米ドル、NZドル、ユーロなど、通貨の組み合わせによって異なるチャートを使います。

1分間、10分間、1時間、6時間などの間隔でチャート化されています。

FX会社や為替レートを表示するサイトが、どの時間軸でのチャートを出しているかは色々です。

チャート表を目的によって使い分けたり、数種類のチャートを同時に使ったりします。

最近はアイフォンやスマートフォンなどにも対応している為替レートのアプリなども出ています。

移動中や、会社での休憩中に手軽にチャート表を見れる方が都合がいいという人もいます。

証券会社や為替レートを表示するサイトによって、リアルタイムのレートには誤差が生じることがありますので、信頼性の高いところを探すといいでしょう。

海外送金の為替手数料比較

為替手数料は海外送金金額に対してもかかるものですが、比較してみると金融機関や外貨によってかなり違うようです。

外国為替手数料が含まれた金額で為替取引がされていることに、明細を確認しただけではわからないという人もいます。

銀行で1万円の外国為替手数料を支払うと、アメリカドル1万ドルが決済できます。

ポンドの場合5千ポンドあたりの外国為替手数料は一般の銀行と郵便局で2万円、シティバンクで5千円とドルと比較してみると少し高くなります。

外国為替手数料2万円で1万オーストラリアドルを送金できるのは、銀行や郵便局を使った場合です。

同様の手続きをシティバンクで行えば10000円、新生銀行は2500~5000円となります。

外国為替手数料は、金融機関によって海外送金に対してかかるものも、かなり違っています。

扱う金額が大きくなれば、外国為替手数料の差も大きくなるといえるでしょう。

近年では、普通銀行の他にもネットバンキングやFXという手段もあります。

さまざまな海外送金にかかる外国為替手数料を比較して、一番便利でお得なものを利用するのが良いのではないでしょうか。

海外送金を行う場合、その時々の相場によって外国為替手数料が変わるものと、変わらないものとがあります。

それぞれの条件を比較して、外国為替手数料を確認しましょう。

外国為替手数料を比較する

海外旅行に行くときや海外送金をする場合には、外国為替手数料を支払うことになります。

外国為替手数料を比較することで、どの金融機関での両替がお得かわかります。

円を支払って、外貨を購入したい場合は、一定の割合によって外国為替手数料を払います。

外国為替手数料は、銀行が稼いでいることになりますが、両替する金融機関によってかなり違いがあるといいます。

仮に、何十万円ものお金を外国通貨にする必要があるならば、外国為替手数料ができるだけ安いところが理想的です。

アメリカドルの外国為替手数料は、大抵の銀行や郵便局は、1円の手数料で手続きをすることができるといわれています。

たとえば82万円送金する場合手数料を含めて83万円かかるということになります。

どの銀行も比較してみるとネットバンキングのほうが手数料はお得です。

一方、金融機関ごとに手数料がかなり違うのは、NZドル、豪ドル、ポンドなどの外国通貨だといいます。

外国為替手数料、送金手数料を比較した場合、都市銀行でかかる手数料はやや高めになっています。

郵便局も送金手数料は安いですが、外国為替手数料は一般の都市銀行と変わりません。

外国為替手数料を都市銀行とシティバンクで比べてみた場合、シティバンクの方が低価格です。

ネットバンクなど各金融企画の外国為替手数料を比較して、どの金融機関を利用すると一番お得かを確認しましょう。

住宅ローンを計算する場合の注意点

住宅ローンを組んで家を購入する場合、まずは金利などを計算しなければなりません。

きちんと全額支払うためにも、年収のうちどのくらいを支払いに回せるか、月々の返済負担がいくらになるかは大事なところです。

住宅ローンは、家だけでなく分譲マンションを買う時にも使えますが、事前に知っておきたいことがあります。

多くのハウスメーカーや住宅販売会社は分譲マンションや住宅購入希望者に対してのローン計算をする場合、こちらが指定しない限りは変動金利のプランで計算書を出してきます。

計算結果を、金額を少なめにできるからです。

メーカー側が提示した計算書を見て、この金額であれば返済が可能だろうと判断するのは早計な話かもしれません。

変動金利で計算しながら、変動がないと仮定して計算がなされています。

変動金利というものはローン利用者が金利変動のリスクを背負う代わりに現在のローン金利が安くなっているものです。

逆に、金利があがっても今の金利を据え置く代わりに、現時点での金利を高くするのが固定金利です。

経済学のプロでも、今後10年刻みで金利の予測をするのはまず無理です。

変動金利プランでのローン計算書は現在の負担と将来の負担が混在しているところが問題です。

今から家という大きな買い物をするとなると、判断が難しくなるのが人間です。

ハウスメーカー側が出してきたローンの計算書だけで、ローンを決めるのは危険なことだといえます。

住宅ローンの計算

ローンを家を購入する場合、かなり大きな買い物になりますので大抵の人が組むわけですが、月々の支払い額を簡単に計算できる方法はないのでしょうか。

色々な金融機関が、独自の審査基準や金利で住宅ローン融資を行っています。

幾らくらいの家を借り、どのくらいの住宅ローン融資を受けるか、返済や金利の計算ができなければ見当がつきません。

年収と今後の人生設計なども考慮しながら住宅ローンを組むことが必要です。

インターネットには、住宅ローンの返済プランを手軽にシミュレーションができるサイトがあります。

借入金と金利を入力すると、計算を自動でやってくれます。

金利、借入金、完済までの期間など幾つかの条件を入れると、月々の返済額やトータルの返済総額がわかります。

年収や毎月のローン返済額から借入可能な金額の計算をすることもできます。

完済期間前にまとまった金額を返済した場合、返済自体にどの程度の影響が出るかなども計算できます。

住宅ローンは、固定金利で借りる場合、変動金利で借りる場合など様々なケースがあり、ローンを組む時は一つ一つ決めることになります。

金利によってローン済額がどう変わるかということも計算することができるでしょう。

シミュレーションサイトを利用することで、住宅ローンを組む時には何に費用が発生するかがわかります。

家本体の価格以外にも、諸手続きにどんな費用がかかるかがわかります。

住宅ローンの利用を考えている人は、シミュレーションができるサイトで計算をして、プランを立ててみましょう。

銀行の住宅ローン金利の比較

家を買う時には多くの人が住宅ローンを組むことになりますが、金利の比較をする場合にはどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。

多種多様な住宅ローンが存在していますが、住宅ローンを組むのに銀行を利用する人はかなりたくさんいます。

実際に銀行の住宅ローンを比較するとき、おすすめできないのは見えている部分だけで比較をしてしまうことです。

店頭の標準金利、優遇金利などの数字だけで比較して判断すると、実質上の金利負担で損をすることがあります。

自分自身が金利優遇を受けられる条件を満たしているかどうかを検討しなければ、銀行の住宅ローン金利を比較することはできません。

大事なのは、手数料や保証料も入ってその金利なのかということを考えて比較することです。

住宅ローンの金利タイプの種類もいろいろあります。

ある一定の期間は金利が変わらずその後で変動する固定金利選択型、半年ごとに金利が変わる変動金利型、申込時のまま金利が変化しない固定金利型などがあるそうです。

金利は高くなりますが、固定金利の方が金利変動リスクは減少するといえるでしょう。

変動金利は金利が低い分金利変動リスクは高まります。

金利が変動したときに自宅を手放すような事態に、リスク対応ができなければなることもあるでしょう。

自分の将来設計や生活スタイル、返済がどの程度できるかによって住宅ローンの金利を比較し考えてみると良いのではなないでしょうか。

ローンと金利

ローンを組んでお金を借りる際には、やはり金利が気になるという方も多いと思います。

住宅用のローンなどは特に借り入れる金額が大きくなりますので、金利が少し違うだけで月々の返済額や最終的な返済額が大きく変わってきます。

結婚や出産、両親との同居などのライフイベントが起こったことを契機に、自分の家を建てようとする人もいると思います。

新規に自宅を購入する際には、どこの金融機関からどのローンを借りるかであったり、返済に関わってくる金利をどうするかについて、きちんと見ておく必要があります。

ローンを組む際に特に注意すべき点は、ただ金利の数字だけではありません。

金利の選択により、毎月の支払い金額も随分と変わってくるから注意が必要です。

ローンを取り扱っている金融機関ごとに金利の利率が異なるのは当然として、金利そのものにも種類があります。

例えば固定金利か変動金利かといったことです。

どのような金利を選ぶにしても一長一短がありますので、住宅ローンならばこれと決めうちするのも難しいのが現状です。

家を建てようとするのであれば、ローンで借り入れる金額は大きく、また長期間の返済となるため、簡単には決められないでしょう。

ローンの金額が大きいために、融資を受けるまでの手続きは複雑で、書類も多く出さねばならず、審査にも時間がかかります。

ローンを検討する際には、単に金利の多寡を見るだけでは足りません。

繰り上げ返済が可能かどうか、担保や保証人はどうかなど、気をつけなければならない点がいくつもあります。

金利の種類を決める際は、準備できる頭金の金額、月の返済金額、ボーナス時の支払額など、返済計画をしっかり立てることをおすすめします。

ローンの一本化の注意点

ローンを一本化したいと考えている場合、まず現在の要返済額を把握する必要があります。

ローンの一本化に関する手続きはいろいろとあるわけですが、すべて金融機関がやってくれるわけではないことにも注意しましょう。

最初に、現在借り入れを行なっているローン会社の中から、まだ借り入れができる会社を探します。

そしてその借入枠を利用して、ローン会社の数を減らしましょう。

たくさんのローン会社を少しずつ整理していって、把握できる程度の数にまとめてから、ローンを一本化します。

毎月のローン返済額が月給の約20%をこえているようであれば返済に無理がありますので、とりあえずの目安としてそこを目指しましょう。

無理のない返済計画を立てて、遅延や滞納などが無いような返済金額にしないと、ローンを一本化する意味がなくなってしまいます。

一本化をする過程でローン会社に返済をし終わると、そのローン会社から新たな融資広告や案内を受け取ることがよくあります。

せっかく毎月の支払いを減らして余裕が出てきているのに、それで安心して新たなローンを組んでしまっては元の木阿弥です。

再び返済に東奔西走する生活を送るのが嫌なら、新しくローンを組むようなことはしないように注意して下さい。

金融機関であればどこであってもローンの一本化ができるというわけではないので、そこにも注意が必要です。

ローンの一本化を取り扱っている金融機関であっても、当然ながら審査が待っています。

審査の結果によってはお金が借りられず、一本化が頓挫することもありえるのです。

ローンの一本化によって得られるメリットはたくさんあるので、返済に困っている方は一度検討することをおすすめします。