投資銀行の業務

投資銀行の業務はインベストメントバンキング

投資銀行の業務は、インベストメントバンキングと言われていて、主として証券引き受けや財務アドバイスなどが業務になります。
事業法人、機関投資家、政府系機関などの大口顧客を相手にするのが、一般的な投資銀行の業務になります。
具体的な投資銀行の業務は、資金調達業務、M&Aのアドバリザリー業務、マーケットメーキング業務などです。
リスク管理業務や外国為替業務なども投資銀行の業務で、日本では、外資系金融機関や大手証券会社などの銀行業務もあります。
投資銀行は、何をするのかと言うと、企業の新株発行における株式の引受業務がメインになります。
企業同士の合併、買収におけるアドバイザリー業務も、投資銀行の代表的な業務で、日本語で言うと証券会社の法人部門に該当します。
株式の引受やM&Aのアドバイザリー業務には共通部分があり、それは投資銀行での大量の株式トランザクション取り引きであることです。

投資銀行のトランザクション取引

投資銀行は、トランザクション取引が行われる際、業務が遂行され、この業務は市場では捌き切れないものを扱います。
そうしたところに投資銀行の業務の価値があり、いわゆる仕事の需要があるということが言えるのです。
要するに、投資銀行の価値の源泉は、市場外取引における客観的で適正な取引価格を算定する業務にあると言えます。
通常、バリュエーションと呼ばれる投資銀行の業務は、新米の人にとっては、数多の企業バリュエーションと格闘することになります。
M&Aでも引受でも、提案の段階で投資銀行のバリュエーションの業務は、不可避だからです。
証券アナリストやトレーディングという投資銀行の仕事も、同じ価値に基づいた派生業務の1つです。
適正価値と市場価格の歪みで儲けようというのが、投資銀行の業務で、そうして投資家は、バリュエーションのプロとして君臨できるのです。

投資銀行の業務には決定的な欺瞞的要素がある

投資銀行は、プロとして株式の秘められた価値を見出し、また、知られざるリスクを暴きます。
巨額の取引を成立させることで投資銀行は、結果として巨額の報酬を得るに至るのです。
しかし、投資銀行の業務には決定的な欺瞞的要素があり、それは、株式の客観的かつ適正な価値は算定しようがないところです。
存在すらしないかもしれない客観的で適正な価値を、それがあるかのような顔をして投資銀行は、詭弁を弄すのです。
絵空事を吹聴してまわるという本音ベースが、投資銀行の実態に他ならず、業務に疑問を持つ人も少なくありません。
投資銀行の業務は、価値の定かではない高額商品を他人に売りつけることであり、それに抗するには必要なスキルを身につける必要があります。

投資銀行への転職

投資銀行に転職する時期

投資銀行に転職しようとする人は案外多いのですが、リーマンショック以降、求人は激減していました。
しかし、2010年末ごろから徐々に採用が戻ってきていて、最近ではまた、投資銀行に転職しようとする人が増加傾向にあります。
そう言う意味では、今の時点というのは、投資銀行に転職する時期としてよいタイミングかもしれません。
また、一部の外資系投資銀行では、リストラを行ったこともあり、その反動で求人が増えていて、転職のチャンスです。
若手ポジションの投資銀行の求人依頼が増えてきていて、それは外資系に限らず日系でも言えることです。
証券会社の投資銀行部門においても、求人が増加傾向にあるので、転職を考えている人は早めに動くことです。
しかし、投資銀行の転職は容易ではなく、選考基準は厳しく、厳選採用であることに変わりはありません。

投資銀行に転職についてのポイントをしっかり把握

投資銀行に転職するには、中途採用基準と、転職についてのポイントをしっかり把握して行く必要があります。
年齢、学歴、職歴、語学力という4つのポイントがあり、投資銀行に転職するには、しっかりとした対策が必要です。
年齢に関しては、投資銀行の転職については、業務未経験でも採用対象になる転職可能年齢は25歳前後~30代前半までです。
但し、業務未経験の場合には転職で採用される投資銀行のポジションは、アソシエイト止まりです。
年齢は、投資銀行の転職に際して、決められた限界があり、30代になるとより厳しくなる傾向があります。
どちからというと、投資銀行では、海外MBAホルダーの人などが、転職に際しては有利になる傾向があります。
学歴に関しては、投資銀行の転職について、未経験者の人の場合、国内外関係なく高学歴である必要があります。

投資銀行の転職において書類通過の必須条件

投資銀行に転職をする際は、まず、各国のトップレベルの大学を卒業していることが条件として求められます。
高学歴であることは、投資銀行の転職において、書類通過の必須条件であり、必要最低条件と言えます。
しかし、例外もあり、大学がトップレベルでなくても、海外のMBAトップスクールを卒業していれば、投資銀行転職のチャンスはあります。
トップスクールというのは、全米ではTOP15位以内なので、やはり投資銀行への転職は狭き門には違いありません。
職歴に関しては、投資銀行の転職については、評価される経験として、大きく2つに分けられます。
それはドキュメント作成能力とファイナンススキルで、この2つの経験がある人は、投資銀行への転職で大きく有利に働きます。

欧州系投資銀行

欧州系投資銀行とは

投資銀行には、日本、外資系以外に欧州系があり、ここの特徴は、多彩な金融サービスを提供しているところです。
欧州系投資銀行は、プライベート・バンキング、インベストメント・バンキング、アセット・マネジメントが中核事業になります。
世界中で展開している欧州系ファイナンシャル・グループの日本拠点が、欧州系投資銀行になります。
早くから日本に参入した金融機関が欧州系投資銀行であり、日本政府による国債の海外起債での単独引受幹事を務めた経緯があります。
現在に至るまで、欧州系投資銀行は、日本に対する長期的なコミットメントを大切にしていて、重要な役割を果たしています。
欧州連合のバランスの取れた発展に寄与することを、欧州系投資銀行は、最大の目標としています。
まさしく、EUの政策金融機関が欧州系投資銀行であり、1958年、ローマ条約によって設立されました。

外貨建債券を発行している欧州系投資銀行

投資銀行の中で欧州系は、日本とも深く密接していて、本部は、ルクセンブルクに拠点を置いています。
欧州系投資銀行は、EUの域内では、交通と電気通信の欧州横断ネットワークの開発なでを手掛けています。
そして、環境保護や安定したエネルギー供給の確保などに対しても、欧州系投資銀行は寄与しています。
産業と中小企業の国際競争力の向上に関するプロジェクトへの融資にも、欧州系投資銀行は、注力しています。
そして、欧州系投資銀行は、EUの域外では、非加盟国に対する協力政策を側面からサポートしています。
アフリカ、中南米、中東、アジアなど世界中に対して、欧州系投資銀行は、積極的にサポートしています。
資金の大半は、資本市場で有利な条件で調達されていて、欧州系投資銀行は、日本にも外貨建債券を発行しています。

EU加盟国は共同出資

投資銀行は、欧州系においては、EU域内での産業や中小企業の国際競争力の向上を目指しています。
環境保全とエネルギーの安定供給に貢献する事業に欧州系投資銀行は関与していて、基盤整備に関する事業に融資しています。
EU域内での欧州系投資銀行の中小企業支援は、中長期融資が中心で、保証業務は欧州投資基金が担当しています。
途上国での開発援助や融資についても、欧州系投資銀行は実施していて、範囲はヨーロッパのEU非加盟国にとどまりません。
欧州系投資銀行は、法人格があり、EU加盟国は共同出資していますが、財政上はEUから独立しています。
投資銀行というと、米系と欧州系の分け方がありますが、これは無意味で、米系、欧州系という単純な分類は意味をなしません。

日本政策投資銀行とは

日本政策投資銀行は日本の政策金融機関

日本政策投資銀行とは、英語名はDevelopment Bank of Japan Inc.で、略称DBJの名で呼ばれています。
株式会社日本政策投資銀行法に基づいて設立されたもので、財務省所管の特殊会社に該当します。
いわば、日本政策投資銀行は、日本の政策金融機関で、その前身は、日本開発銀行の北海道東北開発公庫になります。
2008年に設立された株式会社日本政策金融公庫とは、日本政策投資銀行は異なる別の法人です。
経済社会の活力の向上と持続的発展を日本政策投資銀行は目指していて、豊かな国民生活の実現を推進します。
地域経済の自立的発展に資するため日本政策投資銀行は、一般金融機関が行う金融を補完します。
長期資金の供給も日本政策投資銀行は行っていて、日本の経済社会政策に寄与することを目的としています。

日本政策投資銀行は融資と投資が基本

日本政策投資銀行は、資金の流れを官から民へと移し、経済を活性化する目的で作られました。
政策金融改革の一環で、2008年、特殊法人で特殊銀行の日本政策投資銀行を解散して、新たに発足されたものです。
旧DBJの全財産の出資で、新しく日本政策投資銀行が設立され、旧DBJは割当を受けた新DBJ全株式を政府に無償譲渡しました。
政府による100%出資の株式会社が日本政策投資銀行で、2012年~2014年を目途に、完全民営化する予定でした。
しかし、2009年の法律改正において、日本政策投資銀行は、2011年度末を目途に、組織の在り方について検討を加えました。
その結果、措置が講じられるまで日本政策投資銀行は、政府保有株式の処分は行われないことになりました。
2008年に始まる世界的な金融危機に直面したことで、金融機関に対する政府の関与を維持すべきとして日本政策投資銀行はできました。

日本政策投資銀行が設立理由

日本政策投資銀行は、政策投資銀行への政府関与の意義を重視する観点からできたものです。
従来の政策金融機関民営化方針を見直す趣旨の改正法案が提案されたことで、日本政策投資銀行が設立されたのです。
2011年度末までの間は、政府による追加出資を可能とすることが日本政策投資銀行で約束されました。
また、日本政策投資銀行は、政府保有株式の処分を、2012年4月の5年後から7年後と改めました。
政府保有株式の処分の時期は、日本政策投資銀行において、2011年度末を目途に検討を加えることになりました。
日本政策投資銀行は、政策性が高いプロジェクトを支援するための融資と投資が基本になり、投融資枠の一部が北東枠として設けられています。

投資銀行ランキング

業界全体の投資銀行のランキング推移

投資銀行のランキングを見ると、売上高ベースにおいては、最大の銀行はJPモルガンになります。
JPモルガンとHSBCが、投資銀行のランキングの中では群を抜いていて、売上高を飛躍的に伸ばすことに成功しています。
そして、投資銀行のランキングとして、次いで、ゴールドマン、ドイチェバンク、バンク・オブ・アメリカ、シティ、バークレイズと続きます。
逆に投資銀行のランキングの中で売上高の落ち込みが激しいのは、UBS、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、クレディスイスになります。
利益の投資銀行のランキングでは、JPモルガン、HSBC、BNPパリバがトップ3を占めている状況です。
赤字だった投資銀行のランキングを見ると、UBS、クレディ・アグリコール、クレディスイス、野村です。
業界全体の投資銀行のランキング推移を見ると、総売上高は減収傾向にあり、芳しくありません。

投資銀行のランキング

投資銀行のランキングは、全体的に見ると、総費用としては、1,660億ドルから1,700億ドルへと増えています。
コスト・コントロールが未だ十分に出来ていないというのが、投資銀行のランキングから見てとれます。
部門別の投資銀行のランキングを見ると、M&A、FICC、株式ともに、減収傾向となっています。
全体的に落ち込んでいるのが、投資銀行のランキングから見てわかり、給与、賞与は圧縮傾向にあります。
特に、売上高に対する給与、賞与の比率は、ほとんど改善が見られないのが投資銀行のランキングでわかります。
業界全体の投資銀行のランキングのROEは、大きく後退していて、2011年は僅か10.2%にしかすぎません。
投資銀行の中で特に給与が高いのが、ゴールドマン・サックスで、新卒の初任給でも800万~900万+賞与という実態です。

投資銀行の給与ランキング

投資銀行の給与ランキングでは、ゴールドマンが圧倒的で、1年目から年収1,000万円を超えるような給与体系です。
2009年のリーマン・ショックが起こる直前、投資銀行の中で最高の業績を叩き出していたのがゴールドマン・サックスです。
社員の平均ボーナス支給額を7,300万円と公表し、投資銀行として世間を驚かせたことは有名です。
特に給与が高い投資銀行のランキングを見ると、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリル・リンチなどです。
もっとも、こうした投資銀行の企業の採用枠は非常に狭き門となっていて、参入するのは大変です。
投資銀行のランキング上位の会社に入るには、経験や知識、スキル、人格、語学力などを総合的に磨きあげる必要があります。

投資銀行とは

証券取引免許をもつ金融機関のこと

投資銀行とは、証券取引免許をもつ金融機関のことを指しますが、正式なのは、米国のinvestment bankという名称になります、
つまり、一般的に、日本の銀行法の中においては、投資銀行という名称は正式には認可されていません。
日本での投資銀行の業態は、法人向け業務を行う証券会社ということになり、顧客は企業や機関投資家になります。
投資銀行の業務は、資金調達やM&Aのアドバイスを行うことと、株式市場や債券市場で流通する証券を機関投資家向けに売買することにあります。
また、自己勘定のために売買したりするマーケット業務が、投資銀行の主体たる仕事になります。
実際に利益を稼ぐ営業を行う投資銀行の部署をフロントオフィスと呼んでいて、営業をサポートする部署をバックオフィスと呼びます。
但し、銀行とは異なり、投資銀行の場合、預金を集めて企業に貸し付けることはありません。

投資銀行が企業の資金調達を担う

投資銀行が企業の資金調達をする場合、企業が証券を発行して、証券を投資家が購入する仕組みになっています。
証券の発行を投資銀行は業務としていて、新たに発行される証券をプライマリーマーケットと呼びます。
そして、投資銀行では、発行後、流通している証券が売買される市場をセカンダリーマーケットと呼んでいます。
日本で投資銀行が知られるようになったのは、1990年代以降のゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーが有名です。
米系の投資銀行が、高度な金融技術を武器に、合併案件や巨額の資金調達の財務アドバイザーとなったから知名度が上がりました。
日本で投資銀行として活躍していたのが、野村證券、大和証券、日興證券の3つの証券会社です。
これらの会社が投資銀行の業務を担っていたのですが、ほとんどが個人向け有価証券売買の仲買業務でした。

投資銀行は日本では個人向けが多い

投資銀行は、日本では個人向けが多く、法人向けの財務アドバイザリー業務などはあまり行われていませんでした。
その後、資本市場の国際化や規制緩和により、投資銀行は日本でも増え、大和証券SBCMなどができました。
日興證券とトラベラーズグループの合弁による日興ソロモンスミスバーニー証券などの投資銀行もできました。
ホールセール専業の本格的な投資銀行が出現し、2000年には、みずほ証券が法人に特化した営業を行いました。
また、2005年には、三菱証券とUFJつばさ証券が合併した投資銀行、三菱UFJ証券が設立されました。
そして、投資銀行として、独立系の証券会社の東海東京証券がビジネス拡大するなどの動きが見られました。

プルデンシャル生保の商品

プルデンシャル生保は最近話題の外資系保険会社で色々な商品を取り扱っています。

外資系保険会社のなかでも大変人気が高いと評判のプルデンシャル生保は使い勝手の良い保険のようです。

プルデンシャル生保の商品はライフプランナーがその人にあった商品を案内してくれます。

ライフスタイルや今後の人生設計なども聞いたうえでプルデンシャル生保の商品案内を行ってくれるようです。

プルデンシャル生保の商品はまるでオーダーメイドのようだと加入者の大半が感じているとか。

無駄な掛け金や特約などを省くことができるプルデンシャル生保の商品を一度検討してみると良いでしょう。

プルデンシャル生保の商品は生命保険や医療保険など色々なものがあります。

医療保険は怪我や入院などの際に利用できる保険で、プルデンシャル生保でも人気の高い商品のひとつと聞きます。

プルデンシャル生保の医療保険はオーダーメイド感覚の保険なので、使い勝手が良いと評判のようです。

ライフプランナーがその人に合った商品を提供してくれるプルデンシャル生保ならではと言えるかもしれません。

プルデンシャル生保の医療保険では自分に合ったプランに加入する事ができるので無駄もないと聞きます。

不況が続く現在では少しでも無駄を省きたいと考える人が多いので、オーダーメイド感覚のプルデンシャル生保はきっと役に立つ保険となるでしょう。

プルデンシャル生保の商品は外資系保険会社らしく、外貨での保険商品もあると聞きます。

ユーロやアメリカドルなどの外貨で加入することができるプルデンシャル生保は大変便利なようです。

プルデンシャル生保外貨終身保険などを利用すると、一生安心して生活する事ができるかもしれませんね。

万が一の時に大変便利なプルデンシャル生保外貨終身保険は口コミで大評判のようです。

プルデンシャル生保のライフプランナーに相談すると外貨終身保険の詳しい情報なども教えてくれるかもしれませんね。

他にも養老保険や終身保険、定期保険などプルデンシャル生保では色々な保険を取り扱っているようです。

プルデンシャル生保は一生つきあえる保険会社として人気も高いので検討してみると良いでしょう。

サイトではプルデンシャル生保が扱っている各種商品の詳細があるようなので調べてみましょう。

長期積立投資

積立投資をするなら、長期がおすすめといわれていて、それは、誰にでもできて、利益を生む可能性が高いからです。

長期積立投資は、社会の経済成長によって、皆が利益を出せる可能性がある非常に信頼性の高い投資になります。

実に優しい雰囲気があるのが、長期積立投資の魅力であり、一般人や初心者にも受け入れやすい考え方がそこにはあります。

なぜ、長期積立投資が最終的に上手く行くのかは、それなりに色々と要因があり、それについては熟考する必要があります。

結論から言うと、長期積立投資の場合、積立て終了、取り崩し開始の前後数年間〜10数年間のマーケットの影響を受けます。

要するに、積立投資というのは、毎月一定金額の投信を購入する方法で、当初は投資残高が僅少ですが、どんどん増えていきます。

そして、年月の経過とともに長期積立投資を運用していくと、徐々に残高が増えていきます。

 

積立投資は、毎月5万円を積立てた場合で価格変動を無視すると、1年経過後の残高は60万円になります。

そして、2年経過後、長期積立投資は120万円となり、10年経過後は600万、20年経過後は1200万となります。

さらに、長期積立投資は、30年経過後になると、1800万となり、30年間のマーケットの変動が影響を及ぼします。

そして、長期積立投資の運用のパフォーマンスに及ぼす影響は、均等ではなく、後のほうになるほど大きくなる特徴があります。

要するに、長期積立投資の場合、同じ10%の変動でも、1年後は6万、20年後は120万、30年後は180万となるのです。

いわゆる、長期積立投資が抱える問題点は、長くなればなるほど、大きな損益が出るということです。

運用残高が少ない初期の時期のマーケットの変動が、長期積立投資にすることで、膨れあがるわけです。

 

積立投資運用の成否に及ぼす影響は、長期になるほど大きいですが、トータルでみるとそうでもありません。

長期積立投資は、長い目でみるとその損失は大きくなく、20〜30年間のスパンでするのなら、今のパフォーマンスは気にする必要はありません。

利回りが上がれば、長期積立投資の30年後の資産額は大きく上昇することになるので、かなり魅力的です。

これこそが長期積立投資の醍醐味であり、得られる複利効果であり、その数字を根拠に長期投資が提唱されているのです。

国債や定期預金などの確定利回りものは100%なので、早くから長期積立投資をするほど、資産額も増えます。

長期的に株価が低迷して株価が当初より大幅に下落しても、長期積立投資なら利益が出るとも言われています。

複利で増やす積立投資

積立投資というのは、先行き不安な今の世の中、非常に有益な投資手段であり、それは大きな複利を生むからです。

今の時代、資産づくりに興味がある人も多いでしょうが、おすすめなのは、複利のある堅実な積立投資です。

毎月積み立てをするのが積立投資ですが、普通の貯金ではお金が増えず、それは金利がつかない状態で積み立てても意味がないからです。

今の金利は0.02%と非常に低く、利息から税金が引かれずに複利で積立しても有益な積立投資にはなりません。

日本人男性の平均寿命は79歳で、生まれてから積立投資を始めたとしても、生きている間に大きな資産は形成できません。

本来の積立投資は、そうした心配はなく、経済的に安心できる人生を送るために、投資信託が形成されています。

普通預金の0.02%といった金利では単なる積立貯金にしかなりませんが、積立投資の場合、将来的に複利で大きく増やすことができます。

 

積立投資は、ある程度のお金が無いとできないようなイメージがありますが、そんなことはありません。

中には、積立投資をするにあたって、最低でも100万円程度の資金がないとできないと思っている人もいるようです。

しかし、それは誤解で、積立投資というのは、非常に安いお金からスタートして、複利でどんどん増やしていけるのです。

もちろん、積立投資の商品の中には、ある程度まとまった資金が無ければ投資できないものもあります。

しかし、投資信託という積立投資の仕組みを活用すれば、1万円程度からでも簡単に購入することができます。

投資信託で積立投資をしていけば、銀行預金をするのと同じ手軽さで、複利でお金を有意義に増やせるのです。

最近では、投資信託を取り扱っている金融機関も増えていて、積立投資をする人がかなり急増しています。

 

積立投資は、非常に安く始めることができるので人気があり、実際に銀行では小口化を進めています。

中には、月1000円で積立ができるところもあり、積立投資は、誰でも気軽にやり始めることができます。

全世界に投資する投資信託を積立投資で購入すれば、大きな複利を生むことになり、高い数字を目指すことができます。

年利7%が、積立投資の目指すところで、これを複利で運用すれば、個人が資産を作るのに大きな力となります。

複利で積立投資の実績を上げていくには、具体的には、1年間の運用で得られた収益を再投資していくことです。

一定期間の運用で得られた収益を元本に加え、翌年の積立投資を運用することで、大きな複利効果が得られるのです。

積立投資のメリット

積立投資には、様々なメリットがあり、それは、500 円という少額からでも投資ができるところです。

そして、積立投資は、回数を分けて長期運用できるので、買うタイミングの分散ができるメリットもあります。

また、一度はじめたら、自動的に投資を続けられ、少額から投資できる大きなメリットがあります。

少額から投資できるということが、積立投資の最大のメリットであり、投資はお金持ちでないとできない、というイメージを払拭しています。

特に、最近では500円から積立投資ができるようになっていて、これは非常に大きなメリットと言えます。

また、投資信託を使った積立投資がはじめられるサービスも出てきて、様々なメリットが急増しています。

以前は積立投資は1万円からだったことを考えると、利用しやすいよう、メリットが増えているのは事実です。

 

積立投資は、実際、月に500円の積み立てでは、30年間積み立てても、元金は18万円です。

これではリタイヤ後のための資産運用としては心もとなく、積立投資はあまりメリットがないように感じます。

しかし、考え方次第で、月に500 円からできる積立投資は、こづかいで試しにできるというメリットは見逃せません。

要するに、そうしたメリットが積立投資にはあるので、投資をはじめるに当たってのハードルが下がります。

また、積立投資の場合、いくつかの投資信託に分散投資できるメリットがあり、それもかんたんにできます。

毎月2万円しか積み立て予算がない人でも、積立投資であれば、5本の投資信託に分散することも可能です。

そして、積立投資は、1本あたり4,000円ずつにお金を割り振りすることもできるメリットがあります。

 

積立投資は、小口にした分、手数料が高くなるという心配もないので、メリットはたくさんあります。

非常に自由度が高いのが積立投資のメリットで、買いタイミングの分散ができるのが魅力です。

投資家は、どのタイミングでどれだけ購入するかがポイントになりますが、積立投資はメリットが大きいので、参入しやすいです。

投資をするタイミングというのは難しく、そうした時に、一番安い価格で買える積立投資は有利なのです。

タイミングというのは、運用成績を左右する大事な要素ですが、判断が極めてむずかしいので、積立投資はおすすめできます。

メリットの多い積立投資なら安心で、大切な資産を不運というひとことで失敗に終わらせません。