外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。

このチャートには単位となる時間が決められています。

ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。

中でも一番高い値段を高値、そして最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られるものです。

外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。

ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。

ローソク足による外国為替チャートで陰線と言った場合、黒か青で表現されるのが普通で、その時間の値動きが下落方向に向かっていることを示しています。

ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。

細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。

ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、状況が変わってくるので大切です。

ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。

長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。

胴体部分が一本の線になり、十の字のように見える場合、これをコマ足と言います。

このように、外国為替ではチャートを利用して相場の状態を見極めます。

チャートが大事だと言うことがおわかりいただけるかと思います。

テクニカル分析による為替の見通し

どのような見通しが、為替のテクニカル分析によってできるのでしょうか。

いつも為替レートは動いているものですが、どんなふうに将来の値動きを予想したら良いのでしょうか。

テクニカル分析というのは、いくつかある為替相場の見通しを立てる方法のうちの一つです。

テクニカル分析とは、経済指標や各国の金利などは見ないで、これまでの為替相場の値動きから今後の見通しを立てるというものです。

今までの為替の値動きを研究するテクニカル分析では、上昇や下降の兆しをその分析によって読み取ります。

どんなふうに為替が動いたか、バーチャート、ラインチャート、ローソク足などでグラフ化してから検討します。

これからの値動きの見通しを、為替のチャートを分析することで立てていきます。

今まであまり為替取引をしたことがない人でも、値動きを統計学を元にしてグラフ化して読み取っていくので、簡単に相場の予想をすることが可能です。

いろいろとテクニカル分析の方法はあるようで、パターン分析、移動平均線、MACDなどをよく耳にします。

特定のグラフが別のグラフを下から抜いたら買い、上から抜いたら売りというように、誰でも簡単に為替の見通しを立てることができます。

単にテクニカル分析をするために数多くの方法を覚えて、組み合わせればいいというわけではないようです。

いろいろな分析の仕方や考え方を自分のものにするということも不可欠になってきます。

さらにテクニカル分析の方法には、短期の見通しをする時に合っている方法や、長期の見通しを立てることに役立つ分析方法などがあるようです。

為替の見通しの方法を、最初は自分にとって利用しやすいテクニカル分析での探すようにすると良いでしょう。

REITとETF

REITは、ETFとよく間違われますが、その違いは、不動産市況の影響を大きく受けないのがETFです。

ETFは、REITと違い、日経平均株価に連動していて、その点が大きな違いということになります。

REITとETFは、共に、日銀が保有金額を増やせば、それだけ、値上がりが期待できることになります。

不動産の投資信託がREITで、証券取引所に上場していて、株式と同じように売買することができます。

資産運用を運用会社に外部委託しているので、最近ではREITは、日銀の買い入れで大きな注目が集まっています。

そして、政府の金融緩和政策においては、REITのみならず、ETFの買い入れも発表されています。

日銀のREITとETF購入の金額をみると、日銀が買うのは国債だけなのかどうか、疑問を感じます。

 

REITとETFは、株価指数に連動し、これまでも買ってきたのですが、ETFの保有を2.3倍の3.5兆円としています。

そしてREITに関しては、5割増の1700億円に増やすという目標を政府は打ち立てています。

日銀は国債の購入を発表すると共に、同時にREITとETFの購入金額も発表しているので、その動きが注視されています。

そうすると、保有金額がかなり増加するので、REITとETFの市場での動きが非常に注目されています。

日銀のREITの購入金額 が2年で5割増の1700億円 というのはかなり思い切った策と言えるでしょう。

また、ETFの購入金額も 2年で2.3倍の3.5兆円なので、今後益々、REITと共に、ETFも注目されることは間違いありません。

REITとETFの市場規模拡大もさることながら、日銀の購入金額が非常に多くなっていることに注目が集まっています。

 

REITは、ETFのように、日経平均株価の指数には連動していませんが、証券取引所に上場しています。

普通の株式のように売買できるのがREITの魅力で、投資信託会社が投資家からお金を集めて、指数を構成します。

株式のうち一定割合を買って運用するとETFの価値は上がりますが、REITとはまた、その仕組みが違います。

ETFは日経平均株価に連動していて、REITのように不動産市況の影響を受けず、ETFの場合、各種手数料は不要です。

有利な運用成績をあげやすいのがETFで、REITの場合、不動産市況によっては、値下がりすることがよくあります。

もちろん、REITは、不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉になるので、不動産価格が上昇すれば、それだけ価格が値上がる可能性は高くなります。

REITは不動産市況の影響を大きく受けてしまいますが、ETFはそうした心配がほとんどありません。

バイナリー初心者

海外のREIT

REITを詳しくご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

もしかすると、すでにREITに手を出していて、どうすればリスクをコントロールし、利益を手に入れられるのかということを熟知している方もいるかもしれません。

確かに、REIT自体は数年前から日本においてもかなり本格化してきたように思います。

ですが、もしかしたらREITについてほとんど何も知らない、そういう方もいるのではないでしょうか。

私自身、最近知ったばかりですから、えらそうなことは言えないのですが、REITの特徴は、うまく利用すれば安全な投資に役立つものではないかと思います。

もしも興味があるのならば、REITにおいて調べてみるのもいいかも知れません。

すでに詳しい方でも、海外のREITまで完全に把握していない方はいるでしょう。

これからの時代、海外のREITも見逃すことは出来ない、そういっても過言ではないと思えますがどうでしょうか。

 

REITは「不動産投資信託」のことですが、いま、あ〜、と思われた方も少なくないかもしれません。

投資自体に興味はあっても、どの方法がよいのかわからない場合には情報を集めることが一番の解決策です。

REITに関しても調べてみましょう。

REITについて、日本と、海外のそれを比較した場合、どういった違いが生まれてくるのでしょうか。

まずはそういうところから、海外におけるREITについて調べるのもいいかもしれません。

もしかしたらかなり有益な情報が、偶然手に入るという可能性もありえなくはないでしょう。

REITの情報に関しては、人によってかなり有益になるものかもしれません。

知り合いでREITをしているという人がいるなら、情報を共有するのもいいかもしれないでしょう。

REITの情報を共有することで、より有益な選択が出来るかもしれませんから、そのあたりはよく調べあっておくといいでしょう。

 

REITの情報は、様々な方法で手に入ると思います。

特にネット上では、私のようにREITの知識がほとんどないような人間でも、ある程度の基礎知識くらいなら簡単に手に入るでしょう。

そう考えると、REITは手を出しやすい部類に入ると、そう考えられなくもありません。

実際にREITにはそういう側面があるかもしれないでしょう。

ですが、REITにおける一切の責任は、最終的に自分にあるということを忘れるわけにはいきません。

REITを行う際には、やはり正しい決断を行える冷静さを保つことが、まずは何よりも大事なのではないでしょうか。

REITと証券会社

REITにおいて、もっとも重要なのは何かと考えてみたとき、多くの人が資産を今現在よりも多く増やすということを目的としている、そんな風に思います。

いや、REITにそこまでは求めていない、リスクを小さくして、出来るだけ資産を減らさないようにしたいと、そういう人もいるでしょう。

しかしながら、あえてREITという形で、財産の一部を投資にまわすということは、それが増えることを期待しているといえるのではないかと思います。

REITは今までの不動産を証券化した金融商品とは違った、高い流動性を持っていると一般に言われているようですね。

多くの証券会社でも、REITの紹介がされているようなので、いくつか参照してみて、その特性を把握しておきたいところだと思います。

REITは、今後さらに出資者が増える可能性もある、まだまだこれからが期待される投資信託のひとつではないでしょうか。

 

REITを始めるきっかけ、それは人によると思いますが、他に何らかの形で投資をしているという方が始めるということもあるのではないでしょうか。

今までに、REITに興味を持ったことが無いという人でも、始めることを検討してみるだけの魅力があるかもしれません。

資産運用の方法として、REITを見たときにはあることに気がつきます。

例えば株や国債といったものと、REITとの間に存在している相関関係は小さいということです。

つまり、分散して投資するという選択肢も増える、REITに興味が無い人でも、十分に魅力的な部分ではないでしょうか。

REITには、こういった特徴もあるので、単なる投資信託ではなく、まったく新しい投資対象としてみることも出来なくもありませんね。

 

REITを行ううえでは、他に何らかの投資と組み合わせ、リスクを分散させることで、理想的な状況を作ることが可能になるかと思います。

もちろん、まずはREITを始めてみるという考え方も間違ってはいません。

やはり、実際にREITに手を出してみなくては分からないこともたくさんあるでしょうし。

REITについて、まだまだ分からないことは多いと思いますが、そういう方向けの解説などが詳しいページ等もたくさんあります。

それらを参考にしてみるのも、REITの基本知識を集める上では、有効ではないかと思います。

インターネットではREITに関する様々な情報を見つけることができます。

REITのメリットやデメリット、実際に行なっている人のブログなども見ることができるでしょう。

REITと証券会社について知らべることはとても賢明だと言えますね。