外国為替チャートとは

外国為替のチャートというものをご存じでしょうか。

例えばアメリカと日本と言ったように、通貨制度が違っている二国間で代金をやりとりするような場合、現金を直接輸送せずに外国為替という決済方法を使って決済します。

外国為替の取引の際に参考にするのがチャートです。

外国為替取引は、インターネットが広がったことで一般の人の手にも届くようになりました。

このため、取引をする人は増えてきています。

個人投資家の中にも、外国為替取引を通じて投資を行なう人が増えてきています。

こうした為替取引を行なう際に、為替のチャートは必要不可欠なものです。

通貨制度が違っている二国間での取引を処理するために外国為替という方法が用いられますが、為替の決済は刻々と変化する為替レートに基づいて行なわれます。

為替レートがどう動いたかによって、有利にもなれば不利になることもあり得るのです。

刻々と変化する為替レートの動きを時間の経過で区切って、通貨の値動きをグラフに書き表したものが、外国為替チャートと呼ばれるものです。

さまざまな表現方法のある外国為替チャートですが、「ローソク足」と呼ばれるやり方で表現されたグラフが一般的になっています。

「ローソク足」の為替チャートは、通貨の値動きを一目で見て分かるように考案されたもので、使われている記号がローソクの形をしているためにこのように呼ばれています。

為替取引を有利な形で進め、資産を増やして行くには、外国為替のチャートを使いこなせるようになる必要があります。

外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。

このチャートには単位となる時間が決められています。

ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。

中でも一番高い値段を高値、そして最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られるものです。

外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。

ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。

ローソク足による外国為替チャートで陰線と言った場合、黒か青で表現されるのが普通で、その時間の値動きが下落方向に向かっていることを示しています。

ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。

細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。

ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、状況が変わってくるので大切です。

ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。

長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。

胴体部分が一本の線になり、十の字のように見える場合、これをコマ足と言います。

このように、外国為替ではチャートを利用して相場の状態を見極めます。

チャートが大事だと言うことがおわかりいただけるかと思います。

外国為替チャートとローソク足の種類

いくつかの種類があるのが、外国為替チャートのローソク足の特徴です。

とても大事な参考データとして為替取引で利用されるローソク足にはどのようなものがあるのでしょう。

ローソク足というのは、外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が利用するものです。

実際に投資のテクニカル分析をする場合には真っ先に調べるものであるほど、どんな人でも利用するものです。

けっして為替取引をするにあたって損はないので、ローソク足を外国為替チャートにおいて見る方法を学んでおくと良いのではないでしょうか。

1本のローソクで、1日の値動きを示しているのが、日足と呼ばれるローソク足です。

為替の1週間の値動きを表したものがローソク足の週足で、1ヶ月のものが月足、1年分の値動きを表しているのが年足と呼ばれるものです。

どのローソク足の種類を使った外国為替チャートが良いのかは、取引の内容によって違うようです。

外国為替取引が長期や中期型ならば、日足や週足、または月足が適しています。

分刻みの値動きを表したものが他にもあり、1分足や5分足、15分足、30分足といったものがあるそうです。

短期トレードと言われるデイトレードやスウィングトレードなどにピッタリなのが、短いスパンのチャートです。

さまざまな種類の外国為替チャートのローソク足がありますが、為替取引をするためには、基本的な値動きをしっかりりと読み取れるようになることが重要です。

テクニカル分析による為替の見通し

どのような見通しが、為替のテクニカル分析によってできるのでしょうか。

いつも為替レートは動いているものですが、どんなふうに将来の値動きを予想したら良いのでしょうか。

テクニカル分析というのは、いくつかある為替相場の見通しを立てる方法のうちの一つです。

テクニカル分析とは、経済指標や各国の金利などは見ないで、これまでの為替相場の値動きから今後の見通しを立てるというものです。

今までの為替の値動きを研究するテクニカル分析では、上昇や下降の兆しをその分析によって読み取ります。

どんなふうに為替が動いたか、バーチャート、ラインチャート、ローソク足などでグラフ化してから検討します。

これからの値動きの見通しを、為替のチャートを分析することで立てていきます。

今まであまり為替取引をしたことがない人でも、値動きを統計学を元にしてグラフ化して読み取っていくので、簡単に相場の予想をすることが可能です。

いろいろとテクニカル分析の方法はあるようで、パターン分析、移動平均線、MACDなどをよく耳にします。

特定のグラフが別のグラフを下から抜いたら買い、上から抜いたら売りというように、誰でも簡単に為替の見通しを立てることができます。

単にテクニカル分析をするために数多くの方法を覚えて、組み合わせればいいというわけではないようです。

いろいろな分析の仕方や考え方を自分のものにするということも不可欠になってきます。

さらにテクニカル分析の方法には、短期の見通しをする時に合っている方法や、長期の見通しを立てることに役立つ分析方法などがあるようです。

為替の見通しの方法を、最初は自分にとって利用しやすいテクニカル分析での探すようにすると良いでしょう。

REITとETF

REITは、ETFとよく間違われますが、その違いは、不動産市況の影響を大きく受けないのがETFです。

ETFは、REITと違い、日経平均株価に連動していて、その点が大きな違いということになります。

REITとETFは、共に、日銀が保有金額を増やせば、それだけ、値上がりが期待できることになります。

不動産の投資信託がREITで、証券取引所に上場していて、株式と同じように売買することができます。

資産運用を運用会社に外部委託しているので、最近ではREITは、日銀の買い入れで大きな注目が集まっています。

そして、政府の金融緩和政策においては、REITのみならず、ETFの買い入れも発表されています。

日銀のREITとETF購入の金額をみると、日銀が買うのは国債だけなのかどうか、疑問を感じます。

 

REITとETFは、株価指数に連動し、これまでも買ってきたのですが、ETFの保有を2.3倍の3.5兆円としています。

そしてREITに関しては、5割増の1700億円に増やすという目標を政府は打ち立てています。

日銀は国債の購入を発表すると共に、同時にREITとETFの購入金額も発表しているので、その動きが注視されています。

そうすると、保有金額がかなり増加するので、REITとETFの市場での動きが非常に注目されています。

日銀のREITの購入金額 が2年で5割増の1700億円 というのはかなり思い切った策と言えるでしょう。

また、ETFの購入金額も 2年で2.3倍の3.5兆円なので、今後益々、REITと共に、ETFも注目されることは間違いありません。

REITとETFの市場規模拡大もさることながら、日銀の購入金額が非常に多くなっていることに注目が集まっています。

 

REITは、ETFのように、日経平均株価の指数には連動していませんが、証券取引所に上場しています。

普通の株式のように売買できるのがREITの魅力で、投資信託会社が投資家からお金を集めて、指数を構成します。

株式のうち一定割合を買って運用するとETFの価値は上がりますが、REITとはまた、その仕組みが違います。

ETFは日経平均株価に連動していて、REITのように不動産市況の影響を受けず、ETFの場合、各種手数料は不要です。

有利な運用成績をあげやすいのがETFで、REITの場合、不動産市況によっては、値下がりすることがよくあります。

もちろん、REITは、不動産の売却益や賃料収入が利益の源泉になるので、不動産価格が上昇すれば、それだけ価格が値上がる可能性は高くなります。

REITは不動産市況の影響を大きく受けてしまいますが、ETFはそうした心配がほとんどありません。

バイナリー初心者

REITチャート

REITを長期チャートで保有する場合、分配金で収益を得るか、株価が安い時期で購入して高くなってきた時に売却することです。

長期チャートで保有することでREITは、メリットが生かすことができますが、株価の市場の動きには注意しなければなりません。

大幅な下げがあるのがREITなので、日頃からチャートをしっかりと見ていかなくてはなりません。

下げの理由は、某投資法人が十分な審査をしていない不動産を取得したということでREITの下落に端を発しています。

は安全という思い込みは、REITのマイナスのニュースを呼びこむことになり、結果、売りが進んでしまいます。

投資家はREITのメリットばかりに捉われるのではなく、常にチャートを見ながらリスクを配慮しなければなりません。

しっかりチャートに留意して、できるだけ長期投資でREITに取り組んでいくのが、望ましい方法になります。

 

REITを長期チャートで取り組むなら、投資法人の経営状態や、投資対象の不動産が優良であるかをよく調べなければなりません。

そして、過去の分配金の利回りや予定分配金なども、REITをするにあたって、よく調べて色々と判断しなければなりません。

そして、株価ができるだけ安い時に購入したいと考えるのが投資家心理なので、REITをする際は、権利落ちの時期を調べておくことです。

決算告示の後などは投資家の売りが進むので、その時期にチャートなどから判断して、REITの購入時期を計ることです。

利回りの推移もREITの長期投資に影響が出るので、利回りが今後上回るのか、維持できるのかをチャートで判断しなければなりません。

長期保有していく上でチャートは投資判断の基準になるので、REITをする上で重要な指標になります。

株価が上昇すれば、利回りは下がるので、チャートでよく判断して、REITから他の投資法人への乗り換えも検討すべきです。

 

REITは、指数を見るとわかりやすく、東証市場に上場する不動産投資信託全銘柄を対象とした時価総額加重型の株価指数を指します。

東証REIT指数の長期チャートを見れば、指数の動きが手にとるようによくわかるので便利です。

東証REIT指数の長期チャートは、一時期相当な含み損を抱え込んでいたのですが、最近では5年前と同じ水準になっています。

今は、売るのであれば、REITからというくらいの過熱ぶりで、これはチャートを見ればすぐにわかります。

REITのチャートは、リアルタイムで更新されるようになっていて、最新の指数を反映したものとなっています。

チャートの推移をみると、REITは、サブプライムローンの破綻の影響による不動産価格の下落影響を大きく受けています。

バイナリー初心者

REITの今後

REITは、不動産投資法人が投資家から集めた資金により、複数の不動産を購入して運用する投資手段です。

賃料収入や物件の売却益を投資家に分配金として配分する仕組みが、REITにはしっかり構築されています。

株式に例えると、REITでは、株価にあたるのが投資口価格で、配当金にあたるのが分配金ということになります。

つまり、REITへ投資するということは、投資口価格の上昇による売買差益と分配金の両方が期待できるわけです。

REITがなぜ注目されているのかというと、分配金利回りが非常に高いからで、今後益々注目は高まることでしょう。

また、管理費用などの経費を除いた収益の9割超を分配すると、REITの場合、法人税が課税されません。

制度上の特典が認められているREITは、今後、多くの人に注目されることになるのは必至と言われています。

 

REITは、通常、半年ごとの決算で収益の大半が分配金に回されるので、分配金利回りが非常に高くなる傾向にあります。

日本においても、REITは、東京証券取引所に39銘柄が上場していて、今後は更に増えると見込まれています。

全体の値動きを示す東証REIT指数も順調な推移で、1年間で約34%の上昇を見せていて、今後の動きが注視されています。

最近では、REITは、3カ月で約53%も上昇したことになり、リーマン・ショック以降、低迷を続けていた相場が一気に上昇に転じています。

これは、需給関係の改善が効を奏していて、REITは、今後さらに大きく発展していくことが期待されています。

オフィス2012年問題に端を発し、大量供給が一巡したところで下落基調が続いていたことで、REITが注目され始めました。

オフィス稼動率に底入れ感が広がり、東日本大震災を契機に、オフィスの移転ニーズが高まったことでREITが注目されました。

 

REITは、アベノミクスによる心理的効果も加わったことで、今後の動きが見守られています。

安倍政権が目指す脱デフレは、不動産価格の賃料相場の将来的な上昇を連想させるので、今後のREITに期待がかかります。

日銀が金融緩和の一環として、市場からREITの買い入れを継続しそうなことも、今後の期待感を高めています。

また、円安が進む中、海外からみた日本の不動産価格に割安感が出てきたことから、海外投資家からのREIT購入も増えています。

今後はREITについては、利回り面での投資妙味をいかに保てるかが、ポイントになるでしょう。

しかし、REITの分配金利回りは低下傾向にあるので、慎重に今後の動向を推察していかなくてはなりません。

バイナリー初心者


REITでオーストラリアに注目

REITの幅広い柔軟性には、まだまだ可能性がいくつも秘められている可能性があるようにも思えます。

国内のREITだけではなく、海外へと目を向けていくことで手に入れられる情報は非常に多いのではないでしょうか。

たとえば、海外のREITであれば、どこがお勧めとなるのか、考えてみるのもなかなか悪くありません。

これからの成長に期待できるという意味では、オーストラリアのREITなんてどうでしょうか。

海外のREITには、まだまだ分からない部分が多いですが、そこは情報を集めることで補っていくことが出来ると思います。

大事なのはREITにおいて、いわゆる可能性を限定せずに、より利益を生む可能性があるならば、海外へも目を向けることも考えるということです。

その柔軟性が、REITにおいてもよい結果を生むためのひとつの方向性ではないでしょうか。

もちろんオーストラリアのREITについて、さらに詳しく調べることも考えていきましょう。

 

REITにおいて、もはや国境は関係ないとすらいえます。

もはや、世界中の情報が行き来するこの時代、少なくともREITにおいて、国家の同士の壁は意図も簡単に乗り越えられるでしょう。

それが利益を生むのならば、あえて壁を越えていくということもREITにおいて必要なことではないかと思います。

オーストラリアのREITの特徴とは、一体何なのでしょうか。

日本との違い、あるいは類似しているところについても、よくよく調べていくことが必要になるのかもしれません。

REITは不動産投資信託のことですから、オーストラリアという国、そして土地についてもよく知っておくべきでしょう。

南半球にある、カンガルーやコアラがいる国、という情報だけでオーストラリアのREITに手を出すのはお勧めできません。

 

REITについては、まだまだ研究を重ねていく価値があると思いますし、検討の途中にあります。

オーストラリアのREITに関してもいうまでも無く、非常に未知な部分が大きいので、さらに詳しい情報を知りたいと思うところでしょう。

よりREITに関する情報を集めていく上では、ネット上の情報はもちろん有効だと思います。

また、書籍などでもREITに関して詳しく書かれているものであれば、教科書的な意味合いで一冊手元においておきたいですね。

REITをより深く知ることで、自分の資産を守ったり増やしたりすることの助けになればいいですから、これからもさらに研究を重ねると思います。

オーストラリアのREITについても、もっと詳しく知る方法を探してみるべきでしょうね。

バイナリー初心者


REITと時価総額

REITには、様々なデーターが絡んでくるため、初めての投資に選んだ方にとっては、戸惑うこともあるかもしれません。

REITは不動産投資信託です。

時価総額などの数字とにらめっこしながら、銘柄を見つめ続ける日々も続くと、不動産投資に対して不安などを感じてしまうことがあるかもしれないと思います。

しかし実際にREITを行うにあたっては、その感覚こそが大事なのではないか。

REITに限らず、あらゆる、投資と名のつくものに対して、そういうことが言えるのではないかと思います。

不動産等信託を行ううえでも、そういう、一種の謙虚さ、あるいは臆病さと呼ばれるものは持っていたほうがいいのではないでしょうか。

確かにデーターを分析したりして、REITで利益を得ることが出来るようにしやすくすることは出来るでしょう。

REITが成功し続けるということもありえない話ではありません。

ですが、どれだけREITによって利益を得ることがあったとしても、それによって暴走することは防がねばならないと思います。

 

REITに限った話ではありませんが、リスクをコントロールすることは大事です。

そして、唯一それだけが、誰にでも出来てもっとも有効な資産を守る方法であるからこそ、REITでもそれを忘れることはあってはならないでしょう。

REITで失敗するという可能性も、常に意識し続けることで、限りなく正しい、冷静な判断というものがはじめて可能になるのではないでしょうか。

あるいは、REITにおけるもっとも重要なところは、そういうところに隠れているような気もしますね。

REITについて、まだまだ私自身が把握できていない部分も多々あるような気がしていました。

今後REITを続ける以上、分からないこと、不安なことにこそ焦点を合わせていくことも必要になっていくに違いないと思います。

 

REITについて、更なる安定した利益を得ていくために、出来ることはいくつもあるでしょう。

もちろん、REITに関する情報をこのように集めることもそのひとつです。

また、今まで行ってきた投資との違い、あるいは共通する点をREITから見つけ出すのも有意義かも知れません。

REITを、分散投資のひとつとして組み込むことで、運用におけるリスクをコントロールすることも可能でしょう。

今後も期待が持てるREITを、これからも研究してみようと思います。

投資には情報収集が第一歩ですから、インターネットでREITについて調べてみましょう。

オプション取引きの方法

オプション取引きはいくつかの制限などがあるのですが、普通の株取引よりも比較してみたのであれば、自由に戦略が立てられることがわかってくるそうです。

自分が持っているさまざまな原資産があってこそ、オプション取引きというものは成立することが必要になってくるのです。

そこで原資産で何を使ってオプション取引きを開始するのかということをきちんとと理解できるようになってきますと、さらに利益を生み出す方法がわかってきます。

ですからオプション取引きの方法は、といいますと、まずは自分の扱える原資産を知ること、ルールを知ることになります。

このオプション取引きのルールを完璧に知るまでには個人差はあるようなのですが、大まかなルールを覚えられたならば簡単に理解できるようです。

オプション取引きというと非常に難しいように考えてしまうという方も決して少なくはないのですが、これは大きな誤解かもしれません。

つまり原資産があって、それが自由に使えることを前条件として、ルールをマスターしていったのであれば簡単に行えるそうなのがオプション取引きです。

オプション取引きについての方法を調べる際にはコール・オプション、プット・オプションを知っておく必要が出てきます。

このオプション取引きにおけるコール・オプションとプット・オプションにはそれぞれ「買い」と「売り」があります。

このオプション取引きの中にある4つの「買い」と「売り」をきちんと踏まえて、ルールを学んでおいたならば、かなりわかりやすくなってきます。

そのためにオプション取引きの方法を理解するためには、この4つに分けられている「買い」と「売り」というものがわからないとなかなか理解することができません。

この4つの「買い」と「売り」を理解しないままに開始してしまうと、実はオプション取引きでの戦略が立てにくくなり、難しくなってしまうのです。

まず前提として自由に扱える原資産をお持ちで、それから「買い」と「売り」を理解していたのであればオプション取引きで利益があげられるはずです。

サイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、オプション取引きの方法を調べてみましょう。

なかなか最初のうちには混乱してしまうことも少なくはないのですが、ルールがつかめてくれば方法もわかってくるのがオプション取引きです。

オプション取引きの方法を調べていったのであれば、整理しながらルールを覚えていったのであればうまくマスターできるはずです。

先にオプション取引きの方法だけを調べていってしまったのであれば、最初はうまくいくかもしれませんが、次第に混乱してしまうかもしれません。

先にオプション取引きの大まかなルールや「買い」と「売り」を覚えておいたのであったならば、混乱せずに済みます。

そこでオプション取引きを開始する前に、おおまかなルールを把握していたのであるならば、失敗しながら利益を徐々に上げるということになりません。

おおまかなルールと「買い」と「売り」を知識として持っていたのであるならば、決して難しくない方法であるのがオプション取引きです。