不動産担保ローンとは

不動産を担保とするローンがあります。

ローンには色々な商品が存在し、借り方や用途によって違うローンを数多くの人が巧みに使っています。

中でも不動産担保ローンはより多くの金額を、まとめて借り入れしたいときとても便利です。

不動産担保ローンとは、土地及び家などの定着物を担保に入れてローン融資を受けるというタイプのものです。

融資の際に担保を用意しないローンもありますが、こちらは金利が高く短期の融資になりがちです。

目的を限定せずに金銭の借り入れが可能なので、マイカーローンや住宅ローンと異なり何にでも使えます。

不動産担保ローンでは持っている不動産の評価にもよりますが、100万円単位の金額から1億円以上まで幅広い範囲で借り入れが可能なことが多いようです。

金利5%~10%くらいでの貸付が、不動産担保ローンではよくあります。

不動産担保ローンの利息は、よくある無担保ローンよりは金利条件が良く、借りやすくなっています。

不動産を担保にすることが借入時の契約内容に含まれますので、不動産担保ローンで借りたお金が返せなければ担保となった不動産は競売行きです。

根抵当権、抵当権、質権といった担保の内容に応じて債権者が持つ権利は変わります。

どういった条件でお金を借り、返済をするのか、不動産担保ローンでは内容を吟味することが欠かせません。

不動産をローンで購入する

不動産にはローンがつきものです。

住む家は賃貸派でしょうか、購入派でしょうか。

賃貸にも持ち家にも長所と短所があり、意見も分かれるところですが。

貸し家住まいから一戸建て保有者になりたいという方もたくさんいます。

住宅ローンは、住む家を買いたいけれど自己資金では足りないという人が利用します。

目的型ローンの1つである住宅ローンは、融資金の使途が済むための土地や建物を買うことに限定されています。

使途が限定されている分、金利が低いのが最大の特徴です。

住宅ローンは借りる人の職業や収入、購入する不動産の価格により借りられる金額が変わってきます。

最長35年までローンが組めることが多いようです。

まとまった資金がない人も、月々の返済は、比較的無理がなく計画的に支払っていくことができます。

現在、ほとんどの人が住居の購入では住宅ローンを利用しています。

住宅ローンを使わずに土地や建物を買えるという人はごく一部でしょう。

頭金さえ用意できれば、ローンで憧れのマイホームを買うことができるのです。

土地は資産運用をしたくて手に入れるという人もいますが、これは土地が投資に使えるためです。

借金をしている気がするからとローンを敬遠する人もいますが、最近のローンは色々な仕組みがあり、賢くお金が使えるツールでもあります。

不動産や車といった高価な買い物をする時は、金利や完済までの期間、総返済額をよく計算して、自分にとって使いやすくお得なローンを選びたいものです。