こくみん共済の資料請求

こくみん共済と言えば、全労済の出している生命保険みたいなものだと思うのですが、実は昨夜、居間の片隅で、その資料というのを見付けたんですよ。

どうやら、妻が全労済のホームページからダウンロードしたこくみん共済の資料みたいです。

もしかして、私に更なる保険を掛けようと思っているのだろうか、たちまち不安になりましたよ。

まあこくみん共済に対する興味本位で資料を取り寄せただけならいいんですけどね。

実はこの間受けた会社の健康診断の結果が少々問題ありきだったので、計算高い妻のやりそうな事だとは思いました。

恐らく、今入っている生命保険をやめて、こくみん共済に乗り換えるという形は考えていないと思います。

多分、今の保険にプラスして、万が一の時には、たっぷりの保険金を受け取るつもりなんですよ、きっとね。

それに、こくみん共済は思いの外、医療保障が手堅いではありませんか。

これなら、私が倒れても、まず家族が路頭に迷う心配はないだろうし、自分自身も手厚く闘病させてもらえそうです。

と、こくみん共済の資料を見て、ホッとしている場合ではありませんよねぇ。

 

こくみん共済は月々の掛け金が驚くほど安いので、別に1つ増やしたからと言って、私の小遣いが減らされる心配はなさそうです。

まあ、この掛け金でこれだけの保障があるのは、流石はこくみん共済と言ったところでしょうか。

今入っている生命保険と合算すれば、1日の入院給付金はかなりの高額になります。

ただ、前に会社の先輩から聞いた事があるのですが、こくみん共済は満60歳を過ぎると、一気に保障が手薄くなるそうですね。

という事は、現役時代に倒れて、天国へ旅立つなら、とっとと旅立っちゃわないと、意味がない訳ですよ。

妻がそこまで考えて、あのこくみん共済の資料を取り寄せたのかどうかは定かではありませんよ。

だけど、ああいうのを見せつけられると、やっぱちょっと深刻にはなってしまいますよねぇ。

なるべくならお世話になりたくはないけど、あれば安心、それがこくみん共済なのではないかと思ってしまいました。

 

こくみん共済については、正直、これまで全く興味も関心もなかったのですが、何故か急に気になり始めました。

本当なら一家の大黒柱としては、もっと早くにこくみん共済をはじめ、自分の加入している保険についても、理解しておくべきだったのかなぁ。

今宵は一人で水割りを飲みながら、そう考え、このブログを書いています。

勿論、こくみん共済の資料を見てしまった事、妻にはまだ話していませんよ。

どうせいつまでも内緒にしている訳にはいかないでしょうから、いつ、どんな顔して向こうが切り出してくるか、少々楽しみにしています。

で、その時、細かい事を追求したり、指摘したり出来るように、こくみん共済について、少し勉強してみたいなぁっと思っているところです。

素人にもよく分かるように説明してくれているブログやサイトも多いですし、Q&A方式で展開している記事も少なくありません。

秋の夜長、こくみん共済という新たな勉強課題が見付かって、今はちょっとわくわくモードです。

こくみん共済の医療保険

こくみん共済の医療保険は、昔は余り評判が良くなかったようですが、最近はいろいろと変わり、そうでもなくなって来たと聞きました。

以前は、こくみん共済は掛け金の安さだけが唯一のメリットだと言い切る人も結構いましたよね。

それに、子供や高齢者に対する保証が低いとか、何かと大ざっぱで、いかにもお役所仕事だという声を耳にした事もあります。

ですが、数年前の保険法の改定に伴って、こくみん共済も全般的に見直されたという噂があります。

シニアやキッズを対象とした商品も県民共済に負けない位充実されたと言うではありませんか。

そんなこくみん共済の医療保険の実態、なんだかすごく気になるんですよね。

今は民間の外資系保険会社の生命保険と損害保険に入っているのですが、正直、いつ会社がなくなるか解らない状態じゃないですか。

とは言え、国内の大手保険会社の保険は掛け金が高額で、毎月支払うのは大変だし、取り敢えず、今の保険の補助としてこくみん共済に加入しようかなぁっと思っています。

 

こくみん共済はとにかくリーズナブルだし、増やしたからといってすぐさま家計が圧迫されるという事はありません。

それに、ちらっとこくみん共済のパンフレットを見たところ、それほど悪くはなさそうだったんですよね。

多くの人が言われるように、民間の保険に比べると、遥かに補償額が低いのは事実です。

でも、それは、こくみん共済の掛け金を考えれば、当たり前の事だと思いますよ。

恐らく一般の保険でも、月々の掛け金が同等であれば、あのレベルの保証をするのが精一杯なのではないでしょうか。

いえいえ、民間の保険会社は、こくみん共済とは異なり、営利目的で商品を販売している訳ですから、もっと雑に扱われるかも知れません。

助け合いの精神なんて持ち合わせていないだろうし、思いやりというのもビジネス用語にすぎないと思っているセールスも少なくないからです。

そう思うと、組合員同士の努力で成り立っているこくみん共済は、ホントすごいですよね。

 

こくみん共済は全国労働者生活協同組合連合というところが母体になって維持されているものですが、勿論勤労者でなくても加入出来ます。

ただし、こくみん共済に入るためには、まずその全労済の組合員になる必要があって、その際、1,000円の出資金というのが必要になるそうです。

これは県民共済でも同じで、ようするに加盟する団体が異なるだけなんですよね。

従って、こくみん共済も県民共済も、今はそれほど大きな差はないような気はします。

ただ、どうなんだろう、より地元密着型の県民共済の方が、やはりスタッフとの人間関係みたいなものはいいのかなぁ。

その辺も含めて、今はこくみん共済についての細かい情報が少しでも沢山欲しいと思っています。

保険に関する事は、金融関連のブログやサイトがとてもいい参考になると友達から教わり、少しずつ読んでいるところです。

正直、こくみん共済のメリットよりもデメリットの方が目立つような気もしますが、それもまた大切な情報ですよね。

悪い部分をしっかりと把握してからいい部分をみると、そのバランスがうまく判断出来ます。

我が家の医療保険が、こくみん共済に変わるかどうか、自分でも好ご期待です。

まあすぐには変わるという事はないだろうけど、加わる可能性は大かなぁ。

安心を一回り大きくするつもりでこくみん共済の医療保険に加入してもいいかなぁっとかんがえていますからね。

こくみん共済の自動車保険

こくみん共済は医療保険が主流みたいな感じもしますが、損害保険も結構ポイントは高いんですよね。

こくみん共済の自動車保険、正式名称は「全労済のマイカー共済 自動車総合保障共済」。

ああ、なんて長い名前なんでしょう、こんな長ったらしい商品名、そう頻繁に使えませんよね。

そこで、一般的にはこくみん共済の自動車保険で通用しているようです。

まあ、当たり前と言えば当たり前ですよね、どこの会社のマイカー保険もそうですから。

で、今、我が家で問題視されているのは、このこくみん共済の自動車保険がいいのか悪いのかという事です。

当然金融商品ですから、それなりのメリットとデメリットはあると思います。

これは、こくみん共済に限った事ではなく、民間の保険会社の損保や生保でも同じ事ですよね。

ですから、一番肝心なのは、いざと言う時の保証や対応です。

民間の保険会社とは異なり、こくみん共済は組合員同士の互いの助け合い精神に基づいて成り立っています。

営利目的ではないので、掛け金が安い訳ですが、その分、専門的な面での不安が伴うのが本音なのではないでしょうか。

今流行の、事故時の対応や処理をサポートしてくれるというサービスがこくみん共済にはない、そんなデメリットがあるような気がするんですよね。

 

こくみん共済について、もっともっと詳しく調べて行けば、そうしたメリットとデメリットは判明してくるだろうとは思います。

ただ、こくみん共済のシステム上から判断すると、私自身はそんな風なイメージが大きくて、これまでずっと拒否してきたのは事実です。

されど、掛け金だけを見ると、やっぱ心は動かされちゃいますよねぇ。

月々の掛け金が1,000円代というのは、流石はこくみん共済と言った感じ、かなりすごい事でしょう。

今の外資系の保険会社に変えた時も、結構感動したけど、これはそれ以上の安さです。

それでも、他のこくみん共済に比べると、自動車保険は割といい値段ですよね。

はっきり言って、生命保険と大して変わらない値段ですから、その辺りは民間と似たようなものだと言えるかも知れません。

その代わりに、他の様々なこくみん共済とは保証の手厚さが違います。

 

こくみん共済の医療保険や火災保険は、民間と比べて、やはり補償額が低い事が一目で分かります。

ところが、このこくみん共済の自動車保険に関してだけは、他と比較しても、それほど大きな差がないように見えます。

勿論対人・対物無制限だし、人身傷害の保証や見舞金も付いています。

取り敢えず、掛け金と金額的な保証とのバランスは、まずまず、これが私のこくみん共済の自動車保険に対する第一印象でした。

それに、全労済の組合員になると、特約先の自動車整備工場で、車検や点検をお得に受けられるサービスもあるんですよね。

ただし、これは無理に自動車保険に加入しなくても、他のこくみん共済に入っていれば使えるようだけど・・・。

まあとにかく、一度じっくり調べて見る価値がある事だけは確かなようです。

こくみん共済に関する情報は、保険関連のブログやサイトでいくらでも集める事が出来ます。

勿論他の共済や民間の保険とこくみん共済との比較も十分可能ですから、自分でシュミレーションを組んでみても面白いだろうなぁっと思っています。

こくみん共済のブライダルサービス

こくみん共済に加入するという事は、運営している全労済に加入するという事ですよね。

こくみん共済も県民共済も、保険としてのシステムや特約はそれほど大きな差がないと聞きました。

だとしたら、やはり連合会の会員としてのメリットも同等なのでしょうか。

例えば、こくみん共済の加入者には、全国の飲食店やホテルなどでの割引サービスがあるみたいな感じの。

ほら、都民共済や県民共済の場合、そうした娯楽関連や冠婚葬祭のお得な特典がいろいろ付いているじゃないですか。

ただ、県民共済や都民共済だと、どうしても地域が限定されてしまうけど、こくみん共済なら、全国区でしょ。

もし、東京で加入していても、大阪のホテルやレストランで使えるかもしれないなぁっとおもってね。

結婚が決まったとたん、なんだか急にこくみん共済に興味が湧いて来ちゃったんですよ。

一応来年の夏休み位に結婚式を挙げようかなぁっと思っているので、今から加入しておくのもありかなぁっと思ってね。

どうせ、家族を持つんだから、責任も重たくなるし、こくみん共済そのものの必要性も出て来るというものですしね。

 

こくみん共済は全国共通のようにも見えますが、どこの都道府県で加入するかによって、多少は得点が変わってくるようですね。

例えば、愛知県の全労済だと、ハートフルカードなるものを発行していて、こくみん共済以外にも、様々なメリットを謳っています。

エステや美容院などの割引も結構あるから、ブライダル前の女性には、超有り難いかも。

勿論、都民共済と同様に、こくみん共済による、ブライダルの斡旋や割引なども受けられます。

まさに最初から最後まで宇ウエディングをサポートしてくれるっていう感じ。

ただ、他の地域のこくみん共済の紹介全てに同じような事が載っているかというと、これがそうでもないんですよね。

飲食や健康に関するメリットは沢山あるんだけど、ブライダルが書いてないところもあります。

と言う事は、こくみん共済に加入しているからと言って、全国ネットで同じ恩恵を被れるとは限っていないのでしょうか。

 

こくみん共済も県民共済も似たようなものなんだから、きっとこくみん共済にも、冠婚葬祭のサポートサービスはあるでしょう。

それも、地域に関わらず、どこのこくみん共済でも同じだと思うわよっと母は言います。

実は、彼の実家が大阪で、結婚式は是非大阪で挙げたいというのが、彼の唯一の希望なんです。

だから、都民共済じゃなくて、こくみん共済に目を付けたという訳です。

実家にいらっしゃる年老いたおじいちゃん・おばあちゃんにも、是非出席してもらいたいという彼の気持ち、大事にして上げたいじゃないですか。

うまくいけば、結婚前から結婚後まで、ずっと上手に活用出来るかも知れないこくみん共済。

私も母の言う通りだろうとは思うのですが、やはり、明確な情報が少ないと、不安になるのが本音です。

当然、自分自身のこくみん共済に関する情報収集が下手ッピだけなのかも知れませんけどね。

そう思って、最近は、人様の書かれたブログやサイトをあれこれ読んでいます。

不器用な私なんかと違って、皆さん本当に上手にこくみん共済について調べていらっしゃいますね。

私も、そんなブログやサイトを参考にさせていただきながら、負けないように、頑張ってこくみん共済について、お勉強したいと思っています。

こくみん共済の火災保険

こくみん共済には地震保険がないと思っていたのですが、地震災害をサポートしてくれる商品があったんですね。

全労済が出しているこくみん共済の自然災害補償付火災共済、それこそが、一般の損保の地震保険に当たる部分です。

勿論、自然災害補償付火災共済という位で、地震だけではありませんよ。

それこそ、地震・雷・火事・親父、まあ親父は入っていないけど、こくみん共済の火災保険は1つの特約で、様々な災害時に家や家財道具の保証をしてくれます。

火山の噴火や台風、竜巻、津波などの被害を受けても保険金が降りるみたいです。

それに、こくみん共済の火災保険には、大屋さんへの賠償保証があるのも、賃貸住まいの我が家には、嬉しい得点と言えるでしょうね。

あっ、そうそう、何故か、盗難という項目も含まれているのですが、盗難って、自然災害に当たるのかなぁ。

まあとにかく、そんなこくみん共済の火災保険あれこれ、調べてみる価値は十二分にあるのではないでしょうか。

 

こくみん共済にもともとある火災保険に、自然災害補償を付けた自然災害補償付火災共済。

勿論こくみん共済なので、いくら特約をあれこれ付けても、掛け金はとてもリーズナブルですよね。

マンション暮らしの我が家の場合だと、年間で1,000円から2,000円と言ったところでしょうか。

民間の損害保険に比べて、こくみん共済の場合だと、1割位の価格で済みます。

月々缶コーヒー1本程度というこのお値段は、若いファミリーにはとても有り難い部分でしょうね。

ただし、補償額はそれほど大きくはないので、実際問題、こくみん共済オンリーで復興を遂げるのは難しいかも知れません。

なので、外資系の安い損保と併用して加入している人も多い用です。

掛け金の非常に安いこくみん共済ならではの、保険の保険という使い方ですね。

ほら、最近はよく部屋を借りる時に、強制的に損害保険に入れられるじゃないですか。

だから、それプラス、こくみん共済という方式を取っているお宅も結構あるんですよね。

いざと言う時、お金はいくらあっても足りないものですから、私はすごくいい考え方だなぁっとは思います。

まあ、こくみん共済は、ワンルームに住む独身のOLやサラリーマン、学生さんだって、十分払える金額であるのは確かです。

 

こくみん共済の火災保険には、上の階からの水漏れに対する保証や、車が自宅に飛び込んで来た時の保証も含まれていますから、集合でも一戸建てでも安心。

実はうちの実家もこくみん共済の火災保険に入っているんですけど、自然災害補償の特約は付けていないんですよね。

うちの近所には海も山もないから、よくありそうな家事と落雷と交通事故の補償をしてくれる火災保険だけで十分だろうと母は言うんですよ。

だけど、こくみん共済の自然災害補償に謳われている、風雨害は、結構ポイントが高いですよ。

何しろ、最近は台風以外の大雨や竜巻などによる被害が相次いでいますからね。

それこそ、何が起こるか判らない世の中、年間500円程度の掛け金で済むこくみん共済の自然災害補償を無視するのは、とてももったいない話でしょう。

うちの母親を見ていると、そこまで節約志向にならなくてもいいんじゃないのって言いたくなるのですが、皆さんはどう思われますか。

こくみん共済の自然災害補償付火災共済については、ブログやサイトでも多数取り上げられているので、一度じっくり読んでみたいと、私は思っています。

こくみん共済のメリットとデメリット

こくみん共済は保険だと思っている人が多いようですが、実は保険ではありません。

こくみん共済はその字の通り、例え生保であっても損保であっても保険ではなくて共済です。

だから、正式には医療共済、火災共済、マイカー共済などと言います。

ここが一般の保険会社が出している生命保険や損害保険と、こくみん共済との最大の違いと言えるでしょうね。

つまり、助け合いの精神で生まれた制度であって、互いが必要以上の営利を求めない、これが基本です。

なので、こくみん共済の最大のメリットは掛け金が安いのにも関わらず、そこそこの保証が受けられるところですよね。

ただし、それは殆どの場合、最低限の補償額と思った方がいいでしょう。

その保証の低さが、こくみん共済の大きなデメリットです。

だけど、月々の掛け金から割り出すと、そんなものだと私は思いますね。

寧ろ、最も家計の苦しい世代のファミリーにとって、こくみん共済の掛け金と保証のバランスは、かなり魅力的なのではないでしょうか。

 

こくみん共済は年齢を重ねても掛け金が上がる事がなく、何歳で加入しても、毎月2,000円以内の掛け金で、現役時代をずっと乗り切る事が可能なのです。

そのため、民間の医療保険を比較的小さいものにして、別途こくみん共済に入っているという人もいます。

そうすると、かなりお得にかなり手厚い保証をゲットする事が出来ます。

これは、こくみん共済のメリットとデメリットを上手に活かした、非常に利口な保険の入り方の一つと言えるでしょうね。

普通、民間の保険会社の生保で、入院を1日1万円にすると、月々の掛け金は結構な額になるのですが、現実問題、それ位ないと、のんびり入院なんてしてはいられません。

そこで、民間の保険で、1日5,000円を頂戴し、足らずはこくみん共済からいただくというシステムが、今注目されているのです。

私自身、自分の保険なんて、入りっぱなしという感じだったのですが、今回仕事でこの話を聞いて、感心させられてしまいました。

こくみん共済の入院保障は1日6,000円程度ありますから、解りやすく言うと、ほんの1,600円ほど足すと、1日11,000円の保証が受けられる事になる訳です。

今、自分が月々支払っている生命保険の掛け金を思い出すと、これって、ちょっと見逃せない話だと思われませんか。

しかも、民間の保険と組み合わせる事によって、こくみん共済ならではのデメリットもある程度カバーする事が出来ます。

 

こくみん共済でも1日6,000円もらえるんだったら、別にこくみん共済だけでもいいかなぁっと思わなくはないでしょう。

ところが、こくみん共済の医療保障では、手術などをしても、別途特別な手当が付く事は殆どありません。

大昔の生命保険のスタイルそのままですから、完全に入院そのものに対する保証だけなのであります。

ようするに、こくみん共済の足らずをこれまた、さっきとは逆に、民間の保険で補うという形なんですね。

うん、知れば知るほど、益々興味の湧いてくる保険加入の方法です。

それに、60歳を過ぎると、一気に保証が手薄くなるというデメリットもこくみん共済は抱えています。

それでもまあ、終身型の共済が出来ただけでもいいんじゃないのっていう声もあるんですけどね。

こくみん共済に関するメリットとデメリット、これはやはりきちんと把握しておく必要があると思います。

保険や共済についてのブログやサイトを読めば、多分そう手間暇かけなくても、ある程度の情報収集は出来ると思いますよ。

まあ、しっかり勉強して、かしこく民間の保険やこくみん共済のメリットとデメリットを活用したいものですね。

こくみん共済のキッズプラン

こくみん共済の子供向け保険、キッズタイプっていうんでしたっけ、あれってどうなんでしょうねぇ。

こくみん共済全体が見直されて、キッズコースもかなり改訂されたとは聞きました。

確か、入院1日目から保証が受けられるようになったのにも関わらず、掛け金はこれまでと同じ、1,000円ほどなんですよね。

それに、更に手厚いサポートを受けられるこくみん共済キッズワイドというプランも登場したようです。

実はね、最近私、おばあちゃんになりましてね、まあ、孫のために入ってやろうかなぁっと思っている訳ですよ。

何と言ってもこくみん共済は掛け金が安いですからね、将来リタイヤして年金生活になっても、孫が成人する位までは払い続けられるでしょう。

まあもっとも、全労済の子供向け共済は、満18歳で一応おしまいになるみたいですけどね。

ただ、その後は、一般のこくみん共済に健康状態に関わらず移行する事が出来ます。

だけど、その後は知りませんよ、親が払うか本人が払うか、それともやめるか、それはその時息子夫婦が話し合えばいい事だと思っています。

まあ、どのみちこくみん共済ですから、それほど大きな負担になるものではないでしょう。

 

こくみん共済は今でこそ、手頃な掛け金で手頃な保証と言われていますが、あくまでも共済だと言い切る人も少なくありませんでした。

事実、こくみん共済はその字のごとく、共済であって保険ではありません。

助け合いの精神から生まれたもので、掛け金が安いのです、保証が少ないのも仕方がないでしょう。

それでも、我々世代は、このこくみん共済に助けられた経験のある人も少なくないはずです。

民間の生命保険があれもこれも保証してくれるようになったのは、平成に入った位からの事。

それまでは、大してこくみん共済と変わらない保証を堂々と謳っている商品も少なくありませんでしたからね。

けれど、いつしか大手の商品は段々パワーアップし、また安い外資系の保険もどんどん参入してくるようになりました。

21世紀に入って、こくみん共済や県民共済が少々劣って見えるようになったのは事実だと思います。

 

こくみん共済のデメリットばかりを指摘する人や、相手にしない家庭も今では少なくないですよね。

でも、そんなこくみん共済も中身が随分見直され、また、新たなプランも続々登場して来ました。

これまで殆ど無視状態だったシニアやキッズに対する保証が充実したのもその変化の一つです。

そのせいかどうかは分かりませんよ、きっと不況の影響も大きいとは思いますが、近頃また、こくみん共済が注目されてはいるんですよね。

医療費が中途半端ではなくなってきた昨今、今入っている民間の保険のパワーアップ部位として加入する人も増加していると言います。

私としては、とても利口なこくみん共済の加入理由だと思いますが、皆さんはいかがでしょうね。

その感覚で、キッズタイプの共済も利用してみるといいかも知れませんよ。

一般の学資保険に医療保障を追加する位なら、こくみん共済のキッズワイドに加入する。

そうすれば、怪我や病気の時にも安心して十分な医療を受けさせて上げる事が出来ます。

こくみん共済に関する情報は、共済関連だけでなく、保険関連のブログやサイトにも沢山掲載されています。

それだけ民間の保険と組み合わせたり、比較したりしている人が多いという事なんでしょうね。

という事で、以上、おばあちゃん馬鹿しているおばさんの、こくみん共済談義でした。