クレジットカードの分割手数料

分割手数料とは、クレジットカード等の特定の支払い方法を選択する状況に際して発生する料金の事です。

基本的には、商品に対して付けられた値段分だけの金銭を支払えば済む話です。

支払いが一括で行われれば良いのですが、問題は分割で購入した際に生じる分割手数料です。

因みにここでの買い物は、分割手数料の都合上一括の時も現金支払いではなくクレジットカードを用いたものとして考えます。

そもそも買い物をする時に、現金で分割手数料を考えるのは余程その店主と親しい間柄でなければ難しいので必然的にカード払いとなります。

クレジットカード自体が信用を前提に利用する事を認められており、分割手数料はその信用に更に上乗せされる条件と言えるでしょう。

分割手数料は分割で支払いをする時に発生する料金ですが、場合によっては発生しない事もあります。

当然ですが一括払いの時は分割していないため分割手数料はかからず、また分割2回払いの時もかからない場合が一般的です。

ただし2回払いの場合、カード会社によっては例外事項が設けてある事があります。

分割3回払い以降になると、問答無用で分割手数料は発生するものと考えておけばまず間違いありません。

例外といえばもう一つ、ボーナス一括払いの時も分割手数料がかかることは原則としてありません。

要するに分割手数料は、一度に支払う金額が小さくなると発生するものという認識をする事ができます。

相対的に幾らかという話ではなく、元々の値段に対して割る数が大きくなればなるほど最終的に支払う分割手数料も高くなるのです。

分割手数料が信用の延長線上にあるというのは、支払う金額に対する責任の重さと言い換えることができますね。

分割手数料を一度の支払いだけで見れば、それほど大きな金額とは感じないでしょう。

しかし、3回払いと12回払いとを比較すれば明らかに12回払いの方がより多くの分割手数料を払う事になります。

買い物において分割払いを利用するという事は、一度の支払いを軽くする代わりに分割手数料を背負う事を意味します。

もちろん家や車といった、人生における高額な買い物を一括ないし分割2回払いというのは難しいため分割手数料もやむなしです。

それ以外の買い物、たとえば家電製品などの車ほどではないにしても高価なものは分割手数料を抑えるためにボーナス一括等の支払い方法を選択するのが良いでしょう。

支払い方法一つで実際に払う料金に結構な違いが出てくるため、安易な選択は禁物です。

分割手数料について詳しい話は、ブログやサイトからチェックする事ができます。

年会費無料のクレジットカードを利用する時の注意点

年会費無料をうたうクレジットカードを使う時には注意すべき事がありますので、少し見ていきましょう。

いちばん気をつけなければいけないのは、クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりすることです。

カードをいい加減に扱っているととんでもないことになりかねません。

年会費が無料だからといって何枚も所持していると、あまり利用しないクレジットカードもあり、紛失していても気付かない時もあります。

年会費無料だからと一人で複数枚のクレジットカードを作っているような場合、いいかげんに扱ったりしないようにしましょう。

総量規制の法改正が行われたことなどがあって、年会費無料のクレジットカードは近ごろでは発行されなくなってきているようです。

中には、年会費無料となるには条件を満たすことが必要なクレジットカードも存在します。

たとえば、年会費無料となるのは学生だけであったり、初年度のみ年会費無料というようなクレジットカードです。

年会費無料という誘い文句につられてクレジットカードを気軽に作り、忘れたころに請求を受けてしまうような話もよくあります。

注意しましょう。

クレジットカードは上手に使えば便利なものですが、所持していることによるリスクもあります。

クレジットカードを利用して買い物をするというのは、厳密に言えば決済日までの借金をしているのと同じです。

ついつい使いすぎてしまった……というような話は、クレジットカードを利用した買い物では良く耳にします。

年会費無料だからといって次々にクレジットカードを作ってしまい、金銭感覚が麻痺してお金を使いすぎてしまうようなことがないようにすべきです。

年金をクレジットカードで支払う

クレジットカードを利用した国民年金の支払いについて見ていきましょう。

国民年金保険料にクレジットカードが利用できるようになったのは2008年からです。

クレジットカード払いの場合、徴収側が2%程度の手数料を負担しなければなりません。

とはいえ、年金保険料の不払いが相次ぎ、徴収率を少しでも上げようと言うことで、クレジットカードによる納付が認められることになったのです。

クレジットカードによる支払いであればどんなカードを使った場合でも0.5%の得になります。

また、毎月支払う形ではなく、一年分まとめて支払うと、さらにお安くなります。

この、クレジットカードの一年一括払いがもっともお得です。

国民年金は銀行口座から引き落とすようにすることもできるのですが、クレジットカードを経由して払った方がお得です。

クレジットカードによる国民年金保険料の支払いをするには、申込用紙を提出せねばなりません。

社会保険事務所に備え付けの国民年金保険料クレジットカード納付申出書に必要事項を記載して提出しましょう。

この書類は、電話で申し込んで自宅に送ってもらうこともできます。

なお、請求済みのぶんや未払いのぶんについては、このクレジットカード払いは利用できませんので、注意が必要です。

国民年金の保険料支払いにクレジットカードを使って、少しでも得をしましょう。

マイルが貯まるクレジットカード

利用するたびにマイルを得ることのできるクレジットカードをお使いの方もいらっしゃると思います。

マイルはいくつかの航空会社が提供していて、利用するごとに点数がたまっていくサービスのことです。

マイルというのは、そのポイントの単位の事になります。

クレジットカードを利用した時にポイントが付くカードはいくつもありますが、マイル制の場合はマイルが貯まることになります。

航空会社のポイントプログラムであるため、飛行機を利用することでマイルは貯まっていきますが、提携しているクレジットカードを利用することでもたまる場合があります。

このポイントプログラムでマイルを貯めることができれば、往復航空券が無料でもらえたりするなど特典が用意されています。

マイルをたくさん貯めるためにクレジットカードを使って買い物をするのは、その他にも、ためたマイル数に応じて商品券やプレゼントなどが手に入ったりするからです。

出張や旅行というように、飛行機をよく利用するような人であればマイルは速く貯まります。

あまり飛行機に乗らないとマイルも貯まらないので、クレジットカードと提携しているものを選ぶ方がお得です。

提携するクレジットカードを利用した金額に応じて、マイルがたまっていきます。

このため、クレジットカードと提携があるマイルプログラムの方が速く貯まることになりますクレジットカードで買い物や支払いをすれば、それだけマイルも貯まるということになるわけです。

極端なことを言えば、一切飛行機を利用しなくても、クレジットカードだけでマイルがためられます。

クレジットカードでのマイルの溜め方

マイルは航空会社の制度ですので、飛行機に乗るのが一番の取得方法です。

ただし、提携があればクレジットカードで貯めることもできます。

それほど頻繁に飛行機を利用する人は稀でしょうが、クレジットカードを利用することは結構あると思います。

そこでマイルが貯まるとしたらうれしい制度なのではないでしょうか。

クレジットカードと提携しているタイプのマイルプログラムがあるところに限ります。

クレジットカードを利用してマイルが貯められるかどうか、そのマイルプログラムがどうなっているかを知っておくのは大事です。

クレジットカードによるマイル取得が可能である場合、そのクレジットカードを使っていればマイルが貯まっていきます。

普段の買い物の支払いの他にも、公共料金の支払い、自動車のガソリン代、携帯電話の代金などをクレジットカードを経由して支払っていれば、マイル数の基準となる利用額はかなりのものになるでしょう。

クレジットカードを使って支払いをすることに抵抗感を覚える人もいるかもしれませんが、それだけお得なのです。

提携クレジットカードがある場合、そのクレジットカードを賢く利用した方がマイルが多く貯まります。

意識的にカードを利用して、たくさんマイルをためるようにした方がお得です。

毎月8~9万円分をクレジットカードで支払うと、800マイル前後もらう事ができます。

毎月これだけの金額をカード払いするとして、一年で9,600マイル、一年三ヶ月で12,000マイル貯まります。

そのあたりで国内線のチケットがもらえると思います。

何マイル貯めると何がもらえるか、というのは、厳密にはマイルのプログラムごとに内容が違います。

クレジットカードと提携したプログラムを選ぶ時に、何マイルで何をもらえることになるのかはきちんとチェックしましょう。

審査が甘いクレジットカード

審査が甘いクレジットカードがなかったら困ってしまうという人はとても多いのではないでしょうか。

というのも、最近の金融危機の影響で仕事を無くしてしまったけれど、審査が甘いクレジットカードなら作れるかもしれませんよね。

アルバイトやフリーターの人も審査が甘いクレジットカードでなければ厳しいかもしれませんよね。

収入が少なくなっている人が多いですから審査が甘いクレジットカードはとても嬉しいですよね。

収入がないのにクレジットカードを使うというのはおかしな話だと思う人もいることでしょう。

しかし、事情により海外に行く必要があるけれどどうしても審査が甘いクレジットカードでも持っておきたいという人もいるでしょう。

 

審査が甘いクレジットカードは沢山あるようで、さらにいろいろな特典があるというカードも多いようです。

審査が甘いクレジットカードの特典としてよくあるのが海外旅行保険の無料発行ではないかと思います。

海外に行こうと思っている人で審査が甘いクレジットカードを作るならそのような特典があるカードが良いですよね。

海外旅行保険に興味がないという人はETCカードの無料発行がある審査が甘いクレジットカードを作るのはどうでしょうか。

では、そんな特典も多い審査が甘いクレジットカードはどのようなカードなのでしょうか。

審査が甘いクレジットカードにはいろいろな種類があり、消費者金融系、銀行系、信販系、流通系などがありますよね。

しかし、この中でも審査が甘いクレジットカードが多く、信憑性が高いのが消費者金融系と流通系のクレジットカードではないでしょうか。

消費者金融系のクレジットカードと聞くと少し怖いと感じる人もいるかもしれませんが大丈夫です。

 

審査が甘いと聞くとサービスがあまり良くないのではないかと思う人が多いかもしれませんよね。

または、審査が甘い分後からトラブルに巻き込まれるかもしれないと不安になる人もいるでしょう。

そんな人は審査が甘いクレジットカードについて事前にしっかりと調べておくと良いと思います。

インターネット上のサイトやブログでは審査が甘いクレジットカードについて調べることができると思いますよ。

皆さんも審査が甘いクレジットカードを作って楽しい毎日を送るようにしましょうね。

しかし、審査が甘いクレジットカードですが、使う時には計画的に使うようにしましょう。

仕事をなくしてしまって収入が少ないという人も審査が甘いクレジットカードをゲットできると思いますよ。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方

利用するたびにマイルを得ることのできるクレジットカードはいろいろありますが、どうやって選べばいいのでしょうか。

ボーナスマイルが付くかどうかという点はまずチェックして、クレジットカードを選ぶようにすると得をすることができます。

ボーナスマイルというのは、マイルつきクレジットカードを作るとついてくるものです。

はじめて飛行機を利用する際であったり、毎回の搭乗ごとに追加でマイルが加算されたりするマイルのことを指します。

ボーナスマイルがつくシーンは、クレジットカードによってさまざまに異なります。

ボーナスマイルが利用できるようなクレジットカードを使うといいでしょう。

もう一つ大事な点として、マイルの還元率があげられます。

あるクレジットカードは100円につき1マイルたまりますが、別のクレジットカードなら100円につき2マイルたまるかもしれません。

100円につき1マイルの割合でたまるクレジットカードよりも100円につき2マイルたまるクレジットカードの方が良さそうですが、そう単純なものでもありません。

マイル数と合わせて、ショッピング等の支払いをする時のマイル獲得のしやすさも、クレジットカード選びの時に事前にきちんと把握しておきたいものです。

仮に、毎日電車通勤をしているとします。

その場合、少々マイル還元率が悪くても、定期券の購入でマイルを得られるクレジットカードの方が、結果的に有利になることがあり得ます。

電車代の他にも、例えば車にかかるガソリン代金もまとまった金額になりますので、それにクレジットカードを利用すれば定期的にマイルをためるにはうってつけです。

クレジットカードでマイルをためる方法にはいろいろありますので、自分の生活シーンにあったものを選ぶことが大事なのです。

水道料金をクレジットで支払う

水道料金の支払いもクレジットカード

この頃は、水道料金の支払いもクレジットカードで行えるようになりました。

まだまだすべての自治体が水道料金のクレジット支払いが可能というわけにはいかないようですが、少ずつ普及してきているようです。

水道料金がクレジット払い可能な自治体は、将来的にも多くなるようです。

水道料金は、毎月何らかの形で必ず支払わなければならないお金といえるでしょう。

ポイント特典のあるクレジット払い

ポイント特典のあるクレジット払いなら、毎月払うだけでポイントが蓄積されていきます。

現在住んでいる自治体の水道料金の支払い方法を調べて、クレジットカードに対応しているのであれば、使わない手はありません。

クレジットカードには色々なものがあります。

どんな手順を踏むことで、水道料金をクレジットカードで払えるようにできるのでしょうか。

まずは使用できるクレジットカードについてお住まいの自治体に直接問い合わせたり、ホームページを参考にしたりして調べるとよいでしょう。

水道料金を支払うのに必要な物や行う手順

水道料金をクレジットカードで支払うに際して必要な物や行う手順についても、クレジットカードの種類やどの自治体に住んでいるかで違う部分があるようです。

ただし、水道料金の支払い方法をクレジットカード払いに切り替えることで、従来の割引条件にあてはまらなくなる時もあるため、気をつけなければならないでしょう。

水道料金をクレジットカードで払うより、口座振替を使った方が、金額的には得だということがクレジットカードの種類などによっては起こりえます。

家賃をクレジットカードで払うメリット

クレジットカードでの支払いは手間が省ける

日本全国のアパマンショップネットワークの物件は、クレジットカードでの支払いができるようになりました。

家賃をクレジットカードで支払うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

毎月わざわざ家賃の払い込みに行っていた方にとっては、クレジットカードが使えれば大幅に手間が減らせます。

クレジットカード払いの手続きを一度済ませておけば、以後は指定の口座からの自動引き落としになるという仕組みです。

クレジットカードなら振り込み手数料も省略

この方法ならば、振り込み手数料も省略できますので、お得な支払い方法です。

カードによっては、家賃の払い込みに数百円の手数料がかかることがありますので、あらかじめ確認してみましょう。

家計をチェックする上でも、規則正しく家賃が払われ、明細が記されるため、把握しやすい状況になります。

大きく恩恵をうけられるのが、クレジットカードのポイントです。

クレジットカードにはポイントを付帯するサービスがあります。

クレジットカードのポイント

クレジットカードのポイントは、溜めてマイルや図書カードに交換したり、プレゼントをもらうことが可能です。

クレジットカードで家賃を支払えば、毎月一定額が支払いになりますし、必ず発生するお金なので、確実にカードにはポイントが入っていきます。

月のどの日に何の支払いが発生するか把握しきれなくなっても、クレジットカードの手続きをしておけば自動で支払いがされます。

クレジットカードで家賃を払えるようにしておくことで様々な利点がありますので、支払い形態を見直してみてもいいでしょう。

クレジットカードによる支払いが便利

ポイント特典のつくクレジットカード

クレジットカードによる支払いがますます便利になっています。

これまで、大きな買い物をする時や外での食事にクレジットカードを使うというやり方が主流でした。

最近は、クレジットカードの用途が格段に広がっています。

ポイント特典のつくクレジットカードは、使えば使うほどポイントが付与されます。

ポイントをコツコツためてお得なサービスを受けるには、クレジットカードが使える場所をチェックしておくことです。

効率的にポイントを貯めるには、クレジットカードを使った支払いに水道代や電気代、ガス代など、月々何らかの形で払うものをあてましょう。

公共料金の他にも、電話代やインターネット関連費、ガソリン代などをクレジットカード払いにしておくことが可能です。

一部の税金もクレジットカード払いが可能

ものによっては費用がかからないというものもあるかもしれませんが、可能な限りはクレジットカード払いにしておくとポイントが貯まっていきます。

近年では、健康保険や国民年金、一部の税金もクレジットカード払いが可能です。

交通費の支払いや、ETCを使って高速料金にも活用可能です。

生命保険や月々の家賃がクレジットカード払い可能

生命保険や月々の家賃がクレジットカード払い可能なところもありますし、病院での支払いなど医療費にクレジットカードが使えたりもします。

少し前まではクレジットカードが使用不可だったものが、いつの間にか決済可能になっている場合もあります。

クレジットカードが使えないと思っていたところに対しても、改めてチェックをしてみてもいいかもしれません。