デイトレーダーとは

デイトレーダーとは、個人投資家が行う株式や債券などの日計りの取引をする人のことを指すものです。

主として、デイトレーダーは、株式、債券取引、FX、先物取引、CFDなどの取引について行います。

また、数秒~数分の間に数ティック上下しただけで売買するデイトレーダーや、反対決済を成立させる手法をスキャルピングと呼んでいます。

1日に何度も売買するデイトレーダーとは反対に、2~10日程度の短期的な持ち越しを行う手法をスイングトレードと呼んでいます。

それ以上の期間を保有するデイトレーダーは、短期投資もしくは、中長期投資に該当することになります。

1日に1回、あるいは複数回の取引を行う人のことをデイトレーダーといい、これは細かく利益を積み重ねる売買手法になります。

中には1日で数百万円~数億円の利益を得るデイトレーダーもいて、他のトレード手よりも即時性が高いです。

デイトレーダーは、ゲーム性、ギャンブル性が強いデイトレードを行うことから、どうしても依存性が強くなります。

基本的にデイトレーダーが利益をあげ続けるには、かなりの高い熟練度を要し、容易ではありません。

デイトレードを継続的に行う者をデイトレーダーといいますが、これには、本業とするものと、兼業するものにわけられます。

専業と兼業デイトレーダーがありますが、どちらも日中に頻繁に売買することに変わりはありません。

日計り専門でないスイングトレーダーも含めて、全般的にデイトレーダーと呼ぶことが多いです。

相場の一勢力として、日計り筋と呼ぶ事が多く、デイトレーダーは、日本での現物株の売買では差金決済が禁止されています。

実際のデイトレーダーの手法は、同一銘柄を資金余力を超えてまで、回転売買できないことになっています。

デイトレーダーは、現金取引の場合、一般的な手口として、特定銘柄の売買を終了させて別の銘柄を手がけることが多いです。

ループトレードの手法をとることがデイトレーダーは多く、元々、米国で広がったものなのです。

しかし、デイトレードによるデイトレーダーの破産者が増加したことから、社会問題にも発展しました。

売買手数料が自由化される以前の取引では、デイトレーダーは、高額な手数料を必要としました。

そのため、証券会社のディーラーでもない限り、デイトレーダーは、わずかの値幅だけを目標として稼ぐことは困難でした。

日本には有価証券取引税や取引所税などもあり、デイトレーダーには課税されていたことが障害になっていました。

デイトレーダーのスタイル

デイトレーダーのやり方で必要になってくるのは、まず、心の修養が大事で、強靭な精神と集中力が求められます。

これこそがデイトレーダーのやり方では重要で、そうした心構えに取り組んでいかなくてはなりません。

そして、デイトレーダーのやり方においては、自分のトレード・ルールを忠実に守ることが大事です。

また、喜怒哀楽をなだらかにして、デイトレーダーのやり方は、粛々とトレードをして行く必要があります。

情報面のチェック項目などは、自然と増加していくので、デイトレーダーは、少し痛い思いをすることもありま。

時の経過とともに、デイトレーダーは、いろんな事に気がつきますが、それはいろんなデータに出くわすからです。

いずれにせよ、デイトレーダーのやり方としては、余計な情報に振り回されないようにしなければなりません。

デイトレーダーのやり方は、全神経を板情報とチャートに集中する必要があり、その変化から半歩先を読むことが大事です。

基本的に、デイトレーダーは、あまり気にしたり、不安になる必要はなく、作業としては金魚すくいのようなものです。

基本スタイルと一日のスケジュールについては、デイトレーダーのやり方としては、定型がありません。

つまり、デイトレーダーのやり方は、十人十色、いろんなスタイルがあるわけで、自分のやり方を構築することです。

自分だけの、自分のためのスタイルこそが、デイトレーダーのやり方では重要になってくるわけです。

そして、デイトレーダーのやり方は、独自のスタイルによって、スケジュールも変わってくるのです。

データ派のデイトレーダーは、深時に起きて、エクセルと格闘しながら、1日が始まるといいます。

デイトレーダーのやり方は、まず、データの語る事に耳を傾けることが大事で、それを自分に言い聞かせることです。

何かとデイトレーダーは、他の人がどのようなやり方をしているかが気になりますが、それは気にしないことです。

自分のスタイルを試行錯誤し、デイトレーダーのやり方は、頭で汗をかいて、いろんな場面を経験することです。

とにかく、デイトレーダーのやり方というのは、少しずつ確立して行くしかないというのが考え方になります。

自分流のデイトレーダーのスタイルを確立するには、成功体験を生かす、ということが大切です。

株式投資の場合、失敗体験が生きるのですが、デイトレーダーのやり方は、成功体験こそが生きてくるのです。

デイトレーダーの一日

デイトレーダーというのは、その仕組みがわかってきたところで、実際にどのようにやっていくのかを計画していきます。

デイトレーダーの一日を見ていくと、実際の活動時間は、株式市場の開いている時間帯だけではないことがよくわかります。

まず、デイトレーダーの一日は、朝、起床後、経済新聞などから何か材料がないかについて目を通さなくてはなりません。

前場の始まる30分前には、デイトレーダーは、パソコンに向かい、証券会社のマーケット情報などをしっかり閲覧します。

9:00の前場開始後は、デイトレーダーの一日は、ピックアップしている銘柄の動きを見ながら、売買のタイミングを待つことになります。

こうして、デイトレーダーの一日は、数回の売買を繰り返しながら、11:00に前場が終了するわけです。

デイトレードは神経を使うので、デイトレーダーの一日は、前場終了後には、ゆっくり休憩や食事をします。

デイトレーダーの一日は、前場終了後に、後場に備え、後場開始30分前には、最新のマーケット情報を閲覧します。

12:30の後場開始とともに、デイトレーダーの一日の中で、第2 ラウンドがスタートするのです。

売買のタイミングを逃さないよう、デイトレーダーの一日は、株価ボードにしっかり集中しなければなりません。

そして、デイトレーダーの一日の中で、数回の売買を繰り返して、一日の市場の終了を迎えるのです。

しかし、これでデイトレーダーの一日が終わるわけではなく、東証の開示公告を閲覧する必要があります。

そして、各企業の開示情報などから、デイトレーダーの一日の中で、材料を探さなければなりません。

デイトレーダーの一日の中で、決算の上方修正や業務提携、買収などの開示がされていれば、明日の銘柄発掘の目安になります。

デイトレーダーの一日は、様々な情報を元に、翌日に新しくピックアップする銘柄などを見ていきます。

そして、注目している銘柄の株価の動きや出来高などもデイトレーダーの一日の中で確認し、明日の戦略を練るのです。

こうした作業の繰り返しが、デイトレーダーの一日であり、そうすることが成功への第一歩となるわけです。

デイトレーダーの一日は、パソコンの前で楽そうな感じを受けますが、そういう考えは間違いです。

会社員並みの時間を株式投資に費やしているのが、デイトレーダーの一日なので、決して甘いものではありません。

一瞬の気の緩みが資産を減らすことになるので、デイトレーダーの一日は、非常に神経を使う日々の繰り返しです。

デイトレーダーの年収

デイトレーダーというと、気になるのが年収ではが、実際にデイトレで年収1000万以上稼いでいる人は少ないです。

大きく年収を稼いでいるデイトレーダーというのは、ホントにごくわずかで、それだけ厳しい世界です。

日ばかりの利益になるので、デイトレーダーの年収で大きく稼いでいる人の割合は、中々、見当がつきません。

いずれにせよ、デイトレーダーであっても、他の商売であっても、何にしても年収が大きい人は限られています。

身を立てて年収を大きく得るには、デイトレーダーは、とにかく相当な努力と勉強、経験が必要になってきます。

つまり、まったくのデイトレーダーの素人が、稼ぎ続けて大きな年収を得られるほど甘い世界ではないのです。

実際、デイトレーダーというのは、不労所得ではなく、年収で大きく稼いでるのはごく僅かなのです。

デイトレーダーが、デイトレだけで年収1000万円を稼ぐというのは、非常に厳しい部分があります。

単発的に1年でデイトレーダーとして1000万円以上の年収を稼ぐ割合も、ごく一定の割合でしかいません。

そう考えると、5年、10年、20年とデイトレーダーが、年収を大きく稼ぎ続けるというのは、至難の業です。

デイトレというのは、単なる一日の中での値動きの予想ゲームにすぎないので、デイトレーダーの年収は期待できません。

勝ち続けるということは、デイトレーダーには難しく、そのことから、安定的な年収を稼ぐのは難しいです。

たまに遊びとしてデイトレーダーとして楽しむのには面白いかもしれませんが、真剣にやるとなると大変です。

ましてや専業デイトレーダーとして活躍するのは難しく、一定の年収の保証というものはありません。

デイトレーダーは、安定的な年収を目的として始めるのは、辞めたほうがいいかもしれません。

デイトレーダーを専業にするということは、パチンコや競馬を専業にしたいという考えと本質的には変わりません。

自己資金のうちのごく少ない部分で、遊び程度でデイトレーダーをやるという感覚でやらないと、正直、しんどいです。

そういう考えでデイトレーダーをやっていかないと、年収目当てにやるのでは、長続きしません。

テレビを見て、本を読み、セミナーに参加して、デイトレーダーとしての実績をつまなければ、年収1000万円は無理でしょう。

勝ち組デイトレーダーとして年収を稼ぐには、運だけで考えると、宝くじよりも難しいと言っても過言ではないでしょう。

デイトレーダーの税金

デイトレーダーをするにあたって、デイトレードというのは、手数料と税金がかかってきます。

一回の取引ごとにデイトレーダーには、手数料と税金がかかるので、注意しなければなりません。

手数料は定額制もありますが、デイトレーダーの税金は、株を売却するごとにかかるとなると、税金分だけ損するように思います。

少額の利益をあげていくデイトレーダーにとって、税金がかかるというのは、非効率のように感じます。

明らかに、デイトレーダーの税金は非効率的で、手数料だけでも、年間にすると莫大なお金がかかります。

しかし、デイトレーダーの税金は、長期でもかかるので、それほど気にすることはなく、小さい利益を重ねると税金は少なくて済みます。

特定口座源泉なしの場合、デイトレーダーは、実際の利益の70%ぐらいしか申告する必要はありません。

デイトレーダーは、利益管理をしっかりしていればよく、税金はデイトレでもスイングでも、利益が出ればかかります。

不利な点と言えば、デイトレーダーの税金ではなく、手数料がかかることで、これはいかんともしがたいものがあります。

考え方次第で、デイトレーダーの税金というのは仕方なく、やっている本人が納得できて利益が出ていればいいのです。

株取引でデイトレーダーとして利益を得ると10%の税金がかかり、100万円の利益が出たら10万円の税金を納める必要があります。

もちろんデイトレーダーの税金は、利益がなければかかりませんが、株取引をする以上は利益を得て税金を納めたいものです。

但し、今は特別措置の期間中で、2013年12月31日以降は、デイトレーダーの税金は、20%にもどります。

一般的なデイトレーダーの税金の納め方は、一般口座と特定口座の2種類から選ぶようになっています。

デイトレーダーの税金は、ふたつの口座のどちらを選ぶかによって、税金の納め方が変わってきます。

一般口座でデイトレーダーの税金を支払う時は、一年間の利益、損失、手数料などを自分で計算して確定申告する必要があります。

そのため、面倒な人は、デイトレーダーの税金を支払うため、特定口座を作るとよいでしょう。

特定口座は収支の計算をすべて証券会社が代行してくれるので、デイトレーダーの税金として、取引の度、10%税金をひいてくれます。

複数の証券会社を利用しているデイトレーダーは、年間取引報告書のサービスを利用して、まとめて確定申告するとよいでしょう。

証券会社でデイトレーダーが口座を開くときは、税金のことを考えて、特定口座を利用することです。

デイトレーダーのソフト

デイトレーダーを始めるにあたってソフトは重要で、デイトレード用の分析ファイルを配布している投資家がたくさんいます。

過去の収支もきっちり載せている信頼できるソフトがあり、デイトレーダーは、大いに利用すべきでしょう。

オプション10倶楽部というデイトレーダーのためのソフトは、市場に翻弄されることもなく、初心者でも容易に利益が出せるようになっています。

デイトレーダーの初心者でも取引が出来るよう、初心者向け取引説明書を無料で進呈しているソフトです。

また、デイトレーダーのソフトには、何回でも無料で利用できるサポートメールサービスがあるので便利です。

分らないことや疑問点をメールで質問できるデイトレーダーのためのソフトは、とても有意義です。

トレーダーズショップは、日本最大の投資家向け専門店で、ここにはデイトレーダーのためのソフトが豊富です。

デイトレーダーにとって、ソフトは実に有難いもので、中でもマトリックストレーダーはおすすめです。

1000通貨から取引が可能で、しかもデイトレーダーの手数料が無料で、快適の約定能力を有しています。

成行約定能力99.9%、約定スピード0.035秒で、最高水準の低スプレッドを持つデイトレーダーのためのソフトです。

プロトレーダーも大絶賛する、強力なチャート機能を搭載しているデイトレーダーのソフトなのでおすすめです。

このデイトレーダーのソフトなら、マーケットナビが全て無料で見ることができ、iPhoneアプリ、Androidアプリにも対応しています。

しかも、ワンクリックで注文可能なので、デイトレーダーのソフトがあれば、一瞬のチャンスも逃しません。

トレーダーズプレミアムも優秀なデイトレーダーのためのソフトで、質、量ともに業界最高水準のソフトです。

デイトレーダーのソフトは、プロフェッショナルには必須のアイテムとなっていて、かかせません。

最近では、プロのトレード技術を持った全自動でトレードできるデイトレーダーのためのソフトがあります。

だれでもプロトレーダーくんというソフトで、このソフトをデイトレーダーが家に招待すると、損したしたお金を取り返すことができます。

勝ち方を習うことができるのが、デイトレーダーのソフトの良いところで、実際に勝てるようになります。

より小額の資金で、簡単、安全に儲かる方法を教えてくれるのが、デイトレーダーのためのソフトなのです。

デイトレーダーのためのソフトは、最小限のリスクで、大きく儲ける手法を教えてくれます。

デイトレーダーのセミナー

デイトレーダーは、相場中の激しい株価の動きを掴んで、利益を取っていかなくてはなりません。

そして、デイトレーダーとして極めていけば、着実に、利益を積み上げて行くことができるようになります。

日足ではあまり動かない相場で、分足では値動きがあるような細かい動きでも、デイトレーダーは、利益を得ることができます。

デイトレーダーは、上手くいけば、年中稼ぐことができますが、それを実現するには、セミナーでの勉強が必須です。

デイトレードは値動きが激しいので、デイトレーダーは、セミナーで、しっかりとしたマインドを作らなければなりません。

デイトレーダーは、相場の流れに飲み込まれて判断できなくなることがあるので、セミナーで心構えを学ぶことです。

常に決定の連続を迫られるデイトレーダーは、セミナーで学んで、自分のトレードを明確にする必要があります。

デイトレーダーのセミナーは、自分のトレードを決定出来るトレードマインドとスキルを学ぶのに最適です。

デイトレード専用のテクニカル分析システムと、板読みのスキルがデイトレーダーには重要で、セミナーではそれを教えてくれます。

値動きに惑わされない応用力と、大胆かつ繊細なトレードスキルがデイトレーダーのセミナーで学べるのです。

デイトレーダーのセミナーは、デイトレードが、いかにタイミングが大事であるかを教えてくれます。

良い銘柄を見つけた際、デイトレーダーがどこで入るのかをセミナーでは、的確に指導しています。

分足での上昇する瞬間と下降する瞬間について、デイトレーダーのセミナーは、そのタイミングを学びます。

前場と後場と動く相場に合わせて、デイトレーダーに対し、セミナーはリアルタイムで講師が考えを披露しています。

デイトレーダーのセミナーは、講師の考え方をしっかり聞くことができるのでとても役に立つます。

動く相場を前にして授業が出来るのは、デイトレーダーのセミナーの講師自身が、経験豊富だからです、
現役のデイトレーダーが講師を務めるセミナーはとても有意義で、非常に優れた授業になっています。

デイトレーダーのセミナーは、損失を最小限に抑える負けない技術を、しっかりと教えてくれます。

全てのスキルをベースにして、デイトレーダーのセミナーでは、応用のスキルを身に付けることができます。

中でも、デイトレーダーのためのデイトレードの空売り技術は秀逸で、セミナーで学ぶ価値は十分にあります。

しっかりとデイトレーダーとして足場を固めていくには、セミナーという更なるステップアップは必然なのです。

超短期取引デイトレーダー

デイトレーダーは、買ったその日の内に売買を終了させるので、取引終了後にどんな発表があってもダメージを受けないメリットがあります。

取引終了後にデイトレーダーには、業績の上方修正など、プラス要因だけでなく、下方修正などのマイナス要因の情報も受けます。

しかし、デイトレーダーの場合、その日の内に手仕舞いすれば、影響を全く受けないので、退職後の趣味におすすめできます。

取引終了後や夜間にどんなことが起きるか、などのリスクをデイトレーダーは背負わないので、メリットは大きいです。

デイトレーダーをする場合、株を買おうとしている会社がどんな会社なのか、業績などを調べる必要があります。

しかし、実際は、それを知らないままデイトレーダーが売買をしているケースがほとんどです。


その理由は、デイトレーダーは、短期間に利益を出せればいいので、会社の事業内容を知らなくてもいいのです。

デイトレーダーをするなら、退職後にするのがおすすめで、会社の将来的な成長を見る必要がないからです。

難しそうに思える財務諸表や、会社の成長を予想する必要がないので、退職後にデイトレーダーをするとよいでしょう。

これこそが短期売買というデイトレーダーのよいところで、退職後、全く知らない会社の株を買っても大丈夫です。

但し、退職後にデイトレーダーをする場合は、どんな視点で銘柄を選んで買うのかが、問題になります。

退職後にデイトレーダーに参入する際は、話題性のある銘柄や、値動きがある銘柄が適しています。

値動きのある銘柄については、デイトレーダーは、出来高ランキングや上昇率ランキングで調べます。

の魅力で、一日に何度も売り買いする取引なので、時間のある退職後にぴったりです。

デイトレーダーをするに当たっては、為替相場が激変することは滅多に無いので、退職後にゆったりとできます。

細かく売り買いをして、デイトレーダーは小さい儲けを少しずつ積み上げていくので、退職後の小遣い稼ぎに向いています。

リスクが非常に低く、ある意味デイトレーダーは初心者向けの儲け方なので、退職後に最適なのです。

細かい取引をデイトレーダーは何度も行うので、スプレッドや手数料が低いメリットがあります。

1回当たりの利益が小さいので、退職後でも、デイトレーダーとして、気軽に参入することができます。

デイトレーダーは、昼間勤めているサラリーマンにはできにくい側面があり、同じ初心者でも定年退職後の年金生活者向けと言えます。

デイトレーダー短期売買

デイトレーダーにとって、デイトレードというのは、その日のうちに売買を完結して損益を確定する取引を指します。

ポジションを翌日に持ち越さないため、デイトレーダーは、オーバーナイトに何かが起きて損が出てしまうリスクをさけることができます。

そうしたことから、ディーラーも駆け出しの頃は、もっぱらデイトレーダーとして、デイトレードだけを行います。

しかし、長期保有が前提のファンドマネージャーは、リスクのないデイトレーダーには物足りなさを感じます。

中長期の投資がより安全だとみなす人は、デイトレーダーは、むしろリスクがあると考えてしまうのです。

実際、デイトレーダーのような短期売買では、その価格のぶれをもろに背負ってしまうリスクがあります。

短期売買であるデイトレーダーのリスクは非常に高いのですが、逆に大きなリターンが狙えることも意味しています。

デイトレーダーは、短期売買になりますが、ずっと保有し続ける長期投資も、本質的にはリスクは同じです。

長期保有で起こりうる有事やスキャンダルなどのイベントリスクについては、デイトレーダーの場合、減ります。

長期投資は、デイトレーダーと違い、誰も気にとめないようなつまらない噂で動くリスクがあります。

デイトレーダーの場合、キャピタルゲイン狙いの投機になるので、価格の変動幅が損益につながるリスクがあります。

損益を、損失の側からみればリスク、利益の側からみればリターンになりますが、デイトレーダーは価格が動かないと儲けることはできません。

価格変動の大きいものが、デイトレーダーにとって、狙いの投機に適していることになります。

デイトレーダーのリスクとリターンは、1年間持つことの16分の1という数字で表されます。

デイトレーダーのリスクは、1日当たりは16分の1ですが、毎日繰り返せば、1年間持つことの16倍のリスク、リターンとなります。

中長期投資とデイトレーダーでは、どちらのリスクが大きいかは、意見の分かれるところです。

実際、デイトレーダーにもリスクはつきものですが、デイトレで飯を食べることができるのは確かです。

実際、デイトレで得た利益だけで生活をしているデイトレーダーがいるのは事実で、それは可能なのです。

もちろん、全てのデイトレーダーがデイトレの利益だけで飯を食えているわけではなく、リスクによって損失を被るものもいます。

1日で取引を終わらせるデイトレーダーは、その日の取引結果が日給になり、順調に取引できれば、利益だけで生活することは可能です。

デイトレーダーのブログ

デイトレーダーは、多くの人が、毎日、意気揚々とマーケットに参入してきますが、早々、簡単にはいきません。

実際、多くのデイトレーダーが、毎日、意気消沈して、マーケットを去って行くというのが現実なのです。

そうしたことは、デイトレーダーのブログでもよく公表されていて、甘い世界ではないことがよくわかります。

要するに、極めて少数のデイトレーダーだけが、マーケットに留まっていて、利益を得ているわけです。

損したくてデイトレーダーをしているわけではないのに、実際、その結果の差というのは、非常に大きいものです。

そんな時に役に立つのがブログで、色々なデイトレーダーたちが経験で得た気づきを紹介しています。

ブログは、参入してきたデイトレーダーの損失を抑え、少しでも長く生き延びるための成功に至る一助になります。

デイトレーダーのブログは、非常に役立つもので、初心者にとっては、特に効を奏するものです。

人気があるのは、デイトレ存率向上というブログで、デイトレーダーとして勉強するには、おすすめのブログです。

このブログを参考にすると、今までのデイトレーダーとしての自分が甘かったことをいやでも実感します。

ブログで勉強すると、デイトレーダーとして、本能を捨てて行動しなければいけないことを痛感させられます。

ブログを読むととても素晴らしいことがよくわかるので、デイトレーダーとして参入したなら、ブログは読むべきです。

特に、デイトレーダーとして、本能に負けてしまいそうな時、ブログは生き残るために役に立ちます。

初心者にとって、デイトレーダーは何が辛いかというと、一日中、パソコンの画面に張り付いていなくてはならないことです。

デイトレーダーというのは、ほかの事をやりながら、というわけにはいかないので、忍耐力が必要です。

チャート画面の動きを見続けなければいけなのがデイトレーダーで、その大変さは、実際にやってみないとわかりません。

初心者でデイトレーダーとして挫折しそうになった時は、ブログを利用して、色々と研究することです。

利益を稼ぐ方法がブログでは紹介されているので、特に初心者のデイトレーダーは、参考にするといいでしょう。

初心者は、まずは忍耐力で、デイトレーダーとしてそれが身についたら、ブログで研究していきましょう。

本物のデイトレーダーになるには、色々な経験と知識が必要で、そのために、ブログは大きく役に立つものなのです。

バイナリー初心者