ブラックカードと年収

ブラックカードを取得するには、年収が安定している必要があり、不動産などのアセットがあることが要求されます。

また、過去の利用実績が良好でないと、ブラックカードは簡単には取得できないようになっています。

基本的に、ブラックカードは、年収の高い開業医や弁護士、上場企業のオーナーなどが所持しています。

また、それに準ずる高収入の年収を得ている外資系金融マンや個人事業主なども、ブラックカードを所持しています。

また、芸能人やスポーツ選手も年収の高い人は、ブラックカードを所持している人が多く、特に有名人にそうした傾向があります。

クレジット会社側からすると、有名で息の長い年収の高い芸能人やスポーツ選手でないとブラックカードを与えません。

芸能人は人気がなくなると年収が減少するので、ブラックカードを貸与する値打ちがないと判断します。

 

ブラックカードは、年収の高いスポーツ選手などもよく使用していますが、引退などのリスクがあるので、よほど実績がないと無理と言われます。

そうしたことから、年収が安定している中小企業のオーナーなどがブラックカードを持つ比率が高くなっています。

いくら年収があるとブラックカードが持てるかという規則は特になく、800万〜数億円と、かなり幅があります。

つまり、年収いくらからブラックカードが持てるという決まりはなく、クレジットカード会社の明確な回答はありません。

年収は確かにブラックカードのホルダーを決める1つの要素ではありますが、それが全てではありません。

もちろん、年収が多くて、社会的立場や職業が明確な人は、ブラックカードを持ちやすいのは事実です。

年収が高く、貸したお金をしっかり返してくれる人であれば、ブラックカードを持つ資格が与えられます。

 

ブラックカードは、年収の高い有名人やスポーツ選手などにホルダーが多く、知名度も大きな条件になります。

一般的に、貸したお金を踏み倒されるリスクが少ない人にブラックカードのホルダー資格があり、年収がいくらかは公ではありません。

要するに、ブラックカードを保持するための年収の定めはなく、各社によって審査基準にはバラつきがあります。

ただ、ブラックカードを取得するには、ある程度の年収は必要で、少なくとも1,000万円〜2,000万円程度は必要と言われます。

年収数百万円の少ない人が、年会費数十万円のブラックカードを持っても、あまり意味がないでしょう。

ブラックカードのデスクを十分に使いこなせる決済額を有していなければ、年会費の元を取ることはできません。

ブラックカードの限度額

ブラックカードというのは、選ばれた人しか持てない、非常に取得条件の厳しいクレジットカードです。

そこで気になるのがブラックカードの限度額ですが、いくらというのは、一定の決まりがありません。

中には、年収300万円の人でもブラックカードが持てるという話もありますが、そうした人の限度額はどうなのでしょう。

いずれにせよ、ブラックカードは簡単に所持することはできず、限度額も各社によってバラつきがあるようです。

ブラックカードの利用可能枠はかなり大きいので、中には限度額無しの無制限と言う人もいます。

いつでも高額な買い物ができるのがブラックカードなので、限度額がないと思われても仕方がないのかもしれません。

しかし、ブラックカードは、カード会社によって差はあるものの、基本的に限度額が設定されています。

 

ブラックカードの限度額は無制限ではなく、与信枠が正しくしっかりと制限されています。

カード所有者の保有財産や勤務先、勤続年数などを考慮して、ブラックカードには、限度額に制限が設けられています。

例えば、同じアメックスのブラックカードでも、限度額には差があり、購入できる物に大きな差が出てきます。

いずれにせよ、ブラックカードの限度額については、制限がそれぞれ、各社によって個々に設けられています。

カードヒストリーがしっかりあれば、ゴールドの限度額も相当なものですが、やはりブラックカードの限度額にはかないません。

インビテーションで権利が与えられるのがブラックカードなので、限度額についてははっきりした答えがありません。

会費が10万円くらいするブラックカードもザラにあり、そうしたカードの限度額はかなり高いものと推察されます。

 

ブラックカードは、限度額がどうというより、ローレックスなどを軽く購入できるくらいの資力が必要です。

インビテーション来た時だけ入れるのがブラックカードなので、限度額については公表されていません。

ネットで調査すると、ブラックカードの限度額については、SBIワールドカードが限度額トップと出ました。

SBIのブラックカードというと、ソフトバンクGPの北尾さんが社長なので、かなりの限度額が期待されます。

SBIワールドカードはまさしく、ブラックカードの頂点を狙っていると言って良く、限度額もかなり奮発しています。

ただ、SBIワールドカードはブラックカードの限度額の中で群を抜いていますが、アメリカンエキスプレスカードは一律の利用限度額を設けていません。

ブラックカードのランキング

ブラックカードのランキングを見ると、第一位は文句なく、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードです。

このブラックカードは、世界のアメックスの中でも取得する難易度が非常に高く、ランキングでは常に不動の地位にあります。

ブラックカードとして広く認知されている、アメリカンエキスプレスセンチュリオンは、ランキング最高位です。

また、ブラックカードと並んで高い地位のあるダイナースクラブのプレミアムカードも人気が高いです。

完全招待制のクレジットカードで、入会のハードルが高いブラックカードは、一般の人が所持することはできません。

一般では目にすることはほとんどないのがブラックカードですが、特にランキングに入るような物は、それだけ条件も厳しいです。

JCBのThe ClassやSBIワールドカードなどもブラックカードとされていますが、これらはランキング外です。

 

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、一般的な認知度やステータスが非常に高い物ばかりです。

ちなみにブラックカードランキングで1位のセンチュリオンの年会費は、36万7,500円と非常に高いです。

ブラックカードではありませんが、ダイナースクラブのプレミアムカードの年会費も10万5,000円と非常に高いです。

これらのカードは他のクレジットカードと比較するとケタ違いに年会費が高く、ブラックカードの中でも最高峰です。

ランキングに入っているブラックカードは、サービス内容も他のカードと比べて一線を画すものとなっています。

ランキングに入っているブラックカードのサービス内容を見ると、別格の待遇を受けているのがよくわかります。

ランキング1位のセンチュリオンのブラックカードは、専属の担当者がついていて、24時間いつでもフリーダイヤルが繋がります。

 

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、利用者の要望に応じたサービスが受けられるようになっています。

基本的にブラックカードは、利用額に一律の制限がないことから、高級外車などもカードで一括購入できます。

ブラックカードのランキング2位は、セブンヒルズワールドカードで、年収7000万以上という厳しい取得条件があります。

ランキング外ですが、ブランドや専門店のブラックカードも人気があり、様々な種類のカードがあります。

今では色んな種類のブラックカードがあるので、ランキングには個人の好みも多少反映しています。

ランキング1位のアメックスセンチュリオンブラックカードは、利用実績や年収に応じて特別に審査をし、招待制にて案内します。

ブラックカードの取得条件

ブラックカードというのは、ごく一部の限られた人だけしか持つことができない、最高峰のカードです。

そうしたことから、ブラックカードは、芸能人やタレント、大企業の社長や政治家など、一握りの人だけが所有しているのが現状です。

実際にブラックカードを所有している芸能人は沢山いますが、その中で、アメックスセンチュリオンを持っているのは、みのもんたや美川憲一、浜田雅功などです。

他にも、高橋英樹、郷ひろみ、つんく、中田英寿、細木数子、森公美子、神田うのなどが、センチュリオンのブラックカードを所持しています。

ダイナースのブラックカードを所持している芸能人には、新庄剛志、河合俊一などがいます。

また、カードブランドは不明ですが、タモリ、清原和博、志村けん、石橋貴明らの芸能人もブラックカードを所持しています。

芸能人では、諸星和己、デーブ・スペクター、小林幸子、叶姉妹なども、間違いなくブラックカードを所持していると言われています。

 

ブラックカードを持つ芸能人は、公表しているわけではないので、噂の部分が多くあります。

しかし、芸能人は稼ぎが大きいので、ブラックカードを持っている人は多く、その所持率はかなり高いです。

ブラックカードを取得するのはかなり難しいので、逆に言えば、芸能人のように収入が高くないと持てないということです。

もちろん、ブラックカードは、必ずしも芸能人でなければ持てないわけではありませんが、それなりの収入は必要です。

高級レストランなどに行くと、週に何度かはブラックカードを所持している人を目撃します。

芸能人にならなくても、ある程度の年収と資格があれば、ブラックカードを持つことは可能です。

最近ブラックカードを所有する芸能人が増えているようで、それだけ高い収入があることを示しています。

 

ブラックカードは、富裕層のシンボルで、欲しくても芸能人のように簡単には手に入りません。

高橋英樹やダウンタウンの浜田は、ブラックカードを持っていることで有名で、番組中でも暴露したので、間違いのないところです。

芸能人がブラックカードで何を買っているのかは気になるところですが、一般人にとっては羨ましい限りです。

ブラックカードを手に入れるには、招待状が必要ですが、芸能人は比較的簡単に招待状が届くようです。

これはまさに芸能人だから成せる技で、通常、一般の人は、かなりの実績がないと、ブラックカードの招待状が届くことはありません。

各社のブラックカードは、招待制で、一方的に審査して、一方的に送られてくるルールになっています。

ブラックカードの年会費

ブラックカードの年会費というと、かなり高いというのは、誰もが容易に想像がつくところです。

そんな中、最近、ブラックカードの元祖と言われているアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードの年会費がさらに値上げされました。

これまででも年会費はかなり高かったのですが、センチュリオンのブラックカードの年会費は倍にまで引き上げられたのです。

そうした現状にあるにもかかわらず、ブラックカードを所持する人は少なくなく、日本人には富裕層が多いことを示しています。

ブラックカードの年会費は、様々ですが、やはり、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードがダントツです。

センチュリオンブラックカードの年会費は、驚くなかれ、何と36万7500円となっています。

年会費で次に高いのが、これはブラックカードではありませんが、ダイナースクラブプレミアムカードの10万円です。

 

ブラックカードの年会費は会社によってかなりバラつきがあり、JCBザクラスカード は5万2500円です。

セブンヒルズワールドカードのブラックカードの年会費は、15万7500円となっていて、これまた軽く10万円を超えています。

各社によってそれなりにブラックカードの年会費は格差がありますが、いずれにせよ、高いことには変わりありません。

端的に言えば、これくらいの年会費も支払えないような人は、ブラックカードを持つ資格はないのかもしれません。

ブラックカードを所有するには、それなりの年会費を支払えるだけの余裕がなければならないと言うことです。

日本でブラックカードと言うと、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードが有名ですが、選ばれた人しか持てません。

人気の高いセンチュリオンのブラックカードの年会費が、4月から大幅値上げになってしまいました。

ブラックカードでセンチュリオンの年会費はこれまで 16万8000円だったのが、2倍以上の36万7500円になりました。

このことで、ブラックカードのステータスはさらに上がり、ますます高嶺の花になってしまいました。

なぜも、センチュリオンのブラックカードの年会費が値上げになったのかというと、元々日本の会費が低かったことに起因しています。

他の国のブラックカードの年会費を見ると、30万円台というのは普通で、日本で値上げされたのは仕方のないことなのです。

米国でも2500ドルと30万円近かったので、ブラックカードの年会費の値上げは妥当とする声もあります。

今回のブラックカードの年会費の大幅アップにより、今後の日本でのカードの発行の行方が見守られています。

ブラックカードとプラチナカード

ブラックカードと言うのは、年収などによって格の違いを示す非常にステータスの高いカードです。

いわゆるランクが最上級のカードで、ゴールドカードよりも、ブラックカードの方がランクは格上です。

また、利用実績があり、多くの年収がある人はプラチナカードを所持できますが、さらにその上がブラックカードなのです。

ブラックカードというのは、まさしくクレジットカードの中では最上位のカードで、プラチナカードをも凌駕するものなのです。

基本的にはプラチナカードと同様、アメックスの区分になりますが、ブラックカードの方がよりランクが高くなります。

どの会社でも黒いカードはありますが、それはブラックカードではなく、プラチナカードであることが大半です。

プラチナカードの特典には、旅行先のホテルでの待遇や各種チケットの手配がありますが、ブラックカードのサービスはそれを軽く上回ります。

 

ブラックカードは、ホテルの部屋や航空機の座席がさらにグレードアップされていて、有意義な特典が受けられます。

クレジットカードがもつステータスの高さを本当に実感できるのは、プラチナカードではなく、ブラックカードなのです。

プラチナカードよりもブラックカードの方が、より、お得なサービスや特典を受けられるようになっています。

しかし、ブラックカードは、プラチナカードよりも年会費が高く、センチュリオンになると、年会費は35万円を超えます。

会員資格やサービス内容は、ブラックカードについては、シークレットな部分は多いですが、プラチナカードよりも特典は凄いです。

チャーター機まで利用できるのがブラックカードで、これはプラチナカードでは実現できません。

ダイナースプレミアムは、プラチナカードですが、位置付けとしては、ブラックカードに相当します。

 

ブラックカードには、人気のSBIザワールドがあり、ステータスの高さなどでよく話題になっているカードです。

一流ホテルや高級レストランの待遇が、プラチナカードよりもブラックカードの方が段違いに良くなります。

しかし、ブラックカードを取得するには、プラチナカードよりも、さらに実績を積み上げなければなりません。

カード会社から全幅の信頼を寄せられないとプラチナカードは利用できませんが、ブラックカードはさらにその上を行く条件が必要です。

真の上流階級の証がブラックカードなので、プラチナカードを利用している人は、一度は手にしたいカードです。

クレジットカードを利用する人なら、プラチナカード以上のブラックカードは、一度は手にしたい夢のカードです。

ブラックカードの比較

ブラックカードを比較すると、それぞれのカードの特徴が見えてきて、利用するにあたっての参考になります。

まず、ブラックカードの代表と言えば、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードがあります。

このブラックカードは、最高峰と言われていて、年会費も36万7500円とかなりの高額になっています。

年会費が高額なだけに、このブラックカードに付いてくる付加サービスというのは、かなりのものがあります。

プラチナチケットのコンサートなども、このブラックカードを利用すれば、専用デスクに連絡するだけで、チケットを手配してくれます。

アメックスのブラックカードは、まさに最終兵器的な力があり、このことは他のカードと比較すればよくわかります。

旅行に行く際でも、ブラックカードがあれば、簡単に支払いを済ませることができ、その実力をまざまざと見せつけられます。

 

ブラックカードで人気のアメックスのカードは、他のカードと比較しても、サービス内容はピカイチです。

さまざまな特典がついているブラックカードで、クルーザーなどの高価なものでも買うことができます。

他のカードと比較しても、まさしく驚異的な力を持っているブラックカードで、他の追随を許しません。

アメックスのブラックカードを所持している人は、間違いなくお金持ちであることに違いはありません。

かなりのお金持ちでなければ、アメックスのブラックカードを持つことはできず、普通の生活をしているような人は到底無理です。

ブラックカードを持つには、かなりの資力が必要で、血のにじむような努力で財産を構築しなければなりません。

ステータスが非常に高いアメックスのブラックカードは、他と比較しても、かなり審査が厳しいカードです。

 

ブラックカードを持つには、個人情報まで徹底的に調べられ、それなりに厳しい条件をパスしなければなりません。

特にセンチュリオンのブラックカードを所持するには、まずアメックスが発行しているゴールドカードを入手しなければなりません。

利用履歴をしっかり磨いた後、招待状が届いて初めて、ブラックカード利用の権利が与えられます。

JCBのクラスのブラックカードも人気が高く、センチュリオンとよく比較対象になるカードです。

このブラックカードも、まず、JCBゴールドカードを入手して、その利用履歴をしっかり磨く必要があります。

ただ、センチュリオンのブラックカードと比較すると、JCBの場合、入手条件が明記されているので、比較的取得が容易になっています。

ブラックカードの家族カード

ブラックカードにも家族カードがあります。

ブラックカードというのは、最高位を示すカードですが、日本だけで通用するプレミアムカードの俗称ということになります。

アメリカンエキスプレスが発行する最上位カードのセンチュリオンが黒いデザインであることから、ブラックカードという名が付けられました。

一般的に、ブラックカードは、自ら申込むことはできず、クレジットカード会社からの招待によって取得できるようになっています。

招待がなければブラックカードを作ることはできないのですが、その招待の条件は非公開で秘密になっています。

プラチナカードの利用者の中から選んだ優良顧客だけにブラックカードの招待状が届くと言われています。

しかし、非常に条件が厳しいので、今のところ、日本国内でブラックカードを所持する人はそれほど多くはありません。

 

ブラックカードを所持することができれば、家族カードを持つことができるので便利です。

家族カードの大きな魅力は、家族が自由に使えるところで、ブラックカードを家族で利用すればとてもリーズナブルに使えます。

ブラックカードは、幻のカードとも言われているほどで、それだけ取得するのは難しいカードです。

つまり、ブラックカードを作れる人というのは、経済的にごく限られた人間に限定されているのです。

基本的に、ブラックカードの家族カードは無料なケースが多いので、利用しやすくなっています。

女性ならブラックカードの持ち主であるような人と結婚したいかもしれませんね。

 

ブラックカードの年会費はかなり高いので、家族カードが無料で使えるというのは、納得のいくところです。

ブラックカードの家族カードは、もちろんですが、カード会員以外は利用することはできません。

そのため、たとえ家族であっても、家族に利用させるには、ブラックカードの家族カードを発行しなければなりません。

家族カードのブラックカードの会員の条件は、生計を共にする親族であれば良いというのがほとんどです。

家族カードのサービス内容は公開されていませんが、ブラックカードということもあり、サービスはかなり充実しています。

プラチナカードを凌駕するものが揃っているのが、ブラックカードで、それは家族カードも同様です。

専属のテレフォン・コンシェルジュが存在していたりするのがブラックカードで、家族カードでも同じ様にこうしたサービスが受けられます。