ブラックカードのランキング

ブラックカードのランキングを見ると、第一位は文句なく、アメリカンエキスプレスセンチュリオンカードです。

このブラックカードは、世界のアメックスの中でも取得する難易度が非常に高く、ランキングでは常に不動の地位にあります。

ブラックカードとして広く認知されている、アメリカンエキスプレスセンチュリオンは、ランキング最高位です。

また、ブラックカードと並んで高い地位のあるダイナースクラブのプレミアムカードも人気が高いです。

完全招待制のクレジットカードで、入会のハードルが高いブラックカードは、一般の人が所持することはできません。

一般では目にすることはほとんどないのがブラックカードですが、特にランキングに入るような物は、それだけ条件も厳しいです。

JCBのThe ClassやSBIワールドカードなどもブラックカードとされていますが、これらはランキング外です。

 

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、一般的な認知度やステータスが非常に高い物ばかりです。

ちなみにブラックカードランキングで1位のセンチュリオンの年会費は、36万7,500円と非常に高いです。

ブラックカードではありませんが、ダイナースクラブのプレミアムカードの年会費も10万5,000円と非常に高いです。

これらのカードは他のクレジットカードと比較するとケタ違いに年会費が高く、ブラックカードの中でも最高峰です。

ランキングに入っているブラックカードは、サービス内容も他のカードと比べて一線を画すものとなっています。

ランキングに入っているブラックカードのサービス内容を見ると、別格の待遇を受けているのがよくわかります。

ランキング1位のセンチュリオンのブラックカードは、専属の担当者がついていて、24時間いつでもフリーダイヤルが繋がります。

 

ブラックカードでランキングに入るようなカードは、利用者の要望に応じたサービスが受けられるようになっています。

基本的にブラックカードは、利用額に一律の制限がないことから、高級外車などもカードで一括購入できます。

ブラックカードのランキング2位は、セブンヒルズワールドカードで、年収7000万以上という厳しい取得条件があります。

ランキング外ですが、ブランドや専門店のブラックカードも人気があり、様々な種類のカードがあります。

今では色んな種類のブラックカードがあるので、ランキングには個人の好みも多少反映しています。

ランキング1位のアメックスセンチュリオンブラックカードは、利用実績や年収に応じて特別に審査をし、招待制にて案内します。

株式アプリのランキング

株式アプリには、便利なランキングが公開されていて、ランキングを見れば、有効に比較することができます。

ランキングを見ると、株式アプリという名の通り、株式投資をする場合の使いやすさ、便利さなどがよくわかります。

専用アプリとしての総合的な視点から株式アプリのランキングを見れば、効率良く評価することができます。

株式投資をすることが株式アプリの最大の目的なので、ランキングでしっかり比較検討すべきでしょう。

他の金融商品の取引機能を省いて、株取引のみに集中した株式アプリをランキングでしっかり評価することができます。

まず、株式アプリのランキングで第1位に輝いたのがGMOクリック証券のroidiClick株で、非常に使いやすいです。

マーケット情報量、株式投資オンリーという取引体系は、他の株式アプリの追随を許しません。

 

株式アプリのランキングでは圧倒的に人気が高く、GMOクリック証券は、他を引き離す実力を持っています。

そして、この株式アプリは、アプリ内のメニューの数と機能を最低限必要なものに絞った構造になっています。

また、ログインと取引暗証番号の省略という、株式アプリのネックとなるセキュリティ上のストレスを解消しています。

やはり、使いやすさの理想形とも言える株式アプリが、堂々のランキング1位に輝いています。

そしてランキング第2位の株式アプリは、楽天証券の iSPEEDで、このアプリも使いやすさ、株式投資の特化性に優れています。

iSPEED株式アプリのよさは、アプリ内から資金の出入金処理にアクセスできることと、Android専用ウィジェットが搭載されているところです。

非常に便利な株式アプリで、株式投資の重要な判断となる指標などの個々の情報が他よりも充実しています。

 

株式アプリのランキングで第3位になったのは松井証券の株touchで、これは株式の現物取引だけでなく、先物取引やOP取引にも対応しています。

この株式アプリがなぜランキング3位なのかというと、急にシャットダウンしたり固まったりすることが少ないからです。

安定した株式アプリで、出入金のアクセス、取引暗証番号、ログインの簡略化ができるのがメリットです。

次に株式アプリのランキングに参入したのが、新興ネット証券会社として有名な業者のエイチ・エス証券です。

ここの株式アプリスマ株は、AndroidとiPhoneの両対応で、株取引に絞ったトレーディングツールになっています。

SBIの株式アプリも、常にランキングに入っていて、株式投資という目的を絞った設計情報は圧巻です。