月別アーカイブ: 2015年4月

【個人向け国債】の利回り推移

【個人向け国債】の利回り推移は、常に変動しているので、中々、平均した利回りを把握するのは難しい状況になっています。

【個人向け国債】の利回りは、マウンテン変動10年の場合、適用利率は、基準金利から 0.80%を引いた値となっています。

また、ゴーイング固定5年の【個人向け国債】の利回りは、適用利率は、基準金利から0.05%を引いた値となっています。

マンスリー固定3年の【個人向け国債】の利回りは、適用利率は、基準金利から0.03% を引いた値になっています。

この場合、【個人向け国債】の利回りの計算値が0.05未満の場合、下限は0.05%保証されることになっています。

固定3年と5年の【個人向け国債】の利回りは、当初設定された利率が当然、満期まで固定されることになります。

変動10年の【個人向け国債】の利回り推移については、市場の実勢金利に応じて、変わってきます。

 

【個人向け国債】の利回り推移は、変動の場合、半年ごとに適用利率が変わってくるので、毎回受け取る利子の金額に大きな増減があります。

第1回目の利払い日に、【個人向け国債】の場合、6ヶ月分の利子が支払われますが、投資家によって購入日は違います。

そのため、【個人向け国債】を購入した日から第1回利払い日までの期間は、必ずしも6ヶ月間とは限らないのです。

発行から購入日までに期間がある場合、【個人向け国債】の利子の払い過ぎになるので、利回り推移は変わってきます。

そのため、保有していなかった【個人向け国債】期間の利子に相当する額を、国債の購入時に支払う仕組みになっているのです。

これを【個人向け国債】の経過利子と呼んでいて、投資した人が受け取る1回目の利子が、保有した期間に対応した金額になるよう調整します。

しかし、即時銘柄統合方式の導入により、新しく発行される【個人向け国債】についても、経過利子を支払う場合があります。

 

【個人向け国債】の利回り推移は、中途換金時の受取金額によっても影響するので、注意しなければなりません。

財務省の公開データから、【個人向け国債】の過去の利回り推移を調べることができ、最高は1.13%、最低は0.05%となっています。

そして最近の【個人向け国債】の利回り推移をみると、利回り水準は、0.25〜0.5%あたりの範囲で落ち着いています。

今後の【個人向け国債】の利回り推移は、経済状況によって変わってきますが、不況により金利が低水準で推移しているのは確かです。

しかし、どちらかといえば、【個人向け国債】の利回り推移は、上昇に向かう可能性が高いと推察されています。

【個人向け国債】の利回り推移は、変動金利タイプと固定金利タイプによって大きく変わってきます。

 

 

【個人向け国債】の変動

【個人向け国債】を利用する場合、固定にするか変動にするかで迷いますが、おすすめの商品に変動10年があります。

この【個人向け国債】は、実勢金利により、半年毎に適用利率が変動するというものであり、人気があります。

半年毎に適用利率が変動する変動金利を採用している【個人向け国債】は、実勢金利の動きに応じて半年毎に適用利率が変動します。

そのときどきの受取利子の金額が変動するという【個人向け国債】で、たとえば3年後の実勢金利の水準が上昇した場合、有利です。

固定金利の【個人向け国債】の場合、受取利子は3年後も変動しませんが、変動10年なら、受取利子は大きく増えます。

また、【個人向け国債】の変動は、発行から1年を経過すれば、原則、いつでも、一部または全部を中途換金できます。

中途換金の場合の【個人向け国債】の変動の換金額は、額面金額と経過利子相当額を足し、そこから中途換金調整額を引いた額となります。

 

【個人向け国債】の変動10年は、発行する月の15日が休日になるので、発行日が翌営業日の場合、期間がぴったり半年にはなりません。

そのため、【個人向け国債】の変動は、購入時、半年に満たない分の日割り計算された利子相当額を事前に払い込む必要があります。

その上で、【個人向け国債】の変動は、初回の利払日においては、その分も含めた半年分の利子を受取れるようになっています。

発行時の【個人向け国債】の変動の利率は、発行月、銘柄によって違うので、募集要項で確かめる必要があります。

そして、【個人向け国債】の変動の利率に関しては、半年毎に変わるので、注意して見ておく必要があります。

変動金利の【個人向け国債】の場合、適用利率は基準金利×0.66と決まっていて、0.05%を下回る場合は0.05%と定められています。

10年変動の【個人向け国債】が人気なのは、極めてリスクが低いというところで、運用しやすいからです。

 

【個人向け国債】の変動は、初心者にとってトライしやすい商品であり、金利の動きでチェンジできます。

金利が満期まで続く3年固定と5年固定が【個人向け国債】にはありますが、金利面では変動10年の方が有利になります。

変動の【個人向け国債】を選択すれば、金利上昇時にはその波にうまく乗れるという大きなメリットがあります。

変動の【個人向け国債】は、1万円から購入することができ、リスクが低いので貯蓄の強い味方になるでしょう。

10年の変動の【個人向け国債】の場合、長期に預ける必要はなく、発行から1年経過すればいつでも解約できます。

1万円からの一部解約も可能な変動の【個人向け国債】は、金利が1%後半の商品もあり、とても人気が高くなっています。

【個人向け国債】のリスク

【個人向け国債】というと、安全性の高い金融商品の代表格とされていますが、リスクもあるので注意しなければなりません。

国が元本を保証してくれるので、【個人向け国債】の場合、リスクが少ないように思えますが、軽視してはダメです。

リスクを考えて【個人向け国債】に取り組んでいかないと、儲け損ねてしまうことになりかねません。

【個人向け国債】のリスクをよく考えて、儲け損なわないようにするには、資産運用のポイントがあります。

債券に投資する場、発行元の信用度を確かめる必要があり、これは【個人向け国債】でも同じことが言えます。

つまり、【個人向け国債】を利用する場合、日本政府の信用度についてはよく見極めなくてはならないわけです。

資産運用の基本情報として、信用リスクという言葉は、【個人向け国債】についても頭に入れておかなくてはなりません。

 

【個人向け国債】の商品には、変動10年があり、これは市場の金利動向にあわせて金利が見直されます。

一方、【個人向け国債】の固定は、満期まで金利が変わらないので、経済の情勢を見て、リスクを回避しなければなりません。

市場金利が急上昇しても、【個人向け国債】の固定金利タイプは、持ち続けることで低い金利しか受け取れないリスクがあります。

そうすると【個人向け国債】で儲け損ねてしまう可能性があるので、リスクを避ける方法をしらなければなりません。

そうした場合、固定の【個人向け国債】を解約し、金利が高くなっている商品をあらたに購入する必要があります。

あるいは変動10年の【個人向け国債】に切り替えることで、リスクを避けることができるので、よく覚えておきましょう。

【個人向け国債】でペナルティを取られても元本割れにはなりませんが、解約時にリスクを伴います。

 

【個人向け国債】は、今のところ変動がおすすめで、日本の金利は上昇する時は短期間で、下降する時は長期間かかるからです。

変動10年の【個人向け国債】は、市場金利の上昇に合わせて金利も上昇するので、リスクは少ないです。

下降に転じる前に【個人向け国債】を解約し、固定金利タイプに乗り換えるというのがリスクを回避する方法になります。

ただ、【個人向け国債】の変動10年の場合、直近2回分の金利をペナルティとして取られるリスクがあります。

金利が高くなった時に【個人向け国債】を解約すると、ペナルティの金額が大きくなるというリスクがあります。

そのため、すぐに資金が必要でない場合は、リスクを避けるため、【個人向け国債】を途中換金すべきではないでしょう。

【個人向け国債】の解約

【個人向け国債】で注意が必要なのは、解約についてで、発行から1年経てば国が買い取ってくれますが、ペナルティがあります。

直近2回分の利息相当額×0.79685という支払いがあり、【個人向け国債】の解約にはペナルティがあります。

変動金利型の【個人向け国債】の場合、その時々で利息の額が変わるから、直近となっているのです。

但し、利息から引かれた税金の金額は除くという意味なので、【個人向け国債】で解約しても元本割れはありません。

購入時のお金が戻ってくる際、【個人向け国債】は解約でペナルティ分を差し引いた金額が戻ってくることになります。

【個人向け国債】で復興支援国債と変動10年については、解約時点で金利が高くなっているとペナルティの金額は大きくなります。

中途で【個人向け国債】を解約する場合、定期預金とも大きな違いがあるので、注意が必要です。

 

【個人向け国債】を解約する場合、定期預金のように預入時にさかのぼって、中途解約利率という低い金利が適用されることはありません。

そのため、満期までに解約する可能性があるなら、定期預金より【個人向け国債】の方が扱いやすいです。

発行から10年変動の【個人向け国債】は1年で、5年固定金利の国債は2年経過すれば、解約ができます。

但し、【個人向け国債】の場合、2年経過した後でも、解約にはペナルティがあるので、受分注意しなければなりません。

5年固定金利型の【個人向け国債】は。直前4回分の利息を、10年変動金利型は、直前2回分の利息を解約で支払う必要があります。

5年固定型の【個人向け国債】は、2年経過後の解約時に計算式があり、それは額面金額+経過利子相当額−直前4回分の利子になります。

【個人向け国債】は、2年以上保有していたとても、途解約した場合は、元本割れする場合があるので要注意です。

 

【個人向け国債】を利用する場合、元本割れを避けるため、解約しないで、できれば償還日まで保有するのが賢明です。

解約の場合、10年変動金利型の【個人向け国債】については、発行から1年経過後に額面で換金することができます。

しかし、10年の【個人向け国債】は、直近2回分、5年は直近4回分の利息がもらえないので、デメリットは大きいです。

短期間での【個人向け国債】の場合、解約した時には元本割れすることもあるので、慎重に検討しなければなりません。

また、【個人向け国債】の利息には税金がかかるので、1年での解約の場合、換金時に戻ってくるお金が減ります。

安易に【個人向け国債】を解約すると、元本を下回ることもあるので、ペナルティには注意しなければなりません。

【個人向け国債】の評価

【個人向け国債】は、課税時期で中途換金した時は、支払いを受けることができる価額によって評価するようになっています。

具体的には、【個人向け国債】の評価は、算式によって計算した金額に基づいて評価することになります。

原則、【個人向け国債】というのは、個人だけが保有できる国債であり、発行から一定期間経過すると、中途換金できる特徴があります。

法令により担保されているのが【個人向け国債】であり、中途換金の額がいくらになるかが把握できるので評価できます。

常に中途換金が可能である【個人向け国債】は、非常に評価できる投資商品で、有益な金融商品と言えます。

但し、金融商品取引所で成立する取引価格が把握できる状態と【個人向け国債】は実質的には異なります。

中途換金の額によって評価するというのが【個人向け国債】の大きな特徴で、発行後1年未満に贈与で取得した場合でも、中途換金の額で評価できます。

 

【個人向け国債】は、日本国が発行する国債で、購入者は個人に限定されているので、上場されません。

利払いは【個人向け国債】の場合、年2回で、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われることになっています。

そして、【個人向け国債】の中途換金は発行後1年を経過すればできますが、その他の場合は、評価が難しいです。

但し、【個人向け国債】は、大規模な自然災害での被害、相続で被相続人が保有していた場合は、1年未満でも評価されます。

中途換金の際、【個人向け国債】の場合、違約金に相当する、中途換金調整額が控除されることになります。

それゆえ、【個人向け国債】は、保有期間によっては、元本割れを起こす可能性があり、注意が必要です。

一般的に、【個人向け国債】は高い評価を受けていて、変動 10年、固定金利 5年と3年の3つを用意しているからです。

 

【個人向け国債】は、それぞれの商品で金利と満期、発行周期が違うので、多様途であるところが評価されています。

金利も【個人向け国債】の場合、種類によって違うので、非常に幅が広く、楽しめる商品として評価されています。

また、金利は【個人向け国債】が発行されるたびに変わり、得た利息に対しては20.315% の税金がかかります。

年に2回【個人向け国債】の利息が支払われる都度、税金分が引かれた金額が口座に振り込まれることになります。

自動的に税金が引かれるので、【個人向け国債】は、確定申告する必要がなく、良い評価を得ています。

とにかく【個人向け国債】の場合、面倒な手続きは一切必要ないので、高い評価を得ているわけです。