月別アーカイブ: 2016年7月

外国為替チャートとは

外国為替のチャートというものをご存じでしょうか。

例えばアメリカと日本と言ったように、通貨制度が違っている二国間で代金をやりとりするような場合、現金を直接輸送せずに外国為替という決済方法を使って決済します。

外国為替の取引の際に参考にするのがチャートです。

外国為替取引は、インターネットが広がったことで一般の人の手にも届くようになりました。このため、取引をする人は増えてきています。

個人投資家の中にも、外国為替取引を通じて投資を行なう人が増えてきています。こうした為替取引を行なう際に、為替のチャートは必要不可欠なものです。

通貨制度が違っている二国間での取引を処理するために外国為替という方法が用いられますが、為替の決済は刻々と変化する為替レートに基づいて行なわれます。

為替レートがどう動いたかによって、有利にもなれば不利になることもあり得るのです。

刻々と変化する為替レートの動きを時間の経過で区切って、通貨の値動きをグラフに書き表したものが、外国為替チャートと呼ばれるものです。

さまざまな表現方法のある外国為替チャートですが、「ローソク足」と呼ばれるやり方で表現されたグラフが一般的になっています。

「ローソク足」の為替チャートは、通貨の値動きを一目で見て分かるように考案されたもので、使われている記号がローソクの形をしているためにこのように呼ばれています。

為替取引を有利な形で進め、資産を増やして行くには、外国為替のチャートを使いこなせるようになる必要があります。

外国為替チャートとローソク足

ローソク足は日本でよく使われている外国為替のチャートです。

このチャートには単位となる時間が決められています。

ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。

中でも一番高い値段を高値、そして最も低い値段を安値として、4つの値段を基礎に作られるものです。

外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。

ローソク足の外国為替チャートで白か赤で描かれる陽線からは、単位時間の値動きが上昇する傾向にあったことが分かります。

ローソク足による外国為替チャートで陰線と言った場合、黒か青で表現されるのが普通で、その時間の値動きが下落方向に向かっていることを示しています。

ローソクの形をしたチャートの胴体部分から伸びる細い線はヒゲと呼ばれます。

細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。ひげの長さやトレンドのどの時に出現したかによって、状況が変わってくるので大切です。

ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。

胴体部分が一本の線になり、十の字のように見える場合、これをコマ足と言います。

このように、外国為替ではチャートを利用して相場の状態を見極めます。

チャートが大事だと言うことがおわかりいただけるかと思います。

バイナリー初心者

外国為替チャートとローソク足の種類

いくつかの種類があるのが、外国為替チャートのローソク足の特徴です。

とても大事な参考データとして為替取引で利用されるローソク足にはどのようなものがあるのでしょう。

ローソク足というのは、外国為替チャートの中でも、多くの投資家や専門家が利用するものです。

実際に投資のテクニカル分析をする場合には真っ先に調べるものであるほど、どんな人でも利用するものです。

けっして為替取引をするにあたって損はないので、ローソク足を外国為替チャートにおいて見る方法を学んでおくと良いのではないでしょうか。

1本のローソクで、1日の値動きを示しているのが、日足と呼ばれるローソク足です。

為替の1週間の値動きを表したものがローソク足の週足で、1ヶ月のものが月足、1年分の値動きを表しているのが年足と呼ばれるものです。

どのローソク足の種類を使った外国為替チャートが良いのかは、取引の内容によって違うようです。

外国為替取引が長期や中期型ならば、日足や週足、または月足が適しています。

分刻みの値動きを表したものが他にもあり、1分足や5分足、15分足、30分足といったものがあるそうです。

短期トレードと言われるデイトレードやスウィングトレードなどにピッタリなのが、短いスパンのチャートです。

さまざまな種類の外国為替チャートのローソク足がありますが、為替取引をするためには、基本的な値動きをしっかりりと読み取れるようになることが重要です。

バイナリー初心者

テクニカル分析による為替の見通し

どのような見通しが、為替のテクニカル分析によってできるのでしょうか。

いつも為替レートは動いているものですが、どんなふうに将来の値動きを予想したら良いのでしょうか。

テクニカル分析というのは、いくつかある為替相場の見通しを立てる方法のうちの一つです。

テクニカル分析とは、経済指標や各国の金利などは見ないで、これまでの為替相場の値動きから今後の見通しを立てるというものです。

今までの為替の値動きを研究するテクニカル分析では、上昇や下降の兆しをその分析によって読み取ります。

どんなふうに為替が動いたか、バーチャート、ラインチャート、ローソク足などでグラフ化してから検討します。

これからの値動きの見通しを、為替のチャートを分析することで立てていきます。今まであまり為替取引をしたことがない人でも、値動きを統計学を元にしてグラフ化して読み取っていくので、簡単に相場の予想をすることが可能です。

いろいろとテクニカル分析の方法はあるようで、パターン分析、移動平均線、MACDなどをよく耳にします。

特定のグラフが別のグラフを下から抜いたら買い、上から抜いたら売りというように、誰でも簡単に為替の見通しを立てることができます。

単にテクニカル分析をするために数多くの方法を覚えて、組み合わせればいいというわけではないようです。

いろいろな分析の仕方や考え方を自分のものにするということも不可欠になってきます。

さらにテクニカル分析の方法には、短期の見通しをする時に合っている方法や、長期の見通しを立てることに役立つ分析方法などがあるようです。

為替の見通しの方法を、最初は自分にとって利用しやすいテクニカル分析での探すようにすると良いでしょう。

バイナリー初心者

ファンダメンタルズによる為替の見通し

ファンダメンタルズ分析というものが、為替の値動きの見通しを立てる一つの方法としてあげられます。

どのような意味がファンダメンタルズという言葉にはあるかというと、経済の基礎的条件という意味です。

通貨の価値は、それぞれの通貨に対する需要と供給によって決まるというものです。

それぞれの国の経済の動きを分析することで見通しが立つのは、需要がこの後高くなる通貨か低くなる通貨かということです。

為替の見通しを立てるにあたって景気がどうなるかは非常に重要です。

好景気の国にはビジネスチャンスが転がっているということでその国にたくさん海外の企業が入ってきて会社や工場を作るなどして取引をするといいます。

その国の通貨需要がその結果としてアップし、今後の見通しとしては為替の上昇が見込まれます。

インフレ率、GDP成長率、金利水準、国際収支、失業率などから、景気がどうなるかを考えることができます。

地政学的なリスクや政治の動向もふまえて検討することも、為替の見通しには不可欠です。

ファンダメンタルズ分析は長い目で見た時の値動きに主眼を置いているため、長期的な為替相場の見通しを立てる際に役立ちます。

通貨の価値は長期的に見れば国の経済状況に対応するものなので、一時的に為替レートがかなり変動してもそれに惑わされることはありません。

ファンダメンタルズ分析に不可欠なのが政治や経済の知識だといえるでしょう。

はじめのうちは、為替の見通しを立てるのは簡単ではありませんが、慣れてくれば日々の生活にもプラスになりますし、面白いと感じることができるのではないでしょうか。

バイナリー初心者